ブログトップ | ログイン

アンのように生きる・・・(老育)

万葉集より初めの歌

こもよ みこもち ふくしもよ みふくし持ち この岳(おか)に 菜摘ます子 家のらせ 名のらさね 

最近この万葉歌がいつも頭の中に浮かんでくるのだが、今日は福原愛さんの国際結婚のご報告にも
この歌が重なって愛らしい福原さんの表情と美しい中国語を聴きながら 一番の国際間友好のニュースだな・・と
感動した。

古代野原で菜を摘む少女に 声をかけて あなたの名前を あなたの家を教えて・・という柔らかいこの歌が
この地を平定している天皇かもしれない人が愛らしい少女に声をかけている・・と言う情景

のどかな奈良の平原を想像し この碑は奈良の桜井村の神社にあると聞いている
この歌は 短歌でなく長歌になっているのでそのあとにこう続きます。↓

そらみつ 倭の国は おしなべて われこそをれ 敷きなべて われこそませ 我をこそ 背とはのらめ(我こそはのらめ) 家をも名をも

この大和の国は 私がおさめているのだよ・・私もあなたに名乗ろう・・そして家柄も・・

という雰囲気のある意味求婚歌なのかもしれない・・・

この8月からここまで雨が多い日本列島だった・・そして災害も地域を限定せずにあちらこちらで・・埼玉のここも全国ニュースで一部水没した様子を発信してくれるから、古い友人までも思いだし心配して電話をくださったりした。

地球温暖化による水害・・というのか・・・なんとも水害があまりにも多い・・
ここへきては台風により作物が大きな打撃を受けている・・

国土の狭い日本はこれからどのように発展できるのか・・少々心配にもなる。

そして明らかに進む高齢化の社会・・・家族を見守る 家族を増やしていく重要性を家族の少ない我が親族たちはひしと感じるのだ。

大和にはむらやまあれど とりよろふ 天の香久山 のぼりたち 国見をすれば 国原は けぶり立つ立つ 海原は かまめ(鷗)立つ立つ 
うまし国そ 蜻蛉島(あきづしま) 大和の国は

学生時代に受けた万葉集の講義の中で 国を山から見下ろすと 煙立つと いうのは ご飯を炊いている煙突から上がるものを指すという
なんとも豊かで・・当時私はうまし国を 美しいというよりは 美味いという意味に感じ取ってそのまま年を重ねてしまっている

あきづしま・・・これも日本の素晴らしい国という意味を強調する 代名詞  蜻蛉をあきづと読むらしいが  万葉言葉は今にも
通じる気高さがあり・・・そう形容される日本の国土がこのまま続いてくれることを願わずにいられない思いがある・・

若き人々が美しい日本で幸せに暮らせるように 我々高齢者と呼ばれるようになる者も まだまだ努力が必要だと・・・
敬老の日の様々な行事に参加しつつ感じている・・・・
c0155326_23345662.jpg
                      写真は万葉集入門のサイトより・・











by akageno-ann | 2016-09-23 00:22 | Trackback | Comments(0)

ほたるの里

c0155326_21161835.jpg

山梨県北杜市にご縁をいただいて、6月の夫の誕生日に 蛍狩りによんでいただき
その翌日そこから高知に向かうという、ちょっと心楽しい経験をしました。
c0155326_21164189.jpg

こちらには二匹の甲斐犬君がいますが、小夏を歓迎してくれます。
こなつはすっかり家族のようにここではノーリードで過ごさせていただくのです。
その楽しそうな寛ぎを見て、私たちが癒されます。

c0155326_21354171.jpg

ここの川にはカワニナがたくさん生息していて、それを餌に成長する蛍が私たちをもてなしてくれました。
さすがに写真はよく撮れませんでしたが・・夜中には部屋の方にも蛍が飛んでくるのです。
ほたるこい・・・・とよんでしまいました。
c0155326_2117426.jpg

