ブログトップ | ログイン

アンのように生きる・・・(老育)

第3章 その9

美沙は最近、自分を見失いそうになることがあった。

いつもは前向きに目の前の出来事をひるむことなく、こなそうとする気持ちで行動するのに、ふと何もかもが面倒でこの場所から逃げ出したい、と思うことがあるようになった。

更年期障害があってもおかしくない年齢である。

今までなんでもなくできたことが、短時間にできないことがある。

予定の時間に追われて、仕事が雑になることもあった。

そんなとき理子が

「お母さん、どうしたの?いつものお母さんじゃないよ。」

と、言う。

それがまた哀しくなったりするのだった。

考えてみると夫翔一郎の病気発症から8ヶ月ほどが過ぎ、間もなく自宅に戻るというので

緊張した思いで準備をしているのだ。

それはかつて在外教育施設派遣教員として夫がインドに赴任する直前の二ヶ月間と似ていた。

だが、あのとき美沙は30代の前半だったのだ。

溌剌として若々しく機敏だった。

そして素直で何もかにも吸収したいという思いがたくさんあった。

友人たちは子育てに一生懸命で楽しんでいる時期でもあり、美沙は我が子を授かる夢見る思いも持ちつつ
デリーに向かっていた。

そんなことを思い出し、今50代の半ばになった美沙自身の変化を如実に感じ、少々狼狽するのだった。

その変化はあきらかに老いというものだった。

かつて翔一郎の父が60少し過ぎたときに他界したと聞いたとき、20代だった美沙にはその年齢は遠いものだった。しかし自分もあと数年でその年かと思うとそれは不思議な感覚であった。

人がその年齢であることが自分にとっては年寄りという言葉で言い表せそうもなかった。

それは年をとることが嫌なのではなく、かつてお年寄りと考えていた年代になっても自分はまだまだ頑張っていかねばならない、というある種の焦りに似たようなものがあった。

しかも夫はこのように障害を持ち、支えていかねばならない。

ふと心の底で 「ひたぶるに、うらがなし・・」と

呟いてしまった。

そんな夜は久しぶりに理子の本棚からアンシリーズの1冊を借りて読むことにした。

なんでもいい・・若やぐ言葉を見つけて、その精神に近づきたかった。


つづく


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-27 22:28 | 小説 | Trackback

合いの手・・・愛の手

第3章 その8

「美沙さん、あまり失礼なことを言ってはだめよ。」
そう姑の信子が業者相手に戦うような気持ちでいる美沙の会話に合いの手を入れるように口を挟んだ。

「こちらだって一生懸命考えてくださっているのよ。でも貴方はこれまで一心に翔一郎のことを考えてくれてたんだから、疲れたのだと思うの。まあゆっくりやりましょう。うちも人手はあるし、在宅介護の方も来て下さるし、大丈夫。」

美沙は救われていた。

業者の方もその家族の思いに心を動かされていた。

「いや、お話わかりました。 私たちも決して暴利をむさぼっているのではないのです。
ただ、ついかっこよく仕上げられたら・・とは考えてしまいます。ここは一つできるだけ安価でいい物を創るよう頑張りましょう。」

そう言って、帰って行った。

「お母さん、ありがとうござます。私少し過激でしたね。なんだかすごくイライラしてしまって・・」

美沙は恥ずかしげに信子に言った。

「いいえ、あなたの思っている通りよ。この時代に工務店の方だって少しでも儲けたいもの。
それに面倒なのよね・・こういうことって女には。あなたには本当に感謝しているわ。」

そう言って二人は涙ぐみつつ笑った。

家族は不幸な事を通して幸せを掴むこともあるのだ。

信子の合いの手は 愛の手になった。

つづく
c0155326_2253457.jpg

ブログひげじい~脳梗塞からの軌跡ひげじいさんの作品です。

 「ここに使われる絵や文章の無断転載は固くお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-25 22:50 | 小説 | Trackback | Comments(13)

