アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:エッセ-( 424 )

春祭り  いのの大国様

珍しく四国も雪が舞いました。立春を過ぎたあたりはまだまだ寒いのですが
雪は大変珍しく土佐の人々もちょっと心楽しそうでした。
その中での春祭りの準備は大変でしたが 私が到着したころにはほとんど
終わっていました。
c0155326_09331788.jpg
友人の奉納した木目込み人形がこのように飾られて  とても素敵でした。

ご本人は習作なのですが・・とおっしゃっていましたがとても優しい仕上がりに
心なごませていただきました。
c0155326_09331591.jpg

春はそこまで来ています・・春祭りは厄除けの御祈にいらっしゃる方が多くて
今年星周りの少し悪い私も星除けのお守りをいただきました。


c0155326_09331210.jpg


by akageno-ann | 2017-02-18 09:41 | エッセ- | Trackback | Comments(6)
二月はにげる・・と言われるほど早く過ぎると言いますが、こんなに寒さが日本を襲っている
冬 如月は新潟の十日町市に住む80歳を超えた主人の叔母のことを想っても早く過ぎてほしいと思います。

叔母にユニクロのダウンのベストを送りましたら・・・暖かくてさっそく着てますと・・
お返しのお米とお餅ときゅうりの佃煮を送ってくださいました。

電話の向こうの叔母はお元気で 「この二月を我慢すれば 楽になるのですよ・・雪は畑の土をよくして
くれますからね、大丈夫今日も吹雪いているけれど暖かいチョッキをさっそく着てますよ・・ありがとう」

その暖かい言葉が私は結婚の当初から大好きで・・尊敬をしているのです。
地味な方で 結婚式には出ていらっしゃらなかったのですが、その年の暮れから主人の祖母の最期を二カ月間
本家の家に泊まりこんで看病された方でした。

その心のこもった姿は結婚したての私には深く心に沁みたのでした。
舅の葬儀にも 優しい大好きだった兄のことをよくお世話してくださって本当にありがとうございました。
言葉をいただきました。その時にも叔母の献身的な看病の様子を思い出していました。

素晴らしい場所新潟の雪深い写真を見ながら叔母の健康を祈っております。

今日は素晴らしい 東京ドームのテーブルコーディネートフェスティバルにお誘いいただいて
仲良し三人組で楽しんできました。
c0155326_22364653.jpg

輪島塗の蔦屋さんの漆器に魅せられて・・毎年通っているのですが、ご家族が何代も守っていられる輪島塗のお店に
若々しいコーディネートを組み入れて いい刺激をいただいてきました。

母や病床の従妹に渡しているお椀と 湯呑は 熱いものは柔らかいぬくもりとして手に優しく伝わるので
二人とも愛用しています。漆器って本当に丈夫なのも有難いです。
今日は私の叔母の傘寿の記念に小さいけれど存在感のあるピンブローチをいただきました。

そして三人は 楽しく会場を廻って 感性をそれぞれに磨きました・・・

c0155326_22370536.jpg
一昨年コンサートに行って感銘を受けた東儀秀樹さんのアジアの楽器と同じ塗の食器のコラボレーションは
魅力的でした・・・・・またあの 笙と篳篥(ひちりき)の幽玄な演奏を聴いているようでした。

食事はドームの三塁側のベンチで野球のことも思いながらタイムリーな珈琲売りの女子大生から珈琲を買ったりして
楽しい時間でした。私は同行のお二人に今日は何故か少し愚痴っぽくいろいろなことを聞いていただけて
心を軽くしていただいたのです。

久しぶりのカプリチョーザのランチも美味しかった・・

東京ドームはなかなか魅力ある場所です・・
とても広くて疲れましたが・・よく歩きました。


by akageno-ann | 2017-02-02 22:53 | エッセ- | Trackback | Comments(1)
大寒明けて・・・今年もいよいよ本格的に始動しています
c0155326_22163495.jpg
アメリカの方でも新しい政治が始まろうとしています。

