アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:エッセ-( 424 )

2010年の幕開けは・・

c0155326_17341257.jpg


我が家の今年の守り神です・・もちろんスリッパ・・
足を守り、暖かさを与えてくれそうな・・この寅ちゃん・・

皆様の幸せを祈りつつ、今年もまたエッセーや小説を書いてまいります。

お暇なときにお立ち寄りください!

かけがえのない日本の片隅より 日本人に生まれたからには日本人として幸せになれるように・・そんな思いを綴りたいと思っています。

間もなく、「コスモスのように・・」の続編 「アンのように」を開始します。

アンの生活に匹敵するようなスローライフを展開していきたいと思っています。

ここ5年間は、突然脳卒中で倒れた仲良しの従妹とのリハビリの生活の中で、自分が知らずに大きなショックを受けて、なんとか明るく笑顔で生きてくるのに、必死でした。

その間に、彼女の一人娘は立派に成人し、社会に飛び立っていけることになり、私の心配も減りました。

今年は二人でもっと前向きに、彼女の失いつつあった左半身に期待を持って、もっと積極的なリハビリをしていくことになりました。

私も自分の趣味の世界をもっと具体的に進めていこう、と心が浮き立ちました。

たくさんのブログの仲間たちの手作りの世界に感動しています。

私もそんな風に手作りの世界の実践をしつつ、小説を描き続けて生きたい、と思っています。

どうぞ、また今年もきままに覗いてくださいね!

皆様にとって2010年が良い年になりますように・・

c0155326_17462310.jpg
 
昨年末に手作りでリフォームした洗面台もannの家のグリーンゲーブルスをイメージして 
そして更に少しバージョンアップして・・
c0155326_1753566.jpg
                                                             ann
by akageno-ann | 2010-01-01 17:42 | エッセ- | Trackback | Comments(9)

映画あれこれ

小説をちょっとお休みして、気ままなエッセーを書かせていただいてます。

今月はいつもブログで仲良くしていただいてる CHILさんのブログ
「かあちゃん あのね」
からこの季節にぴったりのハローウインの絵を紹介させてください。

c0155326_23321890.jpg


久し振りに父と映画を見ました。
昔から映画を一緒によく見ましたが、最近は一緒は珍しい

先日の旅の途中で 

「松たか子の演技がいいらしいよ・・・なんだっけ 太宰の作品・・」

「ヴィヨンの妻でしょ・・」

それじゃあ一緒に見ようじゃないか・・ということで池袋のシネリーブルへ

空いてるなあ・・水曜日レディース1000円の日にも

なんてちょっと興行成績を心配しつつ・・

しかし太宰治を私はあまり好みません・・作品というか生き様というか・・

そしてやはりその通りの作品・・

松たか子の演技は確かに惹きつけます。 広末涼子 浅野忠信の雰囲気は退廃ムードは漂わない・・

これはもっと退廃的な内容ですよね・・

そしてやはり作品内容に私は納得がいかない・・

でも、太宰治の作家魂は魅せつけられます。

不思議な鑑賞後の気分で父とはお茶も飲まずに別れました・・

親子で見る映画ではなかったかも・・あまりに退廃的・・ただヴィヨンの妻的な感覚を父から習ったようにもふと思うのです。

夫を盛りたてる妻になるべく育てられたかも????


その一方で夫に薦められてレンタルで観た 『ただ、君を愛してる

「今 会いに行きます」の市川拓司氏の小説「恋愛寫眞 もうひとつの物語」の映画化

市川さんの恋愛の感性とニューヨークを舞台にした女性カメラマンのとその恋人 友人とのかかわりがメルフェンティックに描かれていて・・私にとっての秀作でした。

お暇があったら是非ご覧になってください。

宮崎あおいさんの魅力に溢れていました。

彼女は篤姫以来好きですが・・良い映画にも出演されているんですね・・

邦画をもっとまめに見ようと思います。

今は 『アマルフィ』が見たいです。

何をするにも良い季節・・夜更けて映画を見るにも良い秋の夜長でした。
by akageno-ann | 2009-10-23 07:53 | エッセ- | Trackback | Comments(19)