怒り・・・・

第3章 その7

翔一郎の自宅への退院はあと1ヶ月となった。

具体的になると、それは先ず家の構造を整えなくてはならない。

バリアフリーというのは敷居に段差がない、とか家の壁に手すりがついている、とかいった単純なものと風呂場やトイレ、洗面台の改造という複雑なものが含まれる。

行政の補助を使うこともできるが、申請に審査、工事を請け負う工務店との打ち合わせと、妻の美沙の心を煩わせることが次から次へと重なってきた。

家には翔一郎の母、信子がいるがこういう交渉ごとはいつも翔一郎がやるようになっていたから、頭の切り替えができないようで、美沙が一人で行うことになった。

いくら補助金が出るといっても出費は大きい。

最初の工務店のとの話し合いにやってきた人があまりに様々なことにまでバリアフリーを主張するので、美沙はふとインド時代のインド人との交渉を思い出した。親切な強引さが、似ていたのだ。

始めは言われるままに聞いていたが、話が洗面台の下に敷かれたクッションフロアを張り替える話になったときだった。

「洗面台を低くして新しい障害者用の洗面台をつけます。そのときに下のフロアを剥がしますのでそのクッションフロアと同じものにこの床を変えます。」

そう業者は美沙にずけずけと命令するように話していた。

美沙は静かな微笑を浮かべて、

「その計画はケアマネージャー(リハビリの全ての計画をたてる人)からの指導ですか?」

と、切り替えした。

「そうですよ、この際やっておかないと、患者さんが帰宅されてからすぐに困りますからね。」

と、殆ど意に介してしないようだ。

「しかし、工事費が嵩みますよね。」
美沙は続けた。

業者はまだ自分より若そうな女主人の美沙を全く恐れることはなかった。

「あとでやるのは大変です・・今ならまとめて行政の補助を使えます。」
と、当たり前のように応えた。

美沙は厳しい口調になっていた。

「ここのクッションフロアを全て変える理由はなんですか?」

業者はまるでなんて質問をするんだ・・というように
「だって柄が変わったら可笑しいでしょう・・」

美沙は切り替えして
「可笑しいとも思いませんし、そんなに古いクッションフロアではないのだから品番から同じものが注文できるはずですよ。」
と、厳しい口調になった。

業者は
「それじゃこれをやった工務店に連絡とって品番をちゃんと教えてください。あればそれでやりますよ。」
と、不快さをむき出しにした。

美沙は信子に頼んで茶菓の用意をしてもらい、一旦話し合いに切り替えた。

業者はふてぶてしく出されたコーヒーを口にしたが、信子の淹れたコーヒーの美味しさに一瞬息をのんだように見えた。美沙はそこで話し始めた。

「私が生意気なことを申したかもしれませんが、主人の病気でこれまでに何やかにやと出費が大きかったので、どうしても最小限の改造にしたいのです。夫がこうなった今人を呼ぶわけでもありませんから、フロアの柄など我慢できるところで倹約したいのですよ。」

業者も黙って聞いた。

「しかも、この家庭の中で暮らしながらできることをやっていくわけですから、まだ洗面も一人でできないのに彼の為に障害者用の洗面台にして、育ち盛りの子供が腰をかがめて洗面したり洗髪したりするというのもおかしな話です。洗面は私が支えながら別に洗面台を簡易に作ってする予定です。」

業者は呆れ気味に

「そんな悠長なことではあとで大変ですよ。旧式ですよね。」

美沙は笑って

「私たちインドでしばらく過ごしましたから結構旧式に慣れていて好きなんですよ。
あちらではお手伝いさんがいたので、私はしばらくそのお手伝いさんの気持ちになってやってみたいのです。」

そう心から話した。

業者も真顔になっていた。

つづく

 「ここに使われる絵や文章の無断転載は固くお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-24 17:47 | 小説 | Trackback | Comments(11)

理学療法士

第3章 その6

 翔一郎のリハビリは自宅に帰ることを目標にプログラムが組まれ、先ずは立ち上がる練習を何度も何度も日を置いて行っていた。

理子美沙も、まもなく自分たちが中心になって行う介助を始め不安に思いつつその訓練に付き添っていた。

リハビリ病院では屈強な若者が理学療法士としてついていてくれるので、安心して見ていられたが、自分たちだけで体の大きな翔一郎をきちんと補佐できるのか、など見れば見るほど心配になっていた。

