アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

2017年 08月 14日 ( 1 )

誕生日前

毎年誕生日前はいろいろと考え事をする機会に恵まれる。
63歳になるが・・・ここまで無事に生きてきたことに少しの驚きと
両親に感謝している今年の私である。
両親はかなり年をとったので、それなりに苦労して暮らしている。
私たち姉妹と家族で一日おきに生活の支援をしているが、父が特に
母の為に力を尽くしている。
父と私は性格が似ていて勝気なので ぶつかりそうになることも多く
心が塞ぐこともあるが・・考え方の基本は同じなのでそこを忘れない様に
接している・・

母のことを自分の責任と感じて丁寧に面倒を見るのだ。
つい私が手を出し過ぎるのでややこしいことになるのだが
そこを年月で互いに慣れることが大事だと思っている。
でも今夜は 母が腕時計を失くしたと心配して電話くれて
明日一緒に探すからと言ったら、ほっとしてくれたので私も深くほっとできた。

そういうことがたまにある・・

母は最近 電話を自分の名前を言ってかけてくる。
今までは「お母さんよ・・」とかけてくれたのに・・
なんだか姉妹のような感覚になっている・・

祖母が年取って私と母を混同したように 年代の感覚が鈍ったのかもしれない・・

母が少しずつ意識に変化ができたのは70歳のころからだったように最近思う。
少しずつ10数年かけて母は今の母に変化した・・

父にあまり気を遣わず自分の意志をはじめて通している母が私は愛おしい・・
私たちの為に自分を抑えて生きて来てくれたことは間違いないのだ・・

そんなことを今年は誕生日前に深く感じている・・



by akageno-ann | 2017-08-14 23:46 | エッセ- | Trackback | Comments(1)