ご夫妻が丹精されている畑は何か所もあるのですが、このハーブ園が色とりどりで美しく
あのターシャの庭を思い出しました。
c0155326_21175571.jpg

動植物が静かに生息する場所は私たち人々が自然に溶け込めるのですね・・
c0155326_2118167.jpg


感謝します
by akageno-ann | 2015-07-05 21:42 | Trackback | Comments(3)

c0155326_11224025.jpg

フランスへ向かっているときにふとみつけた虹にみんなで反応したようです。
国内にいてもそれほどの感動はなかったでしょう・・

そしてこれからは虹を見るたびにこの旅行を思い出すのだと思いました。

c0155326_1124211.jpg

普段あまり写真を撮ることのない人がこの全景を撮ったとしたら・・上出来!?
ノートルダム寺院・・パリです。
c0155326_1125821.jpg

そしてやはり・・これが一番の印象に・・
上まで登って望んだ風景が一番感動した・・との感想です。
私も大好きなエッフェル・・
そして動物好きの彼らしい写真は・・
c0155326_11263592.jpg

by akageno-ann | 2013-03-14 14:02 | Trackback | Comments(2)

老育 神楽坂慕情

暑い中でカレーを食べましょう・・と約束していた、この方と・・・
私が急に自分の都合でお誘いしたのに…駆けつけてくださいました。
ブログ仲間のありがたさです!

c0155326_16373224.jpg


ドーサです。南インドのカレー料理で、米粉でパリッとした食感のクレープが出来上がり
それをカレーとマサラで食べますが・・大好きな一品です。


c0155326_1639028.jpg


サモサです。インドの一般的なスナックですが・・カレー味のポテトが入っていて
スパイシーでビールに合います。

一緒に美味しいものを愛でつつちょこっと呑める友人との会話は心を癒してくれます。
この暑さの中での日常をなんとなく慰めあいながら、カレーの程よい辛さがパンチを利かせてくれるのです。

c0155326_18343279.jpg

待ち合わせの時間まで、ちょっとこの辺りに用事もあり、あまり郷愁に浸らないようにしていたのです、やはり一枚写真を撮りたくなります。

7年前に初めて知った街・・神楽坂・・それまでは音には聞いていても、私は訪れたことがなったのです。

それが従妹が急にここに引っ越す・・ということになり、引っ越しを手伝いながら、最初の食べ歩きは、ア・マ・テラスというフレンチレストラン。オーガニックの素材を使った従妹のおすすめの店でした。しかも神社育ちの彼女には「アマテラス」と呼んで親しんでいたのです。
c0155326_033175.jpg

この界隈を歩いて楽しんでいたはずの彼女の事も思ったりしますが、それは妄想ですね。
現実はその後彼女の看護でここを買いもので走り抜けてました。
神楽坂に戻る・・そんな夢もありますが・・今彼女はこの狭山茶の畑の見える施設で喜んで過ごしています。
c0155326_0363486.jpg

神楽坂は入ってみたい居酒屋さんやお蕎麦屋さん、イタリアン、とそれは魅惑的・・また立ち寄ってみたいです。同行してくださった、fuwariさん・・どうもありがとうございます。

by akageno-ann | 2012-08-28 00:38 | Trackback | Comments(19)

遠雷

美しい響きの遠雷という言葉・・遠くに雷の音があって・・ここはまだ静かに爽やかな風が流れる
などという状況がよくあるが・・
10年ほど前からその遠雷の恐ろしさを知って・・・その中を登下校する子供たちのことが
心配な最近があります・・

私の親族でハトコに当たる青年がその落雷により 命こそ落とさなかったが、憧れの高校に入学してサッカーに興じ勉学に励んでいた1年の夏、一瞬にして全視力を失い、下半身麻痺の人生になりました。

ちょうど同じころに私の従妹は脳内出血によって倒れたので、私は忙しくなっていて、彼のために何もしてあげられなかったのですが、彼の家族の献身的な看護によって今彼は、31歳になり、盲学校を経て短期大学で熱心に学んでいます。

北村光壽(みつとし)の歩みこちら→→☆

この事故はその保障をめぐって最高裁まで行きました。
もともとサッカーの部活動での出来事だったので、その責任の所在をはっきり認めてもらうまで時間がかかりました。

決してお金目当ての裁判ではなかったのですが、その過程の中ではいろいろ取沙汰もされました。
しかし同級生、同じ被害に遭われた家族の会や報道関係の皆さんの公正な応援によって彼にはこれからの生活の保障を約束されました。

