アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

地震 日本の心

かけがえのない日本の片隅から
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
応援ポチをお願いします。

小説をかいていましたが、中断をして・・
今回の東北地方太平洋沖大地震について日本の情況をここに書いて行きたいと思います。

被災された方々には心からお見舞いの言葉とエールを送ります。

今日は東京練馬の実家の様子を見てきました。

80歳の両親が二人で暮らしています。その土地に移り住んで50年以上経っています。

ご近所も入れ替わりがありながらも近所付き合いのある土地で、有り難いことです。

テレビの報道が悲惨さを極めているので、人々の動きが変わってきました。

入間市の状況は車は朝からかなり出ていて、先ず ガソリンスタンドが長蛇の列をなしています。
車を置かせてもらうスーパーマーケットはレジに朝からかなりの人が並び、買い物の種類もインスタントラーメン、米 飲料水などを買っています。

冷静で買い占める、というようなことはないのですが、緊迫感は感じられます。

両親にはレトルトのお粥と柔らかい柿ピーナッツ 野菜ジュース ビタミンドリンク剤など少しずつ買って持っていきました。

電車はいつもの週末にしてはすいていて、自宅待機者の多いことを感じました。
恐らくは金曜日地震当日の帰宅困難な中の疲労を癒しているのでは・・と感じられました。

被災地の報道から感じるのは想定以上の大震災を受けた方々が哀しみの中にも大変冷静でいらっしゃることに、日本人の心を感じます。

やり場のない哀しみ言い様のない怒りもあるはずですが、インタビューへの対応はとても静かです。

これからの復興を考えるときに、今無事である私達もきっとしっかりと役立っていかなくてはならない、と感じます。

友人の弟さんは福島の原発の避難場所に勤務していらっしゃり、昼夜熱心に皆さんのお世話をしていると知り、友人もまた今できる自分の職責を果たします、と公務員としての仕事を真剣に取り組んでいらっしゃいました。

心打たれるメールをいただきました。

子供たちもたくさん被災しています。家も学校も流され倒壊し居場所が無くなった方たちも数多くいます。

阪神淡路大震災の時以上の日本人の助け合いが必要です。
心をしっかり持って過ごして行きたいと感じています。

  小夏庵も・・                             
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/16048689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-03-13 18:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-13 21:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-14 05:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-14 19:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-14 19:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akageno-ann | 2011-03-13 15:35 | エッセ- | Trackback | Comments(5)