アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

老育  冬至は・・

世界の様々な暦のことを調べていたら、欧州のクリスマスは冬至に由来するということを知りました。12月25日がキリストの誕生日といわれていますが、ローマの旧暦からすると冬至の日に当たったそうです。あまり深く語ることはできませんが、夏至祭があるように 冬至祭もあります。

「冬至の早朝、伊勢神宮内宮の五十鈴川に架かる宇治橋と鳥居を結ぶ直線上に、天気が良ければ太陽が現れる。」そうです。(出典・・伊勢志摩経済新聞)
c0155326_1462327.jpg

そんな神秘的な日に従妹が体調を崩しました。夜半の施設からの電話はあの8年前の彼女の急変を思い出します。これまでも数回はありましたが、今回は点滴のチューブにつながれ呼吸のみの目を覚まさない彼女を不安な心で見つめましたが、看護師さんの「大丈夫落ち着いていますし、今は薬が効いて眠られています。」の言葉が心強かった。

そんな状況を義父は理解していると思っていたら、そうでなかったことに気付いた。
どんな時でも自分の痛みが一番理解してほしいという我儘さに呆れたが、年をとる・・と
いうことはこういうことなのかもしれない。

週のはじめに大学病院の検診に義父を連れて行ったときに、メガネを落としてきた・・と帰宅後に言われて、即病院に電話すると 診療室にあった・・

近々取りに行きます、と保管をお願いしたが、義父はすぐにほしいのはわかっていた。
しかし往復で1時間半はかかるので、保留していた矢先の従妹の入院・・
我慢できなかったのだろう・・なかなか難しい年頃だ。
c0155326_14294264.jpg

そんな中でも義父の書道のお稽古はあるので、友人の焼いてくださった可愛いクリスマスのお菓子でもてなした。そんな風に季節の行事を利用すると、心はすこしほぐれる・・
c0155326_143165.jpg

ささやかだけど、暖かい雰囲気を・・
そうこうしているうちに従妹の病状も落ち着いてきた。
ただ、彼女に教えられるのは、私の方こそあまりバタバタ動きすぎるな・という優しい警告・・
彼女はこの頃いつも自分に災いを引き取ろうとする気持ちがあることに驚かされる。
それも笑って・・

年末年始が来る・・
静かに進んでいこうと思う。

コメントをいただいてお返事ができないので、しばらくコメント欄を閉じます。

小夏庵では ダッキーからの贈り物を特集します →☆☆☆
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/19033938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akageno-ann | 2012-12-22 14:37 | エッセ- | Trackback