秋を探して

小説をちょっとお休みして、気ままなエッセーを書かせていただいてます。

今月はいつもブログで仲良くしていただいてる CHILさんのブログ
「かあちゃん あのね」
からこの季節にぴったりのハローウインの絵を紹介させてください。

c0155326_23321890.jpg


そして愛犬小夏と秋を探して散歩しています。
c0155326_22451141.jpg
c0155326_22453334.jpg
c0155326_22455254.jpg
c0155326_2246945.jpg

c0155326_2248318.jpg
c0155326_22484792.jpg

c0155326_2250137.jpg
c0155326_2250273.jpg

by akageno-ann | 2009-10-20 22:51 | エッセ- | Trackback | Comments(4)

秋・・たけなわ・・

小説をちょっとお休みして、気ままなエッセーを書かせていただいてます。

今日はいつもブログで仲良くしていただいてる CHILさんのブログ
「かあちゃん あのね」
からこの季節にぴったりのハローウインの絵を紹介させてください。

c0155326_23321890.jpg


「ひまわりのような人」でひまわりの絵を描いてくれた 4歳のりょん兄ちゃんのお母さんです。
手作りおもちゃのホームページも持っていらして子育てを一生懸命楽しみながらしていらっしゃいます。

12月には三番目のお子さんが生まれます。
益々忙しい かあちゃんですが・・「かあちゃん、あのね」のブログの更新も毎回楽しみです。

親子と言えば、今日は私の住む街のゴルフクラブで 日本オープンゴルフの最終日を迎えました。

観戦に行ったわけでなく、石川遼くんの白熱の最終ホールをテレビの生中継でみていましたが、石川親子のゴルフを中心とした教育も大変参考にさせてもらってます。

あれだけ注目されると本人も廻りも大変だと思いますが、どんなときも覗かせる謙虚な姿勢がとても好感が持てます。

ゴルフをやるわけではないし、試合もあまりみたことはないのに、今回はにわか仕込みでルールも知り
ほぼ4日間楽しませてもらいました。

そして今日最終日は小田さん、石川さん、今野さんの三人でのプレーオフ・・

魅せてくれました。

なんといっても石川遼くんの17番ホールは圧巻でした・・感動!

秋らしい爽やかな空気の中で良いスポーツなんですね・・

昔インドでちょっとだけゴルフの打ちっぱなしの練習してました。

あそこはボールボーイが本当に少年で・・・ブッシュの中にもボールを捜しに一生懸命入ってくれてたことを思い出しました。

そこには春先だったかしら・・孔雀の子供が一生懸命尾を振って・・羽を広げる練習をしていました。
懐かしい風景を思い出しました。
by akageno-ann | 2009-10-18 23:45 | エッセ- | Trackback | Comments(4)

ゲリラ豪雨

その原因はやはり温暖化なのでしょうか?
昨晩から早朝にかけての雨のすごさ・・我が家は義父の母屋と隣同士ですが、一瞬でずぶぬれになってしまいました。

その日、天候は激しく変わり、とにかく蒸し暑かったのですが、雨に見舞われる直前には涼風がたつのです。
デリーに住んでいたとき、この夏の一瞬の涼風が8ヶ月に及ぶ夏の間 全くなくて 寿命が縮まる思いをしたが、しかし今の日本のこういう涼風はあまり安心なものでもなさそうです。
山口県の被害の大きさも人事と思えません。
一番安全な終の棲家として考えていらした人々が災難に遭われて、言葉を失ってしまいます。