介護に関する仕事にはいろいろなジャンルがあり、理子はスタッフの名札を見ながらその職種を学んでいた。
今、父親翔一郎に一番大きな影響を与えていたのが、作業療法士理学療法士だった。

翔一郎の病状はすでに脳の機能回復については一つの安定を見ていた。

脳梗塞によって失われた機能を少しでも精神的に励まし、あとは機能回復のリハビリによって呼び覚まそうとするもので、時間と根気が必要であった。

作業療法士は、医師の指導のもとに、手工芸、園芸、ゲーム、など本人の好みにしたがって様々な作業を行わせ、患者の意識付け、精神の安定を図ることに力を注いでいる。

また理学療法士は実際に立ったり座ったりから始まって、日常生活の自立を促すための訓練とマッサージを行ってくれていた。

この様々な分野の細分化のお陰で、一つ一つ患者の家族はこれからの家庭での生活状況の中に組み入れることをじっくり考えることができた。

『あまり畏れることはない、』といつもスタッフに励まされ、理子も積極的に父翔一郎の介助を行ってきた。

美沙よりも時には乱暴なほど、『ひょい』と翔一郎を抱えて洗面の手助けができていた。

女の子なのでトイレの介助だけはどうしようか?と美沙は考えたが、この一番自然な生理現象のことこそやらせておかねばならないと思っていた。

つづく

 「ここに使われる絵や文章の無断転載は固くお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-23 14:56 | 小説 | Trackback | Comments(7)

郵便事情

第3章 その5

美沙は平田よう子に手紙と別に日本の和菓子を送った。

在外赴任者は米国やシンガポールなどのように日本の食品が殆ど揃うところでない限り
日本食材をてに入れることが困難であった。

インド時代にその経験をもつ美沙は中米のメキシコという国についてもそれと似たような
状態にあることは予想できた。

おそらく平田夫妻はこの二度目の赴任はインドよりも先進国であると確信しての応募だったに違いない。
インド時代に平田氏は夫に

「必ずや管理職でインドよりも楽に暮らせる国に行こうと思っている、家族のためにも・・・」

と、話したことがあった。

インドでかなり妻や娘のめい子に苦労をさせてしまった、と思い込んでいた平田氏のその言葉は大変意味深いものと翔一郎も美沙も感じていた。

しかし文科省の派遣のための選考試験では

「いずこの地へも参ります」という確約を取られる。

それでも実際は様々なコネクションによってある程度の希望地が望める、と平田は踏んでいたのだ。

「一回目は何も知らず受けたから二回目はなにかつてを使いたい。」
そうあっさりと話していた。

きっと何かのコネクションを求めたはずだろうが、やはり公的な派遣にはそのようなことはなかったのだ、と美沙はよう子を気の毒にも思っていた。

しかし先進国とはいえないその国に彼女は一人娘のめい子を置いて夫について赴任したことは美沙にとっては驚きだった。

しかも校長夫人という責任ある立場での新しい挑戦だったのだ。

美沙は様々に想像しながらよう子が生き生きと活躍する姿を夢に見た。

そこにはなんとも言えない羨望の思いが潜んでいることを美沙本人が感じていた。

そんな想いを持ちながら手紙が先方のメキシコの平田家に無事着くことを願っていた。

日本の和菓子もきっとよう子は喜んでくれるであろうと、吟味して送った。

しかし驚いたことにはアメリカ本土にありながら郵便事情はあまり良くはなかった。

美沙は手紙の投函の後に、一番早く着くというEMSで別便の和菓子を送っていた。

だが、皮肉なことにその菓子は1週間ほどで届いたが、手紙の方はずっとあとになってしまっていた。

つづく
c0155326_14383475.jpg

のどかな日差しを浴びる太平洋の景色
ブログひげじい~脳梗塞からの軌跡ひげじいさんの作品です。

 「ここに使われる絵や文章の無断転載は固くお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-21 20:14 | 小説 | Trackback | Comments(8)