でも・・障害は重く・・・しかし・・死を思うようなことこの頃はない・・と言って頑張っています。

同級生たちの、「あのサッカーの試合中の仲間の誰にも落雷の可能性はあった・・」という心の絆がずっと彼を支えていますが・・

彼の母親の気持ちを思うと・・・私などの想像をはるかに超えています。
彼の父親は私の父の従弟にあたりますが・・係争中に心労と疲労からでしょう・・55歳の若さで急逝しました。

それでも何もあきらめることなく、この家族は肩を寄せ合って励ましあい進んでいます。

この10年の間に我が親族には大きな事故や病気 若い死が次々と訪れました。
大きな試練を与えられながらそれでも他の人々が同じようなことに遭わないように・・という願いを込めて、この無念を人に伝えています。

今落雷なども多く、今までとは違う自然現象のある中で、決して軽んじることなく日々を暮らしてほしいことと・・自分はもう還暦付近ですから、かなりの覚悟をもって・・日々楽しく悔いなく暮らしているつもりです。

昨日も小学校の下校のパトロールをしていて、稲光が見えると、とにかくこの子供たちの上には落ちないで・・という念を送っています。

それは はとこの母、北村瑞穂さんが、あの時せめて息子の傍で応援していたら・・と母として傍にいてあげられなかった無念を語るからです。

人間の力には限りがありますが・・でも気持ちをその人のためにかける・・というのは、かけないことよりも確かに何か良いエネルギーが働く・・と思うのです。

ブログでたくさんのお母さんの心を読ませていただくと、お子さんの成長をしっかりと見つめていらっしゃる方たちが多くて感動します。

私は子供を持てませんでしたが、とにかく母の気持ちをよく想像させていただいてます。
たまに「子供がいなくて楽ね・・」なんて言われちゃいますが・・そんなこともないのですよ・・

一生懸命知り合いのお子さんたちの安全を願っています。emoticon-0134-bear.gif
今の若い人たちが元気に頑張っていってほしいと心から願っています。emoticon-0152-heart.gif
by akageno-ann | 2012-05-30 20:41 | Trackback | Comments(17)

老育  祭も年を重ねる

c0155326_7495583.jpg

カメラを持って行き忘れたのですが、久しぶりに入間万燈祭のスタッフ参加です。
一日中立ちっぱなしでお客様をもてなすのですが・・その間に目の前をたくさんの
山車が通り過ぎるので・・入間はかつては宿場町だったのでしょうね・・

奈賀町とか扇町屋とか・・ちょっと京都のようなものもあります。
その町が一つずつ立派な山車を持っていて、引き回すのです。

30年前からここに住んでいますが、その間にずいぶんと立派な祭りになってきました。

誰も知らなかったこの町にも たくさんの繋がりができていることに、今回は感じました。

昔家庭教師をしていたお子さんのお父さんや、思いがけない人々との再会・・

祭はいろいろなことを丸くして出会わせる場なのかもしれません・・

ドイツにも佐渡にも友好都市があるので、各方面からのお客様も・・

民族衣装で参加・・

こちらを撮影してくださいましたが・・残念・・カメラemoticon-0106-crying.gif

街も一緒に年齢を重ねています。

子供たちの活発な太鼓やボーイスカウトたちの元気な義援金のよび声・・

日本も頑張って行かなくてはなりませんね・・

しかしトルコもかなりの大きさの地震があったようです。

不安はつきませんが・・10月も暮れています・・

2011年・・残る月日は何とか無事に過ぎてほしいです!
by akageno-ann | 2011-10-24 08:20 | Trackback | Comments(8)

老育  受け継ぐ者たち

老育の原点を取り上げてくださったこの方のブログ・・輪島の漆器店の女将さんです。→☆

この三月の大震災の被災地の方たちはそういうものを多く失われ、それでもまた頑張って引き継いでいこうとする姿を映像から拝見しています。心を寄せ合って頑張っていきたい日本です。

