アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

三世代が集うと

インドにいたときに従妹は可愛い女の子を生んだ。
大切に育てて、私は帰国した時初めて会ったから三才になっていたと思う。
少年のような元気な女の子で、背も高く声も大きくはきはきしていた女の子。
おそらく従妹の最高の作品・・
あれから25年をしみじみ感じた昨日
その25年にあったことは実に多彩であった。
今その娘は男の子の母になって、四国に住んでいる。

こうして病気療養中の母親を祖母と尋ねて、三代がそろって食事する風景を
久しぶりに見ていたら、あの頃ほんのちょっとでも忙しそうな従妹を
無理しない様に気を付けるよう言ってやっていたら・・
と、後悔がつのる・・

あの暑かった夏が終わりそうな八月末・・その前日に我が家の冷蔵庫が
突然ストップし、気づいたら10年使ったから寿命なのだ・・と
感じて翌日急ぎ大型電気店に行って、即日運んでくれるという機種を選んで
午後運んでもらったのだが・・

その夜に 彼女は倒れて、まだ高校生だった娘が救急車を呼んで、
そこで我が家に電話があったのだった。

「ママをたすけて・・・」という悲痛な声が今もそのまま脳裏にある。

あの晩・・風台風が都心を通り過ぎていく夜中までかかって手術が行われ
従妹は命をとりとめた。

それはそれで神様に大いに感謝している。あのときの執刀医の脳外科の先生も
実に有難い宿直当番医で・・その方のお蔭であった。
c0155326_17401871.jpg
人生にはいくつも感謝する相手がいるものだ・・

トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/25986211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akageno-ann | 2016-09-16 17:41 | エッセ- | Trackback | Comments(0)