アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

老育 身辺整理 写真の部

ドイツ ロマンティック街道沿いの町 ビュルツブルクのレジデンツです。
c0155326_7561871.jpg

20年前は館内の撮影はOKでしたが、今は禁止になったと・・
この方の旅行記より知りました。 →→☆


友人の旅行のお蔭で20年前の懐かしい旅を思い出しています。
心が豊かになってます・・感謝!

片づけをしていて「はっ」とするのはアルバムに貼られなかった写真です。
8年ほど前に祖母が亡くなった後の古い家の掃除をしたときにたくさんのアルバムと
そのまま箱に入ったままの写真を見て、アルバムに貼ってないものは残された者にとってはゴミになってしまう・・と感じたところだったのに・・そのままの写真があります。

20年の歳月は自分の若かった頃を思い出せて、素直にうれしいです。
インドに赴任中 夏休みを利用して暑くない欧州を旅しました。
ニューデリーからドイツは夜中発で9時間弱のフライトで早朝7時のフランクフルト入りができて大変便利でした。

インドとドイツ・・似たような名前ですが・・まったく文化を異にしていました。
c0155326_818234.jpg

5月の新緑の中で行われていた中世時代祭・・本格的でした。
傍らでビアガーデンが開かれていて、楽しいのです。
あのドイツの旅の影響は、インテリアでした。
ヨーロッパ家具の重厚さに圧倒されました。
古い良いものを大事にするという傾向は本当に素晴らしい。

c0155326_8273084.jpg

旅はロマンティック街道という名にふさわしくない高速道路さながらのスピードでドイツの車が走り抜ける道なのですが、ところどころに教会を中心とした集落があって・・広大な平野を望めます。
c0155326_830558.jpg

そして旅の土産物は20年たっても変わることなく・・ここにあり、愛おしく思います。

この器はローテンブルクの骨董屋さんのちょっと気難しいおじいさんに譲っていただきました。
最後はにこやかに別れましたが・・・

そして手荷物でインドに持ち帰り・・その後航空便で日本にたどり着きました。

tutoさんのブログはこちらです。→☆
tutoさん、便乗して記事にリンクさせていただきました。
素晴らしいご旅行の記事を楽しみにしています。小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/16930384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりこ at 2011-10-04 14:29 x
ご無沙汰しました といっても記事は拝見してましたご一緒したわけではないけれど 同じ場所にいたことがあるので懐かしくなりました 互いにに年はとっても思い出はそのままですね
Commented by daikanyamamaria at 2011-10-04 21:16
アン様 ご無沙汰しております☆彡

秋も深まり。。。こちらで温かなひとときを過ごさせていただきました^^

懐かしい思い出は 人生の宝物ですね。.♡*† *・。・。+ 

Commented by akageno-ann at 2011-10-04 22:32
まりこさん、お久しぶりです。
ご一緒したたびもありましたね・・・
懐かしいです・・
Commented by akageno-ann at 2011-10-04 22:33
mariaさん・・・コメントありがとうございます。
少し年をとりまして・・懐かしむ場面が増えました・・
Commented by sorade-su at 2011-10-05 01:11
annさん、あちこち旅をされているんですね。
私もドイツには絶対に行ってみたいと思っています。

写真てやっぱりいいですね。
デジカメにしてからと言うもの、プリントしなくなってしまいましたから。
旅のお話、またゆっくり聞かせてくださいね。

マカロン、アップさせていただきました。
感動のお味でした。幸せな気分にさせていただきましたよ。
本当にありがとうございました。
Commented by ann at 2011-10-05 08:10 x
そらちゃん・・こちらこそ いつも御地の銘菓をありがとうございます。ぱにちゃんの素晴らしいマカロンが素敵に写されていてうれしいです。写真もこうしてまた楽しめるのを知りました。
Commented by CHIL at 2011-10-05 22:55 x
飛行機は苦手ですが、
ヨーロッパや諸外国の風景や町並みを見ると
とても行きたくなります。
外国の統一された雰囲気は、とても魅力的ですね。
日本の近代建築どんどん無くなっていくのは、
残念だなと思います。

写真を再び見て、その時間が戻ってくる感覚、
いいですよね!私も大好きです。

またannさんの思い出の写真を拝見しに来ます(^^)☆
Commented by ann at 2011-10-07 07:30 x
CHILちゃん・・あなたが外国へ行って絵を描かれたらすごいだろうな・・って思います。インドもそういう点でおもしろいところ・・絵が描けるってすばらしい・・
Commented at 2011-10-07 10:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tuto at 2011-10-08 02:01 x
リンク貼っていただいて、ありがとうございます^^
一枚目の写真は
ずばり「階段の間」ですね!豪華絢爛な天井画が
今でも脳裏に焼きついています。
でも、annさんが行かれたときは
写真OKだったんですね。うらやましい~
今度コピーさせてください~(笑)
思い出の写真って、
時間をそのときに巻き戻してくれる
貴重な記録ですね。
Commented at 2011-10-08 02:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akageno-ann at 2011-10-08 06:09
tutoさん・・お帰りなさい。。
素晴らしいお土産話・・楽しませていただきますね。
そうなんですよ・・レジデンツ・・本当に
撮影をあなたにしていただきたかった・・
目が点になるほど・・天井を見上げました・・
懐かしい思いと・・新しい知識を本当にありがとうございます。
by akageno-ann | 2011-10-04 08:19 | エッセ- | Trackback | Comments(12)