アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

日本片隅から世界を見据えた人々・・

c0155326_1128794.jpg
2010年年明けにふるさと高知に飛びました。
3日にNHKの大河ドラマ「龍馬伝」を見て、無性に高知に帰りたくなった私です!
4,5日と飛行機をとってありまして、俄然行く気になりました。

嬉しいことに羽田空港南ウイングにはこの垂れ幕・・
勝手に龍馬に誘われているような気分になってきました。

高知龍馬空港にJALで1時半に到着!
トヨタレンタカーで出発するのにいつもと違う海沿いの道を選択しました。
それほどの青い空でした。
30分ほどで桂浜に到着!

c0155326_11303061.jpg
c0155326_11304737.jpg

ちょうどこの3人展を坂本龍馬記念館で開催していて、来館の人々もいつもよりずっと多く、同じ気持ちの人々だな・・と感じました。(左から 龍馬 ジョン万次郎 勝海舟)

司馬遼太郎氏は坂本龍馬をこう評しています。

「あの時代に必要な若者を神はこの地に生を与え、存分にその力を発揮して、その天命を尽くしたところでまた天に返されたのだ(要約)」とその言葉の前でしばし佇みながら若くして命を奪われた坂本龍馬という人の短い人生の意味深さを痛感させられました。

記念館は太平洋に面しています。
c0155326_1145227.jpg

屋上からのその雄大な景色にしばしそこで時間を忘れて過ごしました。
c0155326_11455684.jpg

そのときブログで知り合った友人からメールが入り、その海の写真を添付して返信しました。

坂本龍馬・・・・彼は幕末の不便極まりない時代に世界に向けてアンテナを伸ばした人です。
彼がこのネットの盛んな時代に生まれていたらどんなにかまた大きな力を発揮したことでしょう。
いや、逆に今こうして私などもこうしてネットの世界にいられるのは彼の功績大なり・・とも思ったのでした。

ふとそんな風に考えて、今の時代に生きる私たちの成すべき役割はもっとあるように思えました。
日本の片隅から良いものを発信していきたい、と感じています。

「小夏庵」
こちらも是非お立ち寄りください。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/13417364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikopep0510 at 2010-01-06 12:12
ウフッ!一番乗りです。
桂浜の写真ありがとうございました!携帯に画像を保存しました。高知は何年も行ってませんが、義理姉が高知出身のお陰で高知産の果物などは堪能させていただいております。
昨日からインターネットが繋げない環境下なので、後でまたじっくり拝見させていただきます。アメブロは携帯からアクセスするのが大変なので、帰宅してから見てみますね。色々ありがとうございました!
Commented by beijaflorspbr at 2010-01-06 18:54
annさん、初コメントをさせて頂きます。
いっちゃんのピックアップブロガーの記事の時に一度伺い、精読させて頂きました。その後もうバタバタしていて…。
ロビンさんのご縁で私どものブログへのご挨拶を頂き、ありがとうございます。

龍馬伝の第一回を視聴させて頂き、これはもう彼が生まれた高知へ行くしかないな、と強く思っていたところでした。
龍馬がこよなく愛した桂浜の風景は本当に素敵ですね。
私も今月末に帰国しますので、夢を叶えたいと思っています。
大阪から日帰りでも行けますか?

今後ともannさんの小説を楽しみにしています。宜しくお願いいたします。
リンクを頂いて帰ります。
Commented by Lotus_Wing at 2010-01-06 20:06
annさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします^^
「竜馬伝」見ました^^歴史を変えた人のパワーってすごいですね!
次回が楽しみです。久しぶりに大河ドラマを見る気になりました。
高知のすばらしい海と空の写真、とてもきれい。
私も実際に見てみたいです^^
Commented by greensmoothie at 2010-01-07 03:40 x
わぁ~Annさん、あっちとこっちのブログで凄い!そうかぁ、坂本竜馬のドラマをやっているんですね。不思議なことに、私は違うところから彼の行き方をみて感動していました。うらやましいなぁ、旅行。よい!今年は私の新天地探しの始まりです。
Commented by nanako-729 at 2010-01-07 17:43
annさん、こんにちは!
うふふ、やっぱり高知も坂本竜馬の話題?
高知桂浜、今年はすごい人気でしょうね!
私もこの次、京都に言った時は、伏見「寺田屋」さんに
絶対行こうと思ってます(〃⌒∇⌒)ゞ
Commented by akageno-ann at 2010-01-07 19:51
reikoさん!一番乗りありがとう・・あの雄大な場所でメールをはるちゃんとほぼ同時にいただいたの・・この偶然を海に感謝したい気分でした。
高知をいつかご一緒に満喫できたら・・と夢をみましたよ・・
Commented by akageno-ann at 2010-01-07 19:54
ハチドリさんですね・・嬉しい初コメに感動しました。
高知を感じてくださって本当にありがとうございます。
高知へ日帰りは関西からなら大丈夫ですが・・
今回の旅をもう一つのブログでも紹介しますので
もしよかったら参考になさってくださいませ・・
貴重な時間が充実しますよう・・祈ります。
Commented by akageno-ann at 2010-01-07 19:56
Lotus_Wingさん、今年もどうぞよろしくお願いします。
龍馬伝・・なかなか面白そうで・・福山龍馬・・を楽しみたいと
思いました。高知へ今年も何度か帰りたいです。
Commented by akageno-ann at 2010-01-07 19:57
greensmoothieさん、こちらへもどうもありがとう!
高知をちょっと語らせていただきますね!
私も自分の休息の場所を求めて旅します。
Commented by akageno-ann at 2010-01-07 19:59
nanakoさん
桂浜いつもより・・この寒いのに・・駐車場満杯で・・さすが
福山龍馬効果だと思いました。
私も今回は自分がやっと龍馬を理解する年齢に達したような
気がしてます。京都もゆかりの場所がいろいろありますね!
Commented at 2010-01-08 04:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-08 20:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-10 20:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by panipopo at 2010-01-11 19:41 x
高知は素晴らしい歴史の人物を輩出している土地なんですね。
こんな美しい海を眺めていると、やはり人の気持ちも心も志が高くなるのかもしれませんよね。
違う道筋をたどるのもロマンがありますよね~!
きっとそういう気持ちにさせる何かがあるんでしょうね、高知には^-^
私もいつか行ってみたいです。
Commented by higeji-musume at 2010-01-16 14:22
「龍馬伝」見たいのですが、
なかなか時間が取れません。
高知の海から世界を見つめた龍馬。興味がとてもあります。

龍馬のような偉業を果たして欲しいというわけではなく、
世界も人も広く捉えられる人間になって欲しい。
これは私の我が子への思いです。

Commented at 2010-01-17 16:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-17 16:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akageno-ann | 2010-01-06 11:51 | エッセ- | Trackback | Comments(17)