昔は初釜に出席する一月でしたが、今日は台湾茶の会に参加しました。
新宿三丁目の地球の歩き方旅いさらの企画で紅茶教室でお世話になっているミンミン先生の講座に向いながら、
少々時間があったので、明治神宮へ初詣を・・・
爽やかな青空のもと、この鳥居をくぐることができました。
そして鎮座100年を迎えるに当たり、御社殿の銅板屋根の葺き替えに
銅板に祈願と名前を書くことができるというので、お願いいたしました。
両親の日々の生活を支える私たち姉妹にとって・・その両親のことをお守りくださるように
お願いしました。

c0155326_22164979.jpg

その後ミンミン先生の台湾茶の教室に伺って台湾のティセレモニーの
奥深く楽しいお話で、すっかり台湾に行ったような気持ちになりました。
台湾は亡き舅が書道の日中交換会で何度も足を運んでいて、そのたびに
様々なお土産を買ってきていましたが、今更その中身の濃さに驚きを
感じました。年をとって知ることというものもなかなかいいものと感じています。

c0155326_22164642.jpg
実家の父が懇意にしている台湾の方が折々にくださる台湾茶の豪華さと
その深い味わいも楽しみました。

女子の正月は昔から小正月と言われ、11日鏡開きの日ですが
今日こそそんな小正月をいたしました。

来週は中国の暦で新年を迎えられます。春節というのでしたね。
中華街は実に賑やかになるはずです。

世界がもっと穏やかになってほしいです。



by akageno-ann | 2017-01-22 22:33 | エッセ- | Trackback | Comments(1)

明日は雪ですか?

家の前の公園の枯れ枝伐採に市の公園課が朝から来てくれて、多分明日の雪を案じてのことだと思うが
有難いことと思う。
この辺りは関東でもかなり降る方で・・一度降るだけでも溶けないので困るのだ。
日本海側や東北の方々にはもっと大雪に見舞われている地域も多く・・心配ですが
ここ最近の異常気象は本当に困ったものです。

イタリアの方でも地震があったようで・・地震国と言われる地域は不安もいっぱいですね。
学生たちがあちらこちらと旅行に出る時期になってきました。
昨年の軽井沢方面のスキーバスの事故は心に深く刻まれましたが・・どうぞあのような
事故事件に巻き込まれないで、安全な楽しい休日を過ごしてほしいと深く祈りを捧げます。

また知り合いのお年寄りが入浴中に亡くなられました。
とてもお元気でしたが、これもまた不慮の事故ですね。

ただお年寄りには明るい時間にお風呂に入られることを奨めます。
我が母にもそういいたいと思います。
いずれにしても昼間の方が対処しやすいのです。

冬の寒い夜は早めに床に就き ゆっくり休息をとることが大事だと聞きました。

寒さと忙しさで疲れていたせいか、今日は我が家はリゾートムード・・
午後になってとても睡魔に襲われて・・素直に2時間横になりました。

どこかに旅行に行った・・と思って・・昼のワインと休息は最高のリゾート気分

旅行できない・・などとぼやかずに我が家でリゾートを愉しむことに今年は意識改革します。

明日の両親の外出はどうなるか・・心配ですが・・
私も早めに実家に赴きましょう・・
c0155326_23530656.jpg


by akageno-ann | 2017-01-19 23:53 | エッセ- | Trackback | Comments(3)

うれしいこと

今日は甥っ子たちとそのはとこの 関東での家さがしを手伝った。手伝ったと言っても
外野なのだが、若者3人との行動は心楽しいものになった。

食事もささやかなバイキングでおいしかったかどうか?は少し疑問だが
がやがやと楽しく食べた。

20歳になった甥はアルバイトを一生懸命やって 中古の車を買ったと元気いっぱいに
語ってくれた。

母親は息子たちの運転を心配しているがこれが子供の成長を見守るということのようで
私も一緒に見守ることにした。
うちの方にも遊びに来てね・・と言ったら快諾してくれた。

