アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

2017年 03月 17日 ( 1 )

春はそこまで

春よこい・・という童謡が大好きだった

春よ来い 早く来い おうちの前の桃の木の
つぼみもみんなほころんで・・♪♪

今朝家の前の公園へ小夏と一緒に出たら 桜の蕾は一層大きくなっていて
昨晩の寒さを忘れた

ちょっと更新をさぼっていたら ブログの友人がどうしたの・?と心配してくれた。
この間いろいろあったのですが、一番大きかったのは 主人が急に頼まれて
小学校一年生の産休代理の担任を引き受けたことだ
遠い学校なので 朝は5時から起きて 送り出しの準備
弁当も必要だった・・

そして従妹の調子が悪くて 心配していたら 大腿骨の頸部骨折という
状況で急遽この近くの整形外科では特に有名な高木病院に搬送された

毎日様子をみにいくだけだが 今日はしんどさがましているようで
可愛そうでたまらなかった・・そんな中にも彼女は孫の成長を心配したり
居住している施設のスタッフのお子さん誕生のニュースにお祝いをあげてほしい
と願ったりして痛み止めで朦朧としているのにその心があるうちはまだまだ元気と
嬉しくなる・・

今日はご近所のご主人が長い闘病の末に亡くなられて通夜式だった
奥様がいつも本当に献身的な介助をされていて
夫婦であのように最後まで看取られた姿には感銘を受ける

奥様が とても疲れていらっしゃるお姿に心が痛くて背中をさすって言葉を
かけてしまった・・
何もお手伝いできなかったので・・

心が折れる日だったが夕刻 友人が京都に行ったので・・と桜湯の汐桜を届けてくださった・・
大丈夫?と私を心配してくださる方で今日は本当に有難かった
c0155326_21482388.jpg

冬から春にかわるこの時期は気候も厳しく、まだ風邪もはやり花粉症の方たちはしんどそうです
心を開放しつつ 新しい年度に向って進んでいきたいです


by akageno-ann | 2017-03-17 22:08 | エッセ- | Trackback | Comments(3)