アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

老育 米寿・・

義父が米寿の祝いを書道の生徒さんにしていただきました。

c0155326_10144798.jpg

米寿・・私が嫁いだ時が父が55歳でしたから 丸32年がたったということです。

今の私より若かった父でしたが、舅としての風格と威厳がありました。
書道をする人なので、全てにきっちりとした考えをもっているように思えて
私には怖い存在でした。その二年前に妻を亡くしていたせいか、台所の使い方まで
ご指導いただきました。008.gif

お酒を一滴も飲まない人ですので、ここまで崩れるということがなかった・・
冗談もほぼなし・・

でもがさつな私もそれなりに人間は慣れていくものですね。
「私は心臓が悪いのでいつ死ぬかわからない・・」が口癖でしたが、
ここまで五回の大きな手術をしたにもかかわらず今のこの健康は、書道の支えだと感じました。

もちろん私も精いっぱいお世話させてもらってます・・
c0155326_10152454.jpg

最近は一緒に食事もせず、お膳を出したら義父はゆっくりと好きなスポーツを見ながら
食べています。
最初はどうかな?と思ったのですが・・
病気以来食事の回数も増えたし量は少ないしで・・そして私もゆっくり飲みながら食べたい・・ので
無理しないことにしました。

おじいちゃん、おばあちゃんを囲んでにぎやかな食事風景のご家庭を見ると・・まだちょこっと心は疼きますが・・
自然体に・・

私も老いてくるので・・気を遣いながらの食事はちょっとつらいので・・

義父は野球好きでアンチ巨人・・私は実父譲りの巨人ファンでしたが・・ここへきてから
野球を見なくなりました・・

たまに・・孫やひ孫が来たときは賑やかに・・そして書道の生徒さんとのお茶の時間を
大切に・・

そんな感じの我が家です。書道は週三日あるのです。
このまま元気で続けてほしいと切望します。
二年前心臓バイパス手術 胃がん摘出手術を通り抜けての今・・米寿は本当に奇跡です!
c0155326_10183957.jpg

生徒さんの作品です。

しかし先般 日野原重明先生の100歳のお祝いの記念行事に伺って、老人扱いせずに共存していくことを改めて学びました。

私からのプレゼントは日野原氏著「百歳は次のスタートライン」の本です。
先生の直筆サイン入り・・047.gif
「晴れたらいいね♪」のsoraさんのブログに詳しく・・是非お立ち寄りを・・→☆
↓の記事は元気なおばちゃんに会えます!
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/17107300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by urushi-yoshiko at 2011-11-18 12:11
米寿になられても現役でいらっしゃるお父様はすごいですね。
生徒さんがいらっしゃるというだけでも、気持ちがぴりっとなって生きる力になっていらっしゃるのでしょうね。
生涯現役ですね。
私もそんな老後を送りたいと願っています。
Commented at 2011-11-18 22:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sorade-su at 2011-11-18 23:45
お義父さま、米寿おめでとうございます。
大病を乗り越えての今のご活躍、素晴らしいですね。
もちろんご自身の頑張りもあるでしょうが、
annさんの献身的なお世話があったからだと思います。

そんなお義父さまに、日野原先生の本は、素晴らしいプレゼントになりましたね。
またまたリンク、ありがとうございます。
Commented by akageno-ann at 2011-11-19 00:07
yoshikoさん・・どうもありがとう・・コメントしにくい内容なのに・・
ほんと生涯現役・・それは自分も見習いたいところです・・
Commented by akageno-ann at 2011-11-19 00:07
鍵ちゃんありがとう・・優しい言葉に癒されてます・・
貴方も頑張っていらっしゃる!
Commented by akageno-ann at 2011-11-19 00:08
soraちゃん・・本当に素晴らしい記事にリンクさせていただき
ありがとう・・義父も本をよく読んでくれてます。
Commented by m_nonohana at 2011-11-19 09:59
嫁ぐということは、それまでの暮らしと全く違う世界に入るということでもあり、それはどういうことなのかって、結婚前には分かっていなかった私です。

慣れるまでに時間が掛かる^^きっとannさんもかな?
堅物なお舅さん(こんなん言うたらダメ?)に慣れるまでは相当ご苦労もあったことでしょう。
しかしご縁というものは不思議なもので、実の親とより長く暮らしているのですものねぇ。
ちょっとお節介かもだけど、annさんが別々に食事を取るスタイル、全然いいと思いますよ?
私の周りの人で一緒に食べることで疲れるケース、沢山見てきました。パっと見は仲良くしてる風に見えるけど、実際はそうでないこと多いよ!
我が家の場合も食事の支度は私だけど、じいちゃんたちと一緒には食べない。
相手を嫌ってるわけじゃないけど、食べるときぐらい気を休めたいもん。
ねん♪


Commented by kinnnikumans at 2011-11-19 15:12
今のannさん、、、やっぱり素敵です。
沢山の事を、乗り越えられて、、、今があるのですよね。
お義父様、大きな病気を乗り越えて米寿のお祝いを
時に、突然命をなくしてしまう、、悲しい事もあるけれど、でも
人は簡単には死なないんだぞ!という事も感じます。
生徒さん達からの贈り物、、、温かいです。
annさんの字がとても綺麗だった理由も、納得です。
なんだか私はお習字を習いたくなってきました^^; 
このままじゃいかん・・・。
Commented by ann at 2011-11-19 16:21 x
ののはなさ~~ん・・ありがとう・・あなたにいってもらってほっとするのよ・・27年一緒に食べてきたけど・・最近私と二人だけで・・食べてる時よりしゃべるようになったの・・私はお盆片手に最初はつきあってるし・・
この方式やっとなれたので・・^^
Commented by ann at 2011-11-19 16:22 x
ジャックちゃん・・温かいコメントたくさんありがとう・・まずここからお返事を・・そうなの・・お父さんの字は素晴らしくて・・私も結果門前の小僧を少しさせてもらったかも・・そういう点が尊敬できたから・・なんとかここまでやれたかもね・・ありがとう!
by akageno-ann | 2011-11-18 10:23 | エッセ- | Trackback | Comments(10)