若い人々が住みよい日本 世界であってほしいと・・今日あたりも英国関連のニュースをみていても
なんだか不穏な世界経済の様子を老婆心で心配する・・・

今週はいよいよ米国大統領も代わる。

変わることは悪いことではない・・・皆が私欲に走らない様に若い人々の未来を考えてほしい・・と

年をとっていくものはそのことを一番に考えて生きて行く必要があると思う・・


年明けから半月がたって こうして2017年も確実に進んでいることを感じる

若い人々は力を蓄えている・・その力を大いに発揮できる世の中になって行きますように・・



by akageno-ann | 2017-01-17 22:45 | エッセ- | Trackback | Comments(3)

年明けの様々なこと

松が明けます・・・
暮れからここまであっという間のような気がしていますが・・いろいろありました。
暮れに実家の父がインフルエンザだというので毎日看病にいきましたが、幸い予防接種の
おかげで大したことはなさそうでしたが、高齢なので用心して寝正月にしてもらいました。
こちらにも同じお節を届けておいたので それで両親二人で結構楽しんだようです。
c0155326_21384040.jpg
咳が心配でしたが、今は収まっているようです。
父は大掃除に神棚のしめ飾りもしっかり替えて、玄関の松飾 部屋ごとのしで飾りも例年通りに
掛け替えていました。

ただそんな中に 母が携帯を落としたということで、ずいぶんと心配していました。
携帯は幸い警察の方に届けられていて、一瞬ほっとしたものの 契約者が父なので
甥っ子と一緒に警察に行ったのですが、利用者本人が取りに行かねばならないらしく
父はがっかりして帰ってきました。

しかも逸早くドコモに携帯電話のストップをかけたらドコモのサービスセンター経由でないと
警察の方も渡せない・・ということで翌日まで待たされることになりました。

なかなか面倒なことですが、犯罪防止には仕方がないのでしょう・・
警察にあるしブロックしてあるから心配ないと言ってもやはり落ち着かない気持ちの父がいました。

翌日の11時にサービスセンターから電話がかかりましたが、耳の遠くなった父には内容が理解しずらく
私が代わると・・父と私の親子関係のことをしっかり確認したり・・と 父は少々混乱していました。

しかし製造番号 取扱い番号と私が聴き、最寄りの練馬警察署の連絡先を習ったので、とりあえず
電話をしました。

そこには親切な落し物が係りの警察官がいらして、父の耳の遠さと高齢なこと、利用者の母を
連れて行かねばならないことなど規則があり・・
心配する私のことを理解してくれて、必要なことを電話で確認しつつ私の電話番号も控えてくれて
お待ちしています・・と言ってくれました。

私はついていきたかったのですが、予定があり、父が年寄二人でタクシーで行くからというので
任せました。
帰路について電話に乗って30分ほどしたら見知らぬ電話番号から携帯に電話が・・
気になって・・電車の片隅で小さく電話をとりましたら先ほどの警察官の方でした。
「先ほどご夫妻でお見えになり 携帯電話をお渡しできました」との親切なご報告でした。
車内でしたので簡単にしかお礼を申せませんでしたが・・心からほっとして感謝しました。

そんな年明けを過ごしました。
c0155326_21385090.jpg


by akageno-ann | 2017-01-07 21:51 | エッセ- | Trackback | Comments(4)

2017年の幕開け

c0155326_21375152.jpg
鳳凰の大絵馬は高知県伊野町の椙本神社の今年の干支大絵馬です。
平成29年があけました。皆様お健やかにお過ごしですか。
暮れの新潟の大火を思いますと、また熊本 鳥取と相次ぐ地震の災害の復興も道半ば
日本の行く末を案ずる思いと 2020年の東京オリンピックを無事に迎えたいという希望とで
心は交錯します。