今日は、小夏という雌の柴犬がいるのですが、雨を察知して、絶対に外には出ないのです。

自然に対してとても敏感ですが、彼女は外がもともとあまり好きでないです。

家でまったりしている彼女の夏。

この夏は彼女のそういう気持ちに添って私も生活しています。

c0155326_1756542.jpg


自然災害に遭わないようにどうかこの夏も過ごせますように。

そう祈らずにいられません。
そして書かずにいられませんでした・・・

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2009-07-24 18:01 | エッセ- | Trackback | Comments(13)

皆既日蝕

テレビの映像によってですが、硫黄島 太平洋上でのダイヤモンドリングの様子を初めてライブで見ることができたとき、自分もまた一瞬一瞬を大切に元気に生きたいと思いました。

元気にして暮らしています。

また恋愛小説を書きたくなってきました。

人にはどこかに浪漫を潜めていると思います。

その浪漫をやはり文字にしてみるととても照れてしまうのですが、

でも敢えて文字にしておきたくなりました。

情熱的な恋をしたかもしれないと思うのは錯覚ですが、心は確実に変化し老います。

懐かしむ思いを小説にしたら、もう一度そこで恋ができるのではないか・・と思っています。

思いをかけた人と太平洋上で一緒に皆既日食を見たら、

「もう死んでもいい・・」

と、思うかもしれません。

それはそこですぐ死にたいというのではなくて、寿命を精一杯生きて、悔いなく死んでいけるということです。

c0155326_11494375.jpg


NHKのライブ放送、太平洋上 皆既日食を見る旅の 船上からの映像を接写しました。
このあと見事なダイヤモンドリングでした。

とても感動しました。

この光を自分の心の中に留めていこうと思っています。

では8月1日にお目にかかります。

またどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2009-07-22 11:52 | エッセ- | Trackback | Comments(2)
いつも読んでいただいて本当にありがとうございます。

明日いよいよ病気療養中の義父が退院帰宅します。

これから1か月はしっかり介護していきたいと思います。

何より好きでない、家事を手抜きなく・・??多分ですが

していこうと決心しました。


一ヶ月のお休みをして、またここでブログの再開できる日を

目標にしてまいります。

いよいよとなって、ちょっと様々不安になっておりまして、

お酒を禁酒はできないので、ブログの方を我慢したいと思います。

皆様もお元気でご活躍ください。

何か御用の折は鍵コメをちょうだいしたいと思います。

人生の旅にちょっと出かけます。

またお会いできます日を楽しみにさせてください。

c0155326_18333195.jpg

by akageno-ann | 2009-06-28 18:46 | エッセ- | Trackback | Comments(20)

時代の寵児

マイケルジャクソンにこの言葉をあてはめていいのかはわからないが、
50才になっていた彼の突然の病死は衝撃というしかない。

若いころのはじけるようなリズム感での彼の歌とダンスに私も少なからず魅了されていた。

ものまねのコロッケ氏のマイケルも私は好きだった。

女性ではホイットニーヒューストン・・ 私の好きな彼女の曲で追悼を
アメリカの音楽に本当に憧れた時代!

随分と私の生活の中に彼の音楽と芸術性の影響を受けたものが入り込んでいると感じられる。

マイケルの若い頃のそうジャクソン5時代の曲は特に好きです。

この時代youtubeですぐに聞けるから幸せ・・

今日は日本テレビで彼の日本滞在秘話を放映し、新ためてファンになった。

純粋な青年だったかれがいつの間にか半世紀を生きて、おそらく薬の副作用による突然死

私の叔母はやはり心臓病を長く患っていて、49歳で早逝 
その時も薬の副作用と言われたので、共通項を感じてしまった。

50才という年齢は様々に体の変調があって、大事にしないといけない年代なのかもしれない。

しかし、彼は遺してくれたたくさんの音楽と共に、永遠に私たちの心にあり、彼もまた天上で音楽の神となって幸せに暮らされるのだと、感じる。

心から冥福を祈ります。

c0155326_9412924.jpg

今朝 庭のカサブランカが咲きました
by akageno-ann | 2009-06-28 09:41 | エッセ- | Trackback | Comments(1)

