アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

曲がり角の先に・・

今年の8月は私の歩みに大きな曲がり角がありました。
昨年10月から近所のコンビニで早朝のアルバイトを始めましたが、どうかな?と自分を心配しながら・・オーナー・店長・スタッフの皆さんに支えられて一年を過ごしました。
お客様もずいぶんと知り合いが増えて、楽しさとやりがいを感じられるようになっています。

この勤めは実は義父の介護度が支援1から上がらないので、少し勤めに出た方が・・と、友人からのアドバイスをいただいたからでした。

しかも家から2分のこの店は食欲が進まない父と食欲旺盛の私たちを楽に・・そして美味しく楽しく満たしてくれました。
忙しくなってしまった分・・外出は少なくなりましたが、それは父との時間を大事にするためには必要なことでした。

それほどに父のお世話は多くなっていったのです。

でも今思うと・・私は父のことを理由にして、自分の好きなように過ごしてきたのだ・・と思います。
その時の生活に沿って生きる方法もまた、私はアンに学びました。

マシューが亡くなったあと、アンの育ての母のようなマリラが年老いているのを見て、奨学生として大学進学の決まっていたアンがそれを辞退して、教職に就き、アボンリーの小学校に残り、自宅から通学するという決定です。

マリラはそのアンの優しさによって、生きる気力を取り戻すのです。
その自然な成り行きをアンはすこしも後悔しない様に・・自ら進んでいるようでした。

似ている・・などというのはおこがましいのですが・・真似してきた・・と言うのなら許していただけるでしょう・・

この8月に義父を見送ることになりましたが、その見送る作業はまだまだ続いています。
先日納骨が済みました。
39年ぶりに亡き母のいる墓所に父は収まりました。

ふとこれまでの39年分をきっと静かに埋めていくのだろう・・と感じました。

友人たちもいろいろな場面に誘ってくださったり、訪ねてくださったり・・
そんな50日を過ごしました。

ただ・・・残念なことに・・昨日は自治会の先輩を見送ることになってしまいました。
まだ60代の若さでした。

その方の死を悼み・・今日は閉じますが・・少しずつアップさせていただきます。
トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/22772559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by m_nonohana at 2014-10-11 22:27
お義父さん、お亡くなりになったのですね。

annさん。
これからは、小夏ちゃんと3人。
いっぱい自分時間を過ごしてね。
Commented at 2014-10-16 15:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 村上 好 at 2014-10-18 21:45 x
「老育」という言葉が目に留まりました。

どういう意味なんだろう??

私の母は今年90歳で、サービス付高齢者住宅に住んでいます。毎週火曜日に母を訪問し、半日一緒に過ごしています。

このブログを少しずつ読ませてもらおうと思います。

村上 好
Commented at 2014-10-20 01:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akageno-ann | 2014-10-11 02:14 | エッセ- | Trackback | Comments(4)