アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

一枚の写真

私はどうもピアノを弾く人に対する憧憬がとても強いようだ。

昔子供の頃まだ家にはおもちゃのピアノしかなかった時代に小学校の廊下にあるオルガンで友人が弾くブルグミュラーの小品やエリーゼのためになど聞き覚えで弾いていたので、もしも・・あのときに良い指導者にめぐり合えていたら・・という思いがある。

しかし私が師に出会えたのは中学の2年生になったときだった。

自分にとってそれは遅い出会いだった。

あの子供の頃の聞き覚える感覚が大分削げてしまっていたのを感じた。

それでもソナチネやソナタを丁寧に習って高校2年生まで続けた。

音大の学生だったその師は遠くへ嫁ぐことになったのだ。

その師を一昨年、30年ぶりに訪ねた。

美しい人はそのまま初老の婦人になって私を抱きしめてくれた。

大病もされて、生きて会えたことに感動してくれたのだ。

せめて続いていた賀状の交換のお陰だった。

新幹線で名古屋を訪れた。

しかし考えてみると彼女と私は10歳も離れていなかった。

だから互いはすぐにわかることができた。

名古屋の郊外で彼女は今もピアノを弾く生活をしている。

友人と小さな連弾のコンサートも開かれたとおっしゃっていた。

私にとって美しい姉のようなその師はそのままの姿で私の前に現れてくれた。

今回のバン クライバーンコンクールの辻井氏の快挙のこともまたお話したい、そう思って

この夏はできたら、また名古屋へ押しかけてみようか・・と思っている。

モーツァルトの連弾の練習をしておこうか・・と思った。

しばらく練習をやめてしまったので・・また最初から時間をかけて・・

そして私はウイーンの友人を訪ねたとき、やはりピアノを弾く彼女とある日本人経営のレストランで

梯(かけはし) 剛之(たけし)氏に偶然出会うという好機を得たことがあった。

母上とご一緒でとても気さくに会話させていただいた。

その時の写真を探しているが、まだみつからない・・・・・

今回辻井伸行さんはお母さんに連れられて幼い日に梯さんを訪ねられたという。

同じ全盲でピアニストの梯さんに光を求めて・・

昨日ニュースの特集で今も母上とウイーン滞在の31歳になられた梯氏が優しい面差しでその頃の思い出話をされた。

人々はこうして出会いを大切にして進んでいるのだ、ということを改めて感じた。

梯氏の演奏も二度コンサートに出かけて聞いている。

美しい音は独特な響きをもっている。彼のショパンの夜想曲は特に好きだ。

梯氏の公式ホームページにリンクさせていただいた。

c0155326_16521785.jpg
欧州の街角のレストランでこんな風に年をとりたいと思って撮った写真をみつけた。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
現代小説と、エッセー随筆にエントリーさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

以前の小説をお読みいただけるという声をいただいて・・入り口を設けました。
「アンのように生きる」の小説は・・こちらから
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/11762152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by elliottyy at 2009-06-16 17:16
素敵なお話ね^^
いつも人との出会いを大切にしているannちゃん。
これからもたくさんのお話聞かせてください。
今からホームページ伺ってみます♪
Commented by panipopo at 2009-06-16 18:35 x
annさんは昔から良い出会いがあったんですね。
ピアノの恩師との再会。
そして、この夏、また会えるかもしれないということ。
そのためにピアノを弾く目的や張り合いが出来たこと。
とっても素晴らしいと思います☆
人間、やはりつながりは大切にするべきものなんですね。

annさんにいろんな日本のピアニストのことも教えてもらって、ありがたいです^-^
Commented by ka-chan-anone at 2009-06-16 21:15
CHILです。
annさんと音楽とのつながり、
生涯大事にされていくと感じて、
あまりにも音感も音楽の芸術性もない自分を少し恥じてしまいます(^^;)
でも、そんな私でも心に響く音楽は大好きです。
annさんのピアノの音色、聴いてみたいです☆
Commented by ba-chama at 2009-06-17 09:52 x
小学生の時の友人が ピアノを習っていて 彼女が 練習するのを聞いたり 彼女のピアノのレッスンについていった日のことが なぜか 記憶に強く残っています

曲は エリーゼのために、、。

小さな子供の心に響いたようでした。

小学3年生の時の先生にはほんとうにお世話になり 今でも思うことです。
電話帳?(ネット)で探して見ましたが 見つかりません。

お元気だといいな~~
Commented by ann at 2009-06-17 23:32 x
いっちゃん。出会いというのはどんなときもとても良い刺激を与えられるように思います。一つ一つの出会いが自分にとって大切な出来事のように思うの・・貴方との出会いにも感謝!!
Commented by ann at 2009-06-17 23:34 x
ぱにぽぽちゃん、恩師は学校だけでなく、人生の中には色々な形で現れますね。貴方にもとても大事な恩師がたくさんいらっしゃると思います。ふとしたことでその方の事を思い出し、そして原点にかえれたりする、ピアノは私は苦手なのに・・・よく思い出すし、日本の素敵なピアニストに出会うたびに刺激を受けています。
Commented by ann at 2009-06-17 23:36 x
CHILちゃん、私は描くことはまたとても残念なおもいばかりで、絵が描ける事にも大変な憧れがあります。同じように生きていても興味や得意の方向がたくさん分かれるということにも感動があります。
そしてまたいろいろなことに挑戦ですね。音楽は私も決して得意ではないのです・・ただすきなの・・
Commented by ann at 2009-06-17 23:38 x
ba-chamaへ
同じ世代ですと、似たような思い出があるのですね。
そう私も友人のレッスンについて行ったりしました。
なかなか思うように習い事をできないで居た私でしたが・・・今だってまじめにやればいいのに・・サボる自分がいるとなさけないです。
恩師との思い出も大事にされているのですね
Commented by geko at 2009-06-19 22:51 x
annさんは色々な世界をお持ちですね。
私は、音楽に疎いのでannさんのピアノに関する記事を読み
とても勉強になりました。ソナチネやソナタがなんだか
ちっともわからない私ですから。^^;
ただ、ひとつだけannさんと共通項を見つけ、うれしくなったんですよ♪
なんと、私も梯さんのコンサートに二度行ったんです!
主人が目が悪いので、そんな方々との交流も多いんです。
なんとも、気の利いたコメントができませんが、
音楽はいいですね~。
目の悪い主人にとって、音楽は安らぎ・支えでしょうか。。。。?
Commented by akageno-ann at 2009-06-22 15:27
gekoさん、素敵なコメントありがとうございます。
そうですか、梯さんのコンサート・・あの方の音も大好きなんです。
そしてお人柄も・・
私も詳しい振りをしてしまいますが、大したことはないです。
でも音楽に癒されることは多いですね・・
それも共通項ですね!
by akageno-ann | 2009-06-16 16:53 | エッセ- | Trackback | Comments(10)