ひたひたと忍び寄る、日本全体の社会への影響・・ここ入間市にも大きな波が押し寄せてます。

狭山茶です。美しい茶畑の風景のあるここ入間市は毎年茶摘みの頃、ニュースで全国放送されます。
しかし最近 放射能の値が高いお茶が出た・・と三日間連続で報道が・・

すぐ近隣のお茶屋さんは開店休業の状態です・・とおっしゃってます。

伺うとすぐにおいしい狭山茶を提供してくださいます。

私は変わらず飲んでいます。

しかし進物には使えないし、書道のお稽古の生徒さんのお茶も最近は紅茶です。
大変気にされていらっしゃる方もありますから・・

長い年月お茶栽培をしてお茶屋さんを続けてこられた家がこの辺は多いのです。
途方に暮れる・・と言う状況です。

お茶は嗜好品だから・・信頼回復しても遠ざかった人々をつなぎとめていくことが難しいといいます。

この年の新茶を検査済みのお便りを入れてもらって、親族にはいつものように配りました。

これからもそうしていきたいのですが、受け継いだものの大きさを感じながら日々過ごされているお茶屋さん茶畑の向こうの富士山の風景が大好きですが・・今年は少しさびしいです。
c0155326_12453298.jpg

小夏も私ものんびりと茶畑を見ながら散歩するのがすきなのです。

お茶は各店で検体して大丈夫というものしか売られていません。
そのことはここにお知らせしておきたく思います。

「お店をしばらく閉めようとは思ったのですが、かえって気持ちが暗くなるので、訪れてくださる方もあるので、開けています。」と三代目の店主の奥さんと、ここ入間市のこれからを案じつつ話しています。
先代の頃からのお付き合いなので・・その辛さがわかります。
日本が元気になってほしくて、一緒に頑張っていきたいです。

入間市のホームページはこちらです。→☆
小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-23 12:47 | Trackback | Comments(4)

関東以北がかなりの地震の被害です。
皆さん大丈夫でしょうか?

電力の確保が必要です。無駄な電気を使わないようにしましょう!

意味なく車で遠出しないようにしましょう!

電話はかかりにくいです、こちらも伝言用に使ってください。

都心の交通情況は鉄道は現在止まっています。

帰宅困難者の方たちどうぞ無理をされませんように。

気のついたことをここに書いていきます。

水と食料は当座のものを確保しましょう。

火の元に充分注意しましょう!

ヘルメット 防災頭巾 座布団 靴 スリッパ 近くに置きましょう。

by akageno-ann | 2011-03-11 20:27 | Trackback | Comments(3)

土佐とインド

小説を書いています。
今介護の生活について書いていますが、舞台は土佐の高知に移っています。
インドに住むことになったとき、高知という地に生まれて育ったことが偶然とは思えなかったのです。
祖父母は私と同じ年齢の頃に高知から当時の中国大陸満州に幼い一人息子を連れて渡りました。
それが私の父です。
インドは特殊な国というイメージのあった20年前に先ず
「それもよかろう」と賛成したのは祖父でした。
祖父がそういったことを父は安堵していました。

「インドは大変とは言っても、日本の子供たちもそこで元気に生活しているんだから、住めば都
人間万事塞翁が馬だよ」というのが父でした。

私は特別な教育を受けたこともなく、ごく自然に成長していましたが、インドはとても異文化を感じました。
しかしあの地で原書の「Ann of Green Gables」を読んだとき沸々と勇気が湧いてくるのを感じたことを今また懐かしく思い出します。
c0155326_8184682.jpg

Wikipediaよりプリンスエドワード島の家

第7章 その5

信子は賢一の親切な申し出を嬉しく感じていた。
結局結婚して関東に出てしまってから信子はこの生まれ故郷土佐にもどることは許されなかった。

本当は自分の親の介護も少しは手伝うべきであったのに、遠方であるということに甘えて、いつも遠来の客という態度をとってしまっていた。

そのことが今度の息子翔一郎の病の介護を手伝うことになったときに、また大きな後悔として心を襲った。

『人はやはり一人だけ、楽に暮らすということはできないのだ。』

そのことを思い知った気がしていた。
しかしまだ若い孫の理子にまでその大変な思いをさせることになってしまったことが辛かった。

理子はこの久しぶりの高知を同行のめい子と屈託なく楽しんでいるように見えた。

親族が一堂に介するというのは大きなエネルギーをもらえるのかもしれないとも感じていた。

美沙は懐かしいインド時代の友人北川怜子(さとこ)の家を訪ねられることも今回の土佐旅行のメインに考えていた。怜子はすでにこの世にないが、夫の北川氏はここで教職に就いている。

