アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

老育  昔取った杵柄

地域の仕事にかかわるようになってから、様々に活躍される大先輩に出会うチャンスを得た。
私も間もなく還暦だが、古希を過ぎられた方たちと仕事をしていくと、その方たちの経験豊富さに驚かされる。
c0155326_23571710.jpg


そしてみなさんパソコンの名手でいらっしゃるのがすごい!
私が8年前に、夫の仕事の手伝いで止むを得ずパソコンを個人指導受けるチャンスがあった。

プロのデザイナーからだったが自分より二つ先輩なその方は 私から見ればスティーブ ジョブズ氏のような偉大さを感じた。

ジョブズ氏は同世代。同じ学生のころにアップル社の原型を立ち上げた彼をただただ崇拝するが、せめても今こうしてパソコンを弄れる自分に安どする。

c0155326_012516.jpg

昨年からこの「ほまれ」の言葉にも強く反応してしまうが、偉大な人は多いのだな・・と思う。
常に努力、精進、継続、そして前に進むこと・・

今日も地域の尊敬する先輩に 名簿つくりのためのエクセルの使い方を習った。
「大変でも頑張って身につければ先に進めるよ・・何でもいい方にとってやっていこう・・」
と、励まされ、
「そうだ・・あのMacG4でクオークを七転八倒して学び、一冊の卒業文集を作ったあの時の経験が生かされる・・」と感じた。

先日も卒業論文でこの時期に苦労して書き上げた能のことを思い出させてもらった野村萬蔵氏野狂言の会・・30年以上たっても言葉の一つ一つが浮かんでくるから・・

人間の脳は休ませてはいけないのだな・・と 痛感している。

こうして今ブログで仲間に入れてもらっていることもそういうことの繋がりからきているのだ・・

私の名前の漢字でで占うと、今年は「変化の年」だそうだ
どう変化させるかは、自分の努力次第・・ということで・・
明治神宮のおみくじでは「良きにつけ悪しきにつけ、人の言の葉を大切に努力するがよい」と
あった。
必要に迫られて、前に進む・・をモットーに・・変化を楽しんでいきたい!
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/17334321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahos-table at 2012-01-20 04:46
変化の年、いいですね!!
そしてこうして学び続ける姿勢、素晴らしいです!!
私も常に、何かを学んでいたいと、
この記事を読んで思いました^^
Commented by urushi-yoshiko at 2012-01-20 21:44
私はどちらか言うとの次元ではなく、かなりアナログ人間。
会社の帳面も、今はほとんどPCのところが多い中
手書きで書き続けています。
ところがブログを始めてからというもの
写真を取り込んだり、貼り付けたり
やれば出来るものなんだとつくずく思いました。
みなさんに刺激をいただきながら...
annさんの前向きの姿勢とっても素敵です。
それが若さの秘訣なのかもですね(^_^)
Commented by kinnnikumans at 2012-01-20 22:59
annさんこんばんは。
annさんは常に前に進もうと、学ぼうと努力をされていて
今のannさん、、今までのannさんを見ていても
すごい方だなぁといつも感動していたのに、、
そんな方でも、そんな方だからこそ、、
常に自分を振り返って、もっと向上しようと思うのですね。
本当に素晴らしいです。
私もそんな風に生きていけるように
今は土台作りをしっかりしとかないといけませんね。
えびほまれ 、、、美味しそうです(^^)
Commented by ann at 2012-01-21 23:46 x
mahoさんからもずっと学ばせていただいてます。
私がお料理を白金まで習いに行くなんてね・・
すごく前向きになった・・と 嬉しいんです・・
Commented by ann at 2012-01-21 23:47 x
yoshikoさん・・あなたのパソコンの腕前・・すごいです!
いつかプレゼンの様子記事で拝見しましたよ・・
憧れます!
Commented by ann at 2012-01-21 23:47 x
ジャックさん・・ちょっとサボった時期がかなりあったので・・
これから頑張りなおします・・よろしくね!
by akageno-ann | 2012-01-20 00:18 | エッセ- | Trackback | Comments(6)