<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ゲリラ豪雨

その原因はやはり温暖化なのでしょうか?
昨晩から早朝にかけての雨のすごさ・・我が家は義父の母屋と隣同士ですが、一瞬でずぶぬれになってしまいました。

その日、天候は激しく変わり、とにかく蒸し暑かったのですが、雨に見舞われる直前には涼風がたつのです。
デリーに住んでいたとき、この夏の一瞬の涼風が8ヶ月に及ぶ夏の間 全くなくて 寿命が縮まる思いをしたが、しかし今の日本のこういう涼風はあまり安心なものでもなさそうです。
山口県の被害の大きさも人事と思えません。
一番安全な終の棲家として考えていらした人々が災難に遭われて、言葉を失ってしまいます。

今日は、小夏という雌の柴犬がいるのですが、雨を察知して、絶対に外には出ないのです。

自然に対してとても敏感ですが、彼女は外がもともとあまり好きでないです。

家でまったりしている彼女の夏。

この夏は彼女のそういう気持ちに添って私も生活しています。

c0155326_1756542.jpg


自然災害に遭わないようにどうかこの夏も過ごせますように。

そう祈らずにいられません。
そして書かずにいられませんでした・・・

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2009-07-24 18:01 | エッセ- | Trackback | Comments(13)

皆既日蝕

テレビの映像によってですが、硫黄島 太平洋上でのダイヤモンドリングの様子を初めてライブで見ることができたとき、自分もまた一瞬一瞬を大切に元気に生きたいと思いました。

元気にして暮らしています。

また恋愛小説を書きたくなってきました。

人にはどこかに浪漫を潜めていると思います。

その浪漫をやはり文字にしてみるととても照れてしまうのですが、

でも敢えて文字にしておきたくなりました。

情熱的な恋をしたかもしれないと思うのは錯覚ですが、心は確実に変化し老います。

懐かしむ思いを小説にしたら、もう一度そこで恋ができるのではないか・・と思っています。

思いをかけた人と太平洋上で一緒に皆既日食を見たら、

「もう死んでもいい・・」

と、思うかもしれません。

それはそこですぐ死にたいというのではなくて、寿命を精一杯生きて、悔いなく死んでいけるということです。

c0155326_11494375.jpg


NHKのライブ放送、太平洋上 皆既日食を見る旅の 船上からの映像を接写しました。
このあと見事なダイヤモンドリングでした。

とても感動しました。

この光を自分の心の中に留めていこうと思っています。

では8月1日にお目にかかります。

またどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2009-07-22 11:52 | エッセ- | Trackback | Comments(2)

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。


by ann