よう子への手紙

第3章 その4

 平田先生
   よう子様

  長い間のご無沙汰をお許しください。
  その後お元気でご活躍のことと拝察いたします。

 メキシコへご出立の後に異動通知をいただいて、お餞別もさしあげないままに年月を過ごしましたことを改めてお詫びいたします。

この度夫翔一郎へのご丁重なるお見舞いをお嬢様のめい子さんを通して頂戴しまして、感謝の気持ちでいっぱいです。

めい子さんの立派な成長されたお姿も拝見できて、本当に嬉しく思っております。
翔一郎は病気発症から半年が過ぎまして、最初に感じられた死への恐怖からは本人も家族も救われております。
今は不自由になった左半身のリハビリを中心にしてリハビリ施設で過ごしています。
ここでの半年を過ぎたところで自宅での療養生活に戻る予定です。

こちらの話ばかりで失礼いたしました。
メキシコ日本人学校の校長先生として赴任され、在外の日本人の子供たち、また現地の子供たちに対してのご努力の様子をめい子さんから伺っています。

デリー時代のご夫妻の経験がここでは管理職として大いに生かしていらっしゃるのだ、と敬意をもって想像しています。

気候はデリーよりもずっと過ごしやすいこと、多くの史跡、世界に有名なメキシカンの民族習慣に触れて吸収し、学校運営に生かしていらっしゃることを伺い、眩しいような思いがしています。

よう子さんはこの度は校長夫人としての責務を持っての日々で、様々なご苦労があると思いますが、私たちへのお見舞いのお気持ちにも深謝いたします。

わざわざめい子さんに託してくださったことで、私たち家族がどれほど力づけていただいたことか、言葉で言い表せないほどです。

主人もとても懐かしがって、それまで忘れていたのか?と思っていましたインド ニューデリーでの暮らしを水の流れるように思い出させていただいたのです。

また娘のまだ中学生の理子がめい子さんを大変慕っております。

先日も音楽会にお誘いいただき愉しい時間を過ごしたようでございます。

このような日々をそのままに図々しくも続けさせていただいておりますので、一言御礼とまた
お許しをいただきたいと思いましてお頼り差し上げました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこまでを一挙に書いて 美沙はペンをおいた。


つづく
c0155326_14383475.jpg

のどかな日差しを浴びる太平洋の景色
ブログひげじい~脳梗塞からの軌跡ひげじいさんの作品です。

 「ここに使われる絵や文章の無断転載は固くお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-20 12:37 | 小説 | Trackback | Comments(9)

音楽会

第3章 その3

美沙理子、そして時折めい子との3人の集いはそれからも続いていた。

めい子は律儀な礼儀正しさを持っていて、それはやはり両親によって授けられたものらしく、日ごろ美沙がご馳走する食事に対するお礼のようであるが、理子をコンサートに誘ったりした。

めい子自身ピアノが堪能らしく、本人によれば、デリー時代に美沙が弾くピアノに大いに刺激を受けた、ということであったが、幼かっためい子を思えば、その後彼女にピアノのレッスンを熱心にさせたのはおそらく母よう子であっただろう、と想像できた。

いずれにしても、子供は親によってよりよい方向に導かれることを、美沙は痛感した。

よう子自身が少し子供っぽい性格であったように思い込んでいた美沙は、今 理子という同じように一人娘を持ったときに、自分こそ、彼女の本当の苦悩を理解していなかったのだ、と思われた。

人とのかかわりで大切なのは、似たような人々との関わりよりも、全く違ったものを持つ人々との関わりの中から新しい感覚を得ることが多いことであった。

夫の翔一郎が脳梗塞と言う病を得てからも、余計に新しい人々との関係が増えて、始めは戸惑いと不必要なほどの悲しみを喚起させられることもあったのだが、次第に落ち着きを取り戻し、その人々からの大きな支援を素直に受けられるようになっていったことも感じていた。

