アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

老育 母の形見

老育・・とは  年を重ねながら、再び学び成長する日々を自他ともに楽しく努力すること・・

など、考えながらここに書かせていただいてます。

昨日 長いこと箪笥にしまっていた 亡き義母の形見ともいえる和服と帯を出していました。
友人に教えていただいてちょっと何か作り変えようか・・と思っているのです。

久しぶりに見る義母の好みに私が近づいていたようです。

ちょうどガラステーブルを加工して帰ってきた主人が何かガラスの間に布を入れたいというではありませんか・・
c0155326_453982.jpg

そのあまりのタイムリーな 母の帯の登場に 主人絶句・・
これは恐らく母の後押しですね・・
35年前・・夫である義父の勤続30周年乃記念式典出席のために選んだものですが・・
主人はまだ学生で・・母を新宿までエスコートして一緒に選んだそうです。

もしかしたらそれが最後の母子の外出だったのかもしれません・・

かつて姉にも聞いたのですが・・主人にくださったので・・そのまま大事においてありました。
先日私の祖母の着物を故郷から持ち帰り・・これも何かにして使おうと思っていたので・・
虫干しの時期ではないかもしれませんが・・母のも一緒に風を通してました・・
c0155326_4583819.jpg

その柄のあまりに素晴らしいことに胸打たれました。
そのときの母の年を越えましたが、母に一度ご馳走してもらったワカサギのフライや
マカロニグラタンの味まで鮮明に思い出しました。

矢津田さんのお皿でいつか再現してみようと思います。
何しろ揚げ物の好きだった義父に一生懸命料理していた母が
もしかしたら息子の嫁になるかもしれない・・と思っていた私に

「おいしいといってたべてもらえることは滅多にないから・・今日はうれしい」
と言った言葉・・・

それが最後になりました。
そんなことを思い出しつつ飲んで・・つぶれました・・昨晩は・・

夢を見て・・今目が覚め・・早朝より頑張ります・・主婦として頑張っていた義母は
あっという間に人生を閉じたのでした。

小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/16862349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by snowdropcafe at 2011-09-17 07:36
大切なエピソードの宿っているランナーだったのですね。annさんの心尽しの食卓で嬉しそうに微笑んでいる感じさえ伝わってきました。忙しい日々の中でもこうして先人の心を大切にされているann
さん、やはり私の心の師匠様です。
今、自分があるのはご先祖様のおかげ、そんあ感謝の心を思い出しました。
Commented by ann at 2011-09-17 07:47 x
まあ・・朝からスノードロップさんの優しさいただきました・・今主人とそちらのブログを拝見していて・・これから修行に伺いたい・・と思ったところなんです・・
あなたや皆さんのおかげでなんとかこういうことができるようになったのですね・・感謝しています。
Commented by urushi-yoshiko at 2011-09-17 10:05
お義母さま喜んでいらっしゃるでしょうね。
道具は使ってこそ生きてくるもの、↑のようにまた違った用途としてよみがえらせるなんて素敵です。
帯の柄がお月見のセッティングにぴったり!
日本の良き文化に万歳!
Commented by island-hiro at 2011-09-17 17:35
annさん♪こんにちは。
素晴らしいコーディネイトにうっとりとしていました。
そしてお義母さまのお話にまた心がキュンとなりました。(最近、、、キュンとなる事が多いです!。)
きっとお義母さまも喜んでくださってると思います。
今回もきっと、、、ご一緒にお食事をされていたかも、、、、
大切な大切な宝物ですね。

素敵な3連休をお過ごしください・・・^^
Commented by marimari at 2011-09-18 01:13 x
お義母さまとの思い出と一緒に帯も大切になさっている
annさん、お優しいお気持ちにジーンと致しました。

私がお嫁入りする直前に、主人の祖父が他界したのですが
結婚前で 短いお付き合いだった中
私のファンだとおっしゃり、とても可愛がってくださったので、
結婚後、祖父がもっと長生きしてくれていたら
少し状況も違ったかもっなんて
辛い時は 何度も思う出すことが多かったです。^^

きっと義祖父も、annさんのお義母様もお見守りくださっていますね。
Commented by flyrobin at 2011-09-18 07:38
楽しい週末をお過ごしですか~(^-^)。
とてもステキな演出ですね♪
オークランドでの滞在先で、帯をうまくインテリアに
取り入れていたのを思い出しました。
ましてやこちらはお義母さまのもの。。
日々の生活を見守っていただいてるかのようです。
お義母さまもきっと喜んでいらっしゃいますね♪
Commented at 2011-09-19 02:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akageno-ann at 2011-09-19 10:53
yoshikoさんとの出会いもまた・・しまいこんだ物を復活させようとする意欲につながりました。
見ていただきそして万歳の言葉にまた励まされました。どうもありがとう!
Commented by akageno-ann at 2011-09-19 10:55
hiroさん、かつて知り合いの方がグランドピアノに帯をかけていらして・・とてもよかったの・・
そのことをふっと思い出し・・ガラスにはさめば・・と
食卓に・・ほめてもらってうれしい・・
Commented by akageno-ann at 2011-09-19 10:56
mariamriちゃん・・本当に・気の合うはずだった味方は早逝されて・・と言う感じ・・ありますね・・
母もすごく私をかわいがってくれそうでした。
残念だったけど・・こうしてまた応援してもらっているようよ・・
Commented by akageno-ann at 2011-09-19 10:57
ロビンさん・・そうですかあ・・
やはり外国ではこうした設え喜ばれますね・・
私もインドの日本大使館で大使夫人がなさっていたのを
思い出したんです。
母も喜んでくれると思います・・
by akageno-ann | 2011-09-17 05:04 | エッセ- | Trackback | Comments(11)