アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

老育 アンのように生きる・・

「アンのように生きる・・インドにて」を丸一年掲載しました。

あれから5年・・それなりに私も年をとりましたが、アンシリーズもアンは54歳まで描かれていたと思います。
今週はNHKBSプレミアムで「赤毛のアン」シリーズの映画の放映があり・・懐かしく楽しんでいます。原文に忠実に作成されていますが・・ニュアンスがちょっと異なると・・私としてはちょっと残念・・でもアンとマシュー マリラの一家はとても素敵に描かれています。
c0155326_20314836.jpg

マシューカスバートは享年65歳だったと思います。
アンに看取られて幸せな人生を閉じます。
ただその最後は 取引銀行の倒産の新聞記事にショックで心臓麻痺を起すのです。
今から50年ほど前に読んだときは・・ヨーロッパの国が財政困難になるような今の時勢やを日本の国難を少しも想像していませんでした。

この時代を、私は再びアンの時代のような気持ちで過ごして生きたい、と考えています。

聖路加病院の日野原重明先生は今年100歳を迎えられます。
そして医師として現役・・タレント性も発揮されての素晴らしいご活躍に感銘を受けます。

日野原先生はあのよど号ハイジャック事件の時に機中の人質の一人でした。
後年「私はあのときから生き方を変えました」というお話を伺ったことがあります。

「それまでは仕事の忙しさを誇りのように感じ、高慢な気持ちもありました。
しかしあのような事件の中に巻き込まれ、生きて戻れた時に、これからは謙虚に他人のために生きよう・・と決心したのです。」

その時から半世紀近くを本当に人々の健康の為に研究され、また伝達をしていらっしゃると感じます。

今は高齢の方たちへ元気に過ごす日々についてたくさんのメッセージを与えてくださいます。

私の家族も年を重ねています。思いも様々で病気がちな者もおります。
マイナスに引っ張らずに、生きている喜びを感じながら過ごせたら・・と思っています。


c0155326_20512032.jpg


別ブログへも是非・・小夏庵
コメントは承認制006.gifにさせていただいてます。
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/16965044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nanako-729 at 2011-10-12 22:15
annさん、こんばんは!
ハロウィンのリースannさんが作られたのですね!
ランタンが瓢箪から出来てるなんて素敵なアイデア!
顔を彫るの難しくなかったですか?
ご実家の近くの工房、楽しそうですね~~!
Commented by akageno-ann at 2011-10-13 22:36
nanakoさん・・・らんたんのための瓢箪をこの家の母上が
丁寧に作られ用意されることにとても感心してます。
by akageno-ann | 2011-10-12 20:52 | エッセ- | Trackback | Comments(2)