アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

老育  この一年

主亡き家の枝垂れ梅・・我が家からの借景です・・
c0155326_0125959.jpg

この一年ご近所のことで少しだけ頑張ってきました。
その最後に仲間と会食をしたりしますが、先日 お一人の役員さんから
「班長を引き受けたのちに 3月11日の震災で石巻の実家が被災し、家は残ったものの
泥まみれになってしまい、度々に帰っては後始末に追われた日々・・よくここまで来たなと思います。」と伺いました。
そういえば同じ班長さんの中には 自衛隊員もいらして、4月の会合の時には被災地現地で捜索活動をされていました。

思いもよらぬ日本の事態の中で皆、心を揺るがしながら過ごしてきたこの一年。

先日この方の記事を拝見して、深く感動し 石巻で被災された方にもお伝えしたら、大変喜んで元気になるわ・・とおっしゃってました。

それは輪島塗の蔦屋の女将よし子さんの記事です。
輪島も五年前に大きな地震に見舞われています。塗師屋さんの大切なお蔵が壊滅状態になったのです。記事へ→☆
そのときのボランティアの方たちとの絆のお話は今回の石巻の方のお話に合致しました。
ボランティアの方に励まされ、共に働き 復興への道を辿られたのです。

輪島のよし子さんは今年そのボランティアの方たちと同窓会をなさる予定のようです。
そのことを石巻の方に伝えたら、「そうなの~~5年後を目標にするわあ」と
とても明るい声が戻って来ました。
c0155326_019153.jpg
悲しみはそれぞれの努力によって、必ず明るい光のもとにたどり着くのだ、と感じました。
前向きに進むというのはそういうことなのだ・・と・・

私も従妹が突然身障者になって7年・・今明るく二人で過ごせていますし、地域のことにも目が行くようになりました。
これからもまたいろいろなことはあるでしょうけれど、乗り越えられる気持ちをしっかりっ持って進みたいです。

トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/17749092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-03-31 00:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by urushi-yoshiko at 2012-03-31 10:09
しだれ梅きれいですね。
梅も桜もしだれだ大好きです(^_^)
わたし達の経験が少しでも東北のみなさんのお役にたててうれしいです。
被害の大小はそれぞれかもしれませんが、大切なものを失うことに大小はないと思います。
みんな傷つき、絶望し・・・
でも人間って必ず立ち直る強さをみんなもっていると思っています。
明るい未来を信じて頑張っていただきたいです。
Commented by m_nonohana at 2012-03-31 12:22
立派な枝垂れ梅・・・・見事に咲きましたね。綺麗だなぁ。

こんにちは。annさん。
ひとつひとつのお花を見るとちっちゃくて可愛らしい感じだけど、
全体で見ると豪華で力強く咲き誇っているように見えます。
私たちも、ひとりひとりは小さな力かも知れないけれど、
手に手を取って輪になっていくと、大きな大きな力になっていくものなのかも知れません。
心の傷はその人の身になってみないと分からないことだけど、
そっと手を添えることは出来る。
悲しみや苦しみが全く消えることはないだろうけど、小さくても力一杯前に進むことで、少しづつ少しづつ傷が癒されていくようにも思います。

Commented at 2012-03-31 20:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CHIL at 2012-03-31 22:14 x
わ~なんて見事な梅なんでしょう☆
こんな景色が毎日見られるなんて素敵ですね。

日本人にとっての梅や桜。
綺麗で美しくて儚い。花の儚さの美しさをしる日本人。
これから春になり、
被災地にも素敵な花が咲くことを願います。
Commented by chanmie526 at 2012-04-01 10:36
しだれ梅 綺麗ですね@@
今年も 決まってちゃんと「桜」の便りが届く日本の
四季は こんなにも美しいのに・・
「自然」の力は時に残酷すぎますものね;;

今朝の新聞で東海南沖地震の鳥羽の津波が24メートル。
すべてが 他人事じゃないですね(~_~;)

被災地の皆さんにも 日本の平和な「春」の到来を願いたいものです!
Commented by tuto at 2012-04-01 11:41 x
よしこさん宅は5年前にそんなひどい被害に
あわれたんですね。驚きました。
私も去年の11月に福島を訪れて
被災された方のお手伝いをさせていただきましたが、
原発の警戒区域の中は
あの震災の日から時間が止まったままでした。
復興への道はまだまだ険しいですが、
私も微力ながら、これからもお手伝いを続けていきたいです。

Commented by fran at 2012-04-04 06:54 x
見事な枝垂れ梅ですね~ステキ♪

さくらも素晴らしいけれど梅の花は上品ですね。
Commented by akageno-ann at 2012-04-05 00:32
yoshikoさんの貴重なご経験を友人に話すことで、友人が笑顔になったので、ブログを通して知る大切なことをブログ以外の方にもお知らせできたことに感謝しました。
ありがとうございました。
Commented by akageno-ann at 2012-04-05 00:33
野の花さん、こんなにも日本の人々が大きな傷を負ってしまって・・言葉もないのだけど・・皆さんがそれでも前向きに歩こうとする姿に本当に感動します。そしてみなさんあまり大げさに話されないことにも学ぶことが多いです。
Commented by akageno-ann at 2012-04-05 00:34
CHILちゃん・・・ここは少し遅い春を感じています。
何もかもがいっぺんに春として咲いているようで・・
こういう春もあとで懐かしく思うのかもしれないですね・・
Commented by akageno-ann at 2012-04-05 00:36
ミンミンさん・・高知は34メートルでした・・空港は二階建てで、それが一番高いという平地が広がっています。
高知に飛行機で降りるときも最近は何とも言えない感慨を持ちます・・毎年の春の訪れを今年はまた特別に感じています。
Commented by akageno-ann at 2012-04-05 00:40
tutoさんは被災地にお仕事の応援に行かれ、まことにご苦労様でした。原発の問題は今さらに考えさせられることばかりで・・ここまで呑気にすごした日々をありがたく思いました。
Commented by akageno-ann at 2012-04-05 00:40
franさん・・梅の上品さ・・は確かにありますね
枝垂れもよく手芸になるのがわかる気がします。
by akageno-ann | 2012-03-31 00:13 | エッセ- | Trackback | Comments(14)