アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

書き始めると・・

ささやかな日常でもいろいろと湧きあげってきて・・
今日は地域の敬老会で50人ほどが集まった・・私も最近参加させていただいているので
新入会員として御挨拶に・・
義父が亡くなって2年になるが義父のことも話題にしてくださったり、お世話になった
皆様にお礼も言えた。

皆さんご高齢になってもとても活発に活動されていて、しかも人柄が素晴らしいのは
やはりこういうコミュニケーションをとっていらっしゃるからだ・・と
つくづく・・
しかも今日も歌われた94歳のご婦人と90歳の一人暮らしのご主人・・
その歌声に哀愁があって・・感動してしまった。
90歳の方も間もなく娘さんのご家族と一緒に暮らすべく、この地を離れるとのこと・・
皆別れを惜しみながらも、その方の日常のためにはきっとお幸せなことと・・
ほっとしたりした。

私のことブログをお尋ねくださった、従妹の娘のピアノの師からのメールも
私たちのことを気にかけていてくださり、心から感謝申します。
従妹の娘は小5の3学期になって、東京の音大の付属中学校に入りたいと希望してきて
彼女の歌を小さなときに一回だけ聞いて・・普通に「上手ね」と思う程度だったので
びっくりしたことを想い出した。

しかし母親である私の従妹の切望によって私の友人でもあったU先生にお願いしてご指導を
お願いした。本当にどんなピアノを娘は弾くのだろう・・と親族としてはドキドキして
初レッスンに伺ったのだが・・まだまだ基礎はできていないけれど、その弾き方に不思議な
ものがある・・と言ってくださって・・それから1年間 みっちりとご指導いただいて、
彼女は念願の学校に入学できた。

そこからなんとか好きな声楽科に進んで、大学を卒業し、今もそのころからの友人たちと
楽しい交流はあるようだ。
何より当時のことをよく覚えていて、先日は5年ぶりに皆で思い出話をし、音楽は彼女の
良い人生の一部になっているようで・・
ほっとさせられた。

ここで改めてご指導いただいた彼女の恩師U先生に心より御礼申します。
彼女が高校生のときに突然倒れた母のことを大事に思っているのも母親が娘を大切に育てて
きたことをちゃんとわかっているな・・と感じられたことが私も嬉しいことでした。
そして彼女の一人息子は私の誕生日に生まれました。
c0155326_23303367.jpg

トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/25991868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-09-19 22:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-09-20 14:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maple at 2016-09-22 22:14 x
お彼岸の中日に雨が降るのは珍しいそうです。
濡れながらの墓参りも久しぶりでした。
雨に濡れた墓石は少し淋しそうでした。
もう少し頻繁に来なくては・・・と思いました。
Commented by fuwari funwari at 2016-09-22 22:31 x
annさん、すてきね。
暫く途絶えていたブログの更新が、書きはじめると、annさんの流暢な会話のように、自然にしっくりと心に入ってきます。
生きているってこうゆうことですよね。
特別な事で溢れている訳ではないけれど、小さな喜び、感動、感謝で記憶の箱は今にもこぼれんばかり。
読み終わっていない記事も目を細めて拝読しました。
これからもannさんのお話、聞かせてくださいね。
楽しみにしています。
Commented by akageno-ann at 2016-09-22 23:05
皆さん、ありがとうございます・・
毎日書くことが日記のようになるのだと今さらに
思っています
書き始めてあまりに書きたくなるのを少し抑えたりも
しています。現在と過去が融合してこれからが作り出されるように・・自分の晩年つくりをしているようです。
雨のお墓参り・・皆さん今日はお彼岸のお中日で大変そうでした・・うちは家の前が菩提寺で・・そこにお墓が
有難いと亡き姑の配慮を感じてます
by akageno-ann | 2016-09-18 20:08 | エッセ- | Trackback | Comments(5)