昨年翔一郎がこの病に倒れたことを知って、はるばる東京の病院まで見舞いに来てくれたこと、またその様子を現在メキシコで日本人学校校長をしている平田氏に知らせてくれた。

その繫がりが、今 平田めい子がまるで家族のようにここにいることに派生しているのだ、と感謝の思いを深くしていた。

家族は決して血のつながりだけではない、大きな絆によって構成されるのだ、とも美沙は思いを強くし、大好きなアンこそ、そのことを知らせてくれた恩人のように思うのだった。

 つづく
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
いつも応援クリックに感謝しています。

小夏庵ものぞいてくださいね。

この小説の冒頭は・・こちらからです
by akageno-ann | 2009-05-10 08:33 | Trackback | Comments(5)

次のレポートは前記事のK先生(私にとってもマシュウカスバートさん)87歳の「アンに関するレポート」です。写真は作者モンゴメリー by ウイキぺディアc0155326_23374985.jpg
1、この小説は作者はカナダ人のL.M.Montgomery(1874~1942)

2、この小説はアンの人間的な成長にそって描かれている数冊に及ぶ連作になっており、第1巻は連作を代表する次の署名のものである。
「赤毛のアン」 原名 Anne of Green Gables

3、第1巻から第5巻までは、村岡花子氏の和訳があり、新潮文庫に納められていて、それぞれに、次のような書名と案内文が添えられている。

赤毛のアン・・大きな駅にソバカスだらけの顔、おしゃべりが大好きな赤毛のアンが、夢のように美しいグリーン・ゲイブルスで過ごした少女時代の物語

アンの青春・・小学校の新任教師として忙しい16歳の秋から物語が始まり、少女からおとなの女性へと成長していくアンの多感な日々が展開される。

アンの愛情・・楽しい学窓の日々も、激しく苦しく心が揺れる夜もあったーーーーーーーーー
あこがれの大学で学ぶアンが真実の愛情に目覚めていく過程を映し出す。

アンの友達・・15年も恋人のもとに通いながら、求婚の言葉を口に出来ないルドヴィックなど、アンをめぐる素朴な人々が主人公の心温まる作品。

アンの幸福・・サマーサイド中学校長として赴任したアンを迎える人々の敵意ーーーー生来のユーモアと忍耐で苦境を乗り越えていく個性豊かなアンの姿を描く。

以上は村岡花子氏翻訳になるモンゴメリ原作であるが、そのほかに次の2著が新潮文庫の中に収められている。

ジュニア版 赤毛のアン ・・夢のように美しいカナダの村に、突然現れた赤毛のアンが引き起こす数々の物語。アンの世界への入門書。(中村妙子訳)

赤毛のアンの世界 ・・世界中の女の子たちの腹心の友「赤毛のアン」を生んだモンゴメリの私生活と、美しい島の風景、記念の品々の写真がいっぱい。(M・ギレン著 中村妙子訳)

以上のようあ心暖まる名作を生んだカナダの風土が、あなたの随筆「こだわりの街にて」の後半で、美しく押さえた形で描かれている。新年早々このような同人誌をいただけてありがとうございました。敬具


以上ほぼK先生のお手紙を載せました。

もちろん私は採点をするどころか・・私のよく読んでいなかった本のあることも知ってびっくりし、さっそくお返事を書こうとしていたのです。

しかしそのときにはK先生は既にこの世の方ではありませんでした。
この手紙を書かれ、奥様に見せられてから意気揚々とこ自身で投函されたそうです。

私に届きまたその感想を聞くことを楽しみにされながら・・

お元気ですごされたこの世の最期の夜に、先生のお気持ちが遠く未知のカナダのプリンスエドワード島に飛んでいたとしたら・・それはとてもメルフェンティックでお幸せだったのではないか・・私は後日そう思い、奥様とお話したのでした。

                                                    

このブログ村のカテゴリーへの声援に感謝します。
今のところ小説は構想中です!応援のクリックありがとう!にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
by akageno-ann | 2008-12-22 00:04 | Trackback | Comments(10)