そんな折のめい子の出現は、インドニューデリー時代に少しひとりよがりになっていた美沙の感覚に新しい空気を入れてもらえたようで、人生の一つ一つのできごとは運命だと思って受け入れていく方が感覚が豊かになっていく、と感じられて、ふと幸せになった。

最近全く行かなくなっていた、コンサート・・・
めい子がチケットを持って来てくれたのはチャリティコンサートでピアノや声楽を織り込んだ国内の人気オーケストラのファミリーコンサートで東京オペラシティの武満徹メモリアルホールでのものだった。

気持ちも高揚させて、そのコンサートが素晴らしかったと、帰宅した理子はめい子をすっかり姉のように慕っていた。携帯電話のメールアドレスも交換していて、二人は愉しくメール交換をしていたのだ。

このようなことをめい子の母 平田よう子はどう思っているのか、美沙はメキシコに住む平田家に夫への見舞いの礼状を出すことにしていた。

つづく

c0155326_8215957.jpg

ブログひげじい~脳梗塞からの軌跡ひげじいさんの作品です。

 「ここに使われる絵や文章の無断転載は固くお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-19 07:41 | 小説 | Trackback | Comments(5)

いつも「アンのように生きる」をお読みいただきありがとうございます。

小説をこのブログに書き始めて1年2ヶ月になりますが、その間に様々な感想をお寄せいただいてます。

今日はその中で、偶然に、というか・・知らずこちらをヒントにしたようなブログの絵をご紹介させていただきます。

脳梗塞という病気は時々不幸にも唐突にやってまいります。

私の場合は従妹がまったく突然に倒れる・・という状況から訪れました。

その娘もまだ幼さもあって、本当に皆で途方にくれました。

しかしその発症から数年を経た今、常に娘の存在が病人の励みになっていたことを
思います。

その娘の存在をとても感じさせてもらえる作品があります。

c0155326_8215957.jpg

ブログひげじい~脳梗塞からの軌跡ひげじいさんの作品です。
お嬢さんがブログ更新されています。

このブログで絵と向き合っているうちに、人間はどんなときも成長するということを
感じさせてもらいました。

その成長には家族の力が大切です。
家族は親族のどの人でもいい、そばにいてあげられる人が無理のないように長く・・
そしてその人も知らず成長していける、ということを感じています。

そんなメッセージを込めてまた書き続けていきます。

どうぞお読みいただけますように。

いつも暖かい支援に感謝して、これからも続けさせていただきます。

昨日テレビ東京で 「グッドナイトムーン」という、ジュリア ロバーツ・スーザン サランドン主演の映画を見ました。

一人の男性の元妻の癌に寄る闘病生活の最後を現在の妻が一つの家族を織り成すように支えていくのだが、映画だからと軽く感じられない、深い思いが心に残りました。

その思いがずっと残っているままに今日はこのエッセーを書かせていただきました。

お読みいただいてありがとうございます。

つづく

 「ここに使われる絵の無断転載は固くお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-18 08:40 | 番外編 | Trackback | Comments(12)

懐かしい思い出

第3章 その2

美沙はデリーで生活していた頃を波が寄せるように思い出していた。

理子はデリーを全く知らずに生まれてきたので、その養育に打ち込んでいたせいもあるが会えて、彼女にデリーのことを知らせる機会がこれまではなかった。

だが翔一郎を見舞う平田よう子夫妻の娘めい子の出現によって、インドのデリーの暮らしを少しずつ話すようになっていたのだ。

その夜はまためい子を囲んで三人で気楽なファミリーレストランで食事をしながらデリー時代の話になっていた。

「美沙おばさんは本当に優しくて私を心から可愛がってくださったのを、よく覚えています。
おじさんは私のことを絵に描いてくださいましたよね。今でも小さな額にいれて部屋に飾ってます。」

「めい子ちゃんは本当にあんなに幼かったのにデリーのこと覚えているのね。
インドはやはり強烈な印象なのかしら。」

理子は二人の話を興味深く聞いていた。

その夜はメキシカン料理フェアをやっているこの店で、平田夫妻が今派遣されて、頑張っているメキシコにも思いを馳せた。
トルティーヤというインドのチャパティにも似たものに、アボカドのディップと野菜を巻いて、少し辛目のソースをつけて食べるのであるが、辛いものが好きな理子は初めての味にも臆せず、喜んで食べていた。