菊池寛

ふと若い頃の暗号を思い出した。
学生時代黒電話だったころ・・時に友人と長話して父親にしかられたことがあった。

電話が長くて切らない私に妹が「菊池寛」と暗号を送ってきた。
父が帰ってきた、電話を切った方がいい・・ということだ・・

菊池寛氏には「父帰る」という、名作があった。

今日ふとその言葉が頭をよぎった・・

心臓病で入院中の義父がそろそろ退院を医師から告げられた・・と嬉しそうだった

予定通りで順調と言う事だった。

「菊池寛」

そう呟きつつ、帰宅した。

今日はご近所の友人ご夫妻が見舞ってくださって、大いに励まされた。

高齢の父はこれからの養生が大切だ。

そしてその衣食住を背負う自分の責任の重さを思ったが

あまり深刻にならず・・いつもどおりに・・と考えることにした。

病院のようにはいかないが・・父が好きなように、今までのように暮らせればいいのだ

大きな手術だったが・・しっかりとした足取りで歩いている・・

しかし、また胃の切除という大きな手術が待っている・・

今の医学・・すごい!

しかしまだまだ不安を拭い去れない・・

とはいえ、今日は今日の状況で・・のんびりとしている・・

来週早々の退院に向けて・・明日は父の部屋に新しいエアコンが入る予定・・

久しぶりに病院には行かず、義父の実の娘に気持ちまで預けることにした。

ほんのちょっと嫁への労わりを話し合ってもらえたら嬉しい・・

菊池寛 「父帰る」

c0155326_23271483.jpg


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
現代小説と、エッセー随筆にエントリーさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

以前の小説をお読みいただけるという声をいただいて・・入り口を設けました。
「アンのように生きる」の小説は・・こちらから
by akageno-ann | 2009-06-25 23:27 | エッセ- | Trackback | Comments(11)

夫婦道 最終回

TBS水曜9時のドラマ 「夫婦道」
この舞台は私の住んでいる入間市のお茶屋さんが舞台です。

その中の一つ中島園さんのお茶工場を拝見させていただきました。
c0155326_7245851.jpg

ブラックリという珍しい花が玄関先で出迎えてくれました。
初めて見た花です。メタリックな雰囲気が豪華です。
c0155326_7251488.jpg

お茶工場は忙しい季節です。その日摘まれたお茶の葉は工場でその日のうちに製茶されます。
ベルトコンベアにのって、同量のお茶が蒸され、急速に冷やされています。
c0155326_72636.jpg

蒸気からはお茶の香りが漂って肺いっぱいに吸い込んでしまいたいような空気が流れています。
この機械は手もみの代わりにお茶を揉みます。その動きをみているとまるで人間がやるのと同じような動きが感じられます。
c0155326_7262232.jpg

その間の行程をご主人はずっと見守っています。最低5時間はかかるというこの日も午前2時までかかるということ。この季節は平均睡眠3,4時間とのことでした。
c0155326_7264388.jpg

今日の最初のお茶が出来上がって落ちてきました。偶然ながら最高の場面に出会えました。
サ~~っという爽やかな音です。香りは見事な茶の香り・・
美味しいお茶の出来上がりです。
大変な作業の中で一番嬉しい時なのですね。
c0155326_7265938.jpg
c0155326_729361.jpg

お茶箱に見事な新茶が詰め込まれます。このお茶は更に選別され袋詰めにされます。
c0155326_729206.jpg

また二番茶以降はペットボトルのお茶に使用されるものもあるようです。

中島園さんありがとうございました。 場所は入間市根岸です。

今日は「夫婦道」最終回も是非ご覧ください。

小夏庵も覗いてくださいね。関連記事がございます。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
現代小説と、エッセー随筆にエントリーさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

以前の小説をお読みいただけるという声をいただいて・・入り口を設けました。
「アンのように生きる」の小説は・・こちらから
by akageno-ann | 2009-06-24 07:47 | エッセ- | Trackback | Comments(10)