昭和29年生まれの私は今年は星除けの必要な厄年  はたしてどんな年になるのか・・と
様々な思いを持って年末年始を過ごしています。
c0155326_21385261.jpg
今年のお節はセブンイレブンの洋風お節と西武デパートのオーソドックスな和のお節の
詰め合わせを主人が持ち帰ってくれた高知の祖父の家の大皿に盛りました。
皿鉢風の正月の膳です・・美味しかったので、二人と柴犬の小夏で完食しました。
お屠蘇は いただいた五日市市の銘酒 喜正・・・日本酒らしいきりりとした
素晴らしいお味でした。
c0155326_21380041.jpg
ご来光は親切なTVによって映像をとりましたら 大吉のおみくじつき
今年の初日の出は各地でこのように素晴らしくご覧になれたようですね。
うちの愛犬柴犬小夏は 14歳になりますが昨年9月から主治医が処方してくれた
皮膚病のための薬がよく効きまして、ふさふさと毛も生えて来てとても元気になってます。
副作用もないようでよく休みよく食べ よく歩くようになってくれました。
まずまずの年明けでございます。
実家への家事補助のために妹と日参していますが、暮れに父が風邪を引き
心配な年越しとなりましたが大事に至らず・・少々ホッとしています。

皆様にとりましてどうぞお健やかな一年をお過ごしくださいませ。
c0155326_21531346.jpg

by akageno-ann | 2017-01-01 21:59 | エッセ- | Trackback | Comments(4)

クリスマス 3題

昨年から傍にいる従妹が病を得て寄り添っているが、浮き沈みもありながらここで安定して
年を越せそうなので本当に神様に感謝しています。

昨年はこのクリスマスの時期をどう過ごしたかすっかり忘れてしまったのですが、
今年は家中のクリスマスグッズを
出して・・三日間小さな会を開きました。
c0155326_22171896.jpg














お客様を招くというのはほんの少しでもゆとりがあるということのように思えて幸せな三日間でした。
その間に母のところへ行って両親ともささやかなクリスマスのランチをしました。
c0155326_22171853.jpg
部屋の掃除を念入りにするという作業は私は来客がないとだめな私です・・・義父の存命中は週四日書道のお弟子さんたちが見えていたのでちょうど良い緊張感があったようです。今は愛犬も自由にしていますし・・今月に入ってから大掃除もかねて念入りに掃除しました。そしてささやかな食事を喜んでくださって・・いいクリスマスができました。
c0155326_22171681.jpg

無事に年を越せる・・とか 桜を家族皆で見るということが年々大切な行事になってきます。そして昨年のクリスマスはこんな風に過ごした・・という記録も大切に思えるようになりました。気まぐれな私の誘いに快く乗ってくださった友人たちに感謝する年末です。
c0155326_22171692.jpg

地震がありましたね・・実家の父が風邪気味のようで ちょっと心配な夜になりました。明日また様子を見に行きましょう・・母がそれでもしっかり電話してきたのが頼もしいです。今日は甥が行ってくれまして・・楽しい時間を過ごした後のことでした。寒いのでいろいろありますね  しかし北海道や新潟の叔母のところの雪も心配です。皆さんが良い年を迎えられますように  今主人は高知の神社の手伝いに行ってます。
by akageno-ann | 2016-12-29 00:00 | エッセ- | Trackback | Comments(5)

パリの思い出

またまた一挙に40年前に戻れました。
6時半に池袋で待ち合わせ・・少し早めに来た彼女・・
学生時代と同じ雰囲気でとても若々しい・・

科は違ったけれど サークルが合唱で・・そこで出会ったのでしたよね
そして合宿係で・・夏のサークルの大移動の準備世話係やりましたね。
いつの頃からか私はあなたが大好きで・・それは真面目だけれど気負わず
何かこう構えてしまう私をとてもリラックスさせてくれた人でした

今日はその頃と同じようにお話しできました。
年老いた親を看ている様子もとても似ていて・・詳しく話さなくても分かり合えるような

初めて飲んだ20歳のときのビールのこと・・私はちょっと忘れていたけれど
大学四年の春・・アンアンの懸賞に当たって・・二人でパリローマの旅にでたこと
そこで飲んだワインのおかげで 食中毒を免れたこと・・

