アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

今日はなんだかいい日でした

昨日から朝の占いをみていると 私の星座は二日間アンラッキーだったので
昨日従妹と病院に行く前に 病院の近くの神社にお参りしました
c0155326_22542794.jpg













高麗神社です。
高句麗の時代からの流れをくむ神社ですが、ここを民俗学者折口信夫氏も訪れて
歌を詠まれています。右側の桜の木の下に歌碑があります。
その折口氏の縁が私の母の実家の神社と繋がっています。

静謐・・と言う言葉がぴったりの素敵な境内です。
こちらでお参りさせていただいて落ち着きました。

夕方近い時間の予約で・・退院後初めての主治医との懇談で今後の方針が決まりますので
ドキドキしていましたが、主治医の教授は優しく従妹を迎えてくださり、術後の経過の良いことを
知るとそこで初めて、手術の成功をお知らせくださいました。

大変な手術ではありましたが、癌は取り除き 今他への転移は見当たらない・・と

しかし今後は投薬が本来は必要なのですが・・・今しばらくはこのままそのままの状態で
様子をみましょうか?と私たちの願いを聞き届けてくださいました。

従妹の骨折から始まって・・大きな癌の手術を終えたこの二カ月を見ると・・彼女の疲労感は
拭えません。このまま普段の生活に完全にもどれることを医師も一緒に声援してくださいました。

言葉が少し出にくくなっている彼女が一生懸命 ありがとう・・と述べています。
医師はにこやかに彼女の手をとって・・何かあったらすぐ来てください。

とおっしゃってくださいました。

今しばらくこのままで過ごす・・・有難いことなのです。

私はここでまた自分の30年前の右乳腺腫瘍の手術を思い出しました。

あのときはインドで大きなしこりを自分で発見しました。

誰にも言わず、ただ大きくなるしこりをどうしようか・・と1カ月ほど悩みました。
親しくなった近所の日本女性が同じ病で日本に帰国していたのですが、無事手術を終えて
インドに戻ってきたばかりのある夜・・・アフターディナーに招待してくださいました。

その晩に彼女の病気の様子をお話しいただいて・・・私は彼女の助言をいただいて、大使館の
日本の医務官に診ていただくことにしたのでした。

あれも本当に出会いでした・・・その出会いが今ここに私がいて 従妹と一緒に闘病できる
所以なのです・・
そんなことを考えていたら従妹とこの教授との出会いもまさに良縁でした。
                                          つづく

トラックバックURL : http://akagenoann.exblog.jp/tb/26689110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nanako-729 at 2017-05-26 09:16
annさん、おはようございます。
今日は朝からしとしと冷たい雨・・・
こんな日は家の中で静かにしています( *´艸`)
なんて、PC三昧の日になりそうです。

従妹さま良い主治医と巡り合いましたね。
心強いですね、そのひとことで心が温かくなる気がします。
annさん今日のお出かけは足元に気を付けて~~♪
by akageno-ann | 2017-05-25 23:16 | エッセ- | Trackback | Comments(1)