食が合うと、この3人は話も食も弾んで傍目からも実に愉しそうな親子の食卓のようにになっていた。

めい子は心をすっかり開いている。

「美沙おばさん、母とは喧嘩をしたのですか?」

唐突のようだが、めい子はこのことは一番聞きたいことであった。

20年たった今、たとえ喧嘩をしていたとしても、それは時効になっている、と美沙はは心が軽かった。

「喧嘩はしていないわよ・・本当よ。でも最初にとても仲がよかったので、最後のほうは心が離れていることはあの時の周囲の人にもわかったようだったの。私はそれが残念だったわ・・」

「母は、美沙さんが羨ましかったんだわ。子供がいなくて自由だって・・いつも言ってたから・・
でも、それって私を邪魔にしてるってことだもの。すごく寂しかったです。」

美沙はそういうめい子に驚いて

「めい子ちゃん、それは違うわよ。今とても思い出すのは デリーに赴任する時の飛行機で、まだだっこされていた貴方をしっかりと抱きしめて、様々な不安にかられていらした姿よ。」

めい子は『え?』と耳を傾けてきた。

「多分あなたのご両親はインドでの生活の中で、めい子ちゃんが病気になったり怪我をしたり
インドの人を怖がらないかなど・・それはたくさんの心配をされていたと思うの。現に日本からの荷物の半分以上があなたのためのものだったのよ。」

理子は母の言葉を静かにかみしめるように聞いていた。

「母は私といつも父を取り合うようにしていたんですよ。」

めい子はこれは言っておきたいとばかりに話した。

「そんなこともあったわね。お父さんの平田先生はご自分の意志で在外のしかもインドの日本人学校に派遣されることになって、連れて行くあなたたちに不自由な思いをさせられない、とそれは責任感強くお持ちでした。」

美沙は自分で話しながら自分の思いをここでまた整理しているようであった。

つづく

 「小説及び使われる絵や写真の無断転載はお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-16 22:10 | 小説 | Trackback | Comments(12)

子供のもつエネルギー

第3章 その1

平田めい子は二週間とあけずに翔一郎の病院に顔を出すようになった。

必ず事前に美沙に電話を入れて時間を合わせてリハビリ病院にやってきた。

その都度に小さな花籠だったり、お菓子だったり・・と見舞いの品を携えて。

「あまり気遣いをしてはいけないわ。大事なおこづかいでしょう?」

美沙は喜びながらもそう辞退したが、めい子はちゃっかりと

「でもいつもご一緒にお食事ご馳走になってしまう私ですよ・・」

と舌をだした。

理子も一人っ子なのでめい子の存在は次第にうれしいものになっていたのだ。

無理のない形で一緒に食事やお茶をして3人の会話は打ち解けていった。

「お母さんたちはお元気なの?」

美沙はメキシコの日本人学校で校長として赴任している、めい子の両親平田夫妻について聞いてみたかった。

デリーでは親しくしていたにも関わらず、美沙自身に子供がいなかったせいか、平田よう子は次第に美沙から離れていた。

美沙がそれなりに輝いていた時代で、同年代のよう子は美沙の思っていた以上に嫉妬心があった。

今になってみると美沙はそのよう子の素直さが懐かしく思い出される。

当時幼かっためい子がそのときのままに自分を慕ってくれていることに、母としてのよう子の複雑な思いもわかるようになったのは、やはり娘理子の存在だった。

家庭内で姑信子との間にたって、それなりにそれぞれに自然に甘えて可愛がられる理子をみていると、子供の持つエネルギーの大きさを感じずにはいられない。

子供を型にはめることなく誰にも愛されるように育てておくことの重要性も今あらためて感じていた。

つづく

 「小説及び使われる絵や写真の無断転載はお断りいたします。
    よろしくお願いします。」

小夏庵ものぞいてくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
by akageno-ann | 2009-02-15 08:05 | 小説 | Trackback | Comments(8)