あの旅は一つ一つ全部思い出せました・・

羽田からの雨の中のエールフランス機での出発  飛行機はゆったりしていました。
アテネフランスに通ってとりあえず なんとか旅行仏語だけはできたのか・使いたくて

当時のフランス人のCAと話したり・・シル ヴ プレの発音だけは上手だったりして・・
ところがあの機内食で私たち30人ほどの団体客は皆三日後のローマのレオナルド ダ ヴィンチ空港で
一人・・二人・・と救急車で運ばれることになり 空港で足止めをくいました・・

伝染病を心配されたんですね・・結局伝染性のない食中毒ということでしたが イタリア紙の朝刊に出たとか・・あとでエールフランスからもう一度行きませんか?のお誘いがあったけれど 私たちはいけなかったですね・・

とにかく私たちはローマより パリに行きたくて ローマの病院に入院は絶対しない・・パリに行くぞと
少しはお腹が痛かったかもしれませんが・・

二人で頑張りました・・

そしてパリのサンラザールホテルで団体は解散になり個人での旅になったのでした・・・

しかし当時のペンフレンドだった Hさんご一家に本当にお世話になって・・私たちは
忘れられないパリとヴェルサイユの旅を完遂できたのでした・・

そういえばその前のローマのホテルでは あまりに泥棒が多いと脅されていたせいで
私は自分のトランクが突然運ばれて行くのをすっかり動転して大騒ぎして友人を困らせたことも
思い出しました・・そういう私のパニック状態も彼女は落ち着いていてくれた人でした・・

本当にあれから40年

貴方とならまたどこかへ旅をしたいと思いました。

そう日本のどこかに・・・

ゆったりとしながらも今も現役で仕事を頑張る彼女の姿に勇気をもらいました。

本当に素敵に頑張っている彼女に刺激をもらいました。

c0155326_22513813.jpg


ありがとう

by akageno-ann | 2016-12-10 22:51 | エッセ- | Trackback | Comments(3)

明日はどこにしよう?

明日はとても久しぶりに大学時代に一番親しかった友人と会う。
先日ふと彼女とパリに行った時の夢を見た。
とても不思議でモンマルトルで二人で似顔絵を描いてもらっている絵だった。

実際はそんなことはしていないのだが・・ラ パン アジルのカフェに行こうか?
とかサンセブラン教会??だったかそこにフォーレのレクイエムを聴きに行こうか?
とかいろいろ逡巡したことを今も覚えていたらしい
私は時々ふと糸を解すきっかけをつくるとそのままするするっと解けてしまう思い出の
壺の蓋が空くのだ。

そんなことを想っていると もう一人小学校時代の友人が電話をくれた。

先日彼女からの年賀状欠礼の葉書が来て、若い親族を亡くされたことを知り
その年齢が従妹と近いこともあって、彼女にお悔やみの便りをだしていたのだ・・

しばらく会っていなかったが彼女の誠実さを思うときっと我がことのように心を砕いたで
あろうことを感じていた。

彼女もまた私の最後の一行 「あなたも本当に心を尽くされご苦労様でした」という言葉で
初めて泣けた・・と電話をくれて 二人で泣いてしまった。

偶然は重なるもので 同じ病院の同じ医師に掛かっていることもわかった。

それは今の私に大きな支えだった。
彼女もまたその医師を信頼できる人・・と言ってくれて 本当に嬉しかった。
幼い頃から何故か感性が似ているところがあって・・本当に久しぶりに話しても
つくづく癒される  

暖かなお節介のできる人で・・・同じクラスになったこともないのに・・ここまで仲良しでいられたのだ。
来週その医師の診療の日だが 彼女が是非よろしく伝えてほしいと言った。

そんな伝言をもらっただけでも私には嬉しい励みになった。

さて明日あう学生時代の友人とはどこで食事をしようか?と楽しみながら
場所探しをしている・・

c0155326_23265516.jpg

by akageno-ann | 2016-12-09 23:28 | エッセ- | Trackback | Comments(0)