<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

その10  かけがえのない父

紘一郎は 医師に深々と挨拶をしてその夜 病院に父を残して一旦家に戻った。

長男の優は その父を見て、親子の情愛を言葉にはできない思いで見つめていた。

そして黙ってハンドルを握り、紘一郎と恵子の二人を安全に家まで連れ帰った。

この夜、初めて優は両親を大切にしたいという思いを新たにした。

この二人の親からことさらに、親孝行ということを教えられたことはなかった。

しかし、父紘一郎は 祖父正一郎に対して自然な形で大切にしていたのだと知った。

両親は結婚の始めから親との同居を決めていたという。

そのことを 長男として当然だと考える親戚もあれば、姉妹からは家賃の節約ね、と揶揄されたり、恐らくは母恵子は特に辛い思いをしたのではなかろうか・・

だが、今夜こうして祖父の命が助かったときに、自分たち家族が共に同じ屋根の下にいたことを、心からよかった、と思えた。

自分の結婚を決めた人と、これからの人生設計をもっと話し合っておかねばならないとも思った夜だった。

家に着くと、さっそく恵子は3人分のミルクティを入れて、カステラを添えて出してくれた。

そこに妹の沙耶が入ってきて

「大丈夫?おじいちゃん・・お風呂沸かしてあるわよ」

と、健気に話した。

「ありがとう。早速お父さんに入っていただきましょうね。」

そう恵子が言うと、紘一郎は

「いや、優 明日はまた君は会社だ、先に入ってすぐに寝なさい。今夜はありがとう。」

そのありがとうの言葉がその部屋の空気を浄化するようであった。

一人の老いた男が今病院で命を貯え、最後までしっかりと生きようとする姿が浮かび、家族がここで心を一つにして支えていこうと、決して言葉にはしないが一人ひとりが思うのであった。

c0155326_23342186.jpg


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-31 23:34 | 小説 | Trackback | Comments(2)
小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのようにその9 バイパス手術

医師は大急ぎで待っている正一郎の家族のもとへ戻ってきた。

「大丈夫完全に血管は詰まっていませんから、投薬で今日は持ち直します。」

紘一郎たちはその場に崩れんばかりにほっとしていた。

このまま父を逝かせてしまってはならない、と強く思う長男としての思いだった。

「しかし・・」と医師は続けた。

「このままではまたいつこのような発作が起こるかもしれません。

これはご本人がしっかりされてから一緒にお考え頂きたいのですが、心臓のバイパス手術をお奨めします。」

「バイパス手術は以前父が検診を受けたときに言われて断ったことがありますが・・」

紘一郎は20年も前に一度検診で父が梗塞を起こす畏れのある血管であることを言われて随分と落ち込んでいたことがあったと思い出した。

「いつ頃ですか?」と その医師は聞いた。

「もう20年も前のことだったとおもいますが、忘れていました。」

紘一郎は恵子と顔を見あわせた。

あの頃は気丈なこの正一郎が 手術などしなくともいい、と言い張って断ったのだった。

「そうですね、その頃と今では手術の技術が全く違い、かなりの進化を遂げています。
ですから高齢であるから、というようなことは心配なく、御父様の場合、かなりいい結果を出せると思います。」と 医師は続けた。

しかしその夜はそこまでで話をやめていた。

「しばらく入院ということになります。今日はこのままお帰りになって大丈夫ですよ。」

久し振りに病院に入ってみると、その対応がかなり変わっていて、こちらの心が癒されているのを感じた。

時間は既に夜半の11時をまわっていた。

「先生こそ大変お疲れだと思います。助けていただいて本当にありがとうございます。」

恵子はその場で初めて言葉を発した。

「いえ、我々は当直ですから、ご心配なく。ただ御父様助かって本当によかった。早い決断でこちらに運ばれたことが、良かったですね。」

医師のその言葉に恵子はその20年前の病院の横柄な態度をふと思い出し、この時代の流れの中での良い方向への進化に感謝していた。

恐らく舅正一郎は再び家に帰れるだろうと、自分の一年前の病気を思い出していた。

つづく

c0155326_18154910.jpg

絵は「ひげじい脳梗塞からの軌跡」より拝借しています。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-28 18:14 | 小説 | Trackback | Comments(2)

その8 要因

小説を書いています

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その8 要因

カテーテル検査を待っている間に 紘一郎と恵子の夫婦は 父正一郎の思いを想像していた。

「親父は J航空会社の会社倒産の新聞を読んだのだな。」

恵子はびっくりして、夫の顔をまじまじと見た。
長男優は 父親の言っている真意が測れなかった。

「もともと心臓が弱っていたのに、あの誇り高い親父は自信のあったJ社の上場廃止の記事を見て、大きなショックを受けたんだ。」

恵子は初めてことの真意がわかったようだった。

「まあ、それで最近は特に口数が少なくいらしたのね・・気の毒にお一人で悩んでいらしたんだわ。」

紘一郎は悔いた。

「黙っていればよかったのに、俺はお節介にも親父にJ社の株を売るように奨めてたのだが、そのままにしてあったんだろう、息子に自分の財産についてとやかくなんていわれたくなっかのだろうね。それが一瞬でパーになったんだ・・心臓にくるよな・・」

恵子と優も 内容が理解できたので、益々正一郎の悔しさが慮られた。

恵子はふと子どもの頃に読んだ 「赤毛のアン」の育ての親でアンが大好きだったマシューの死のきっかけを思い出した。

マシューも心筋梗塞だったのだ。しかも妹マリラに注意を促されていた、地域銀行の破綻の新聞を握り締めてのことだった。

どの時代もそういう哀しい事実がある。

しかしそれを読んだ恵子は大人になるまで銀行や証券会社 などの破綻が日本にも起こりうることを知らなかった。

舅の正一郎は経済観念に長けていた人で、家族の中でそのことが家長たる一つの大きな礎になっていた。

その自信が崩れるような事件となって、J社の持ち株が紙切れになってしまったことへの哀しみがこの病因になっていたのかもしれなかった。

つづく

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-26 21:10 | 小説 | Trackback | Comments(4)

その7 カテーテル検査

小説を書いています。

「かけがえのない日本の片隅から」

第1、2章はこちらから→「ひまわりのような人」・・「コスモスのように
アンのように その7  カテーテル検査

その病院は救急車でいけば20分ほどでつける距離であった。

紘一郎は 正一郎の唇の色の悪さが気になったが、酸素吸入によって安定している様子を感じられた。

何より 自分の父が80を越える高齢でも 命を落とすような気は全くしなかったのだ。

「おやじ・・大丈夫か?」

何度かお追従のようにその言葉を出したが、ふとこういうとき 恵子だったら

『お父さん・・しっかりなさってください。お父さん』

などと気のきいた言葉を自然に発するであろうと思った。

男というのは意外に冷静なのか? それとも他人事なのか?

救急隊員は大変親切でまた機敏で、その様子にも紘一郎は安堵していた。

病院の方は 救命救急の入り口に看護士たちが待ち受けていてくれて、そこから
ストレッチャーで診察室にすぐさま運び入れてくれた。

その間にも血圧と脈拍を知らせていたが、その数字をまともに聞くことはできなかった。

さすがに病院の様子には圧倒されていた。

「すぐにカテーテル検査をしますので、息子さんですね・・
同意書にサインをお願いします。」

若いがしっかりとした医師が 簡単にカテーテルという血管造影の検査について説明し、万が一の場合を覚悟しなければならないというような承諾書を取られた。

不安はよぎってもこれは致し方ないことだった。

そのサインをしようとするときに、優と 恵子が到着した。

「あなた、お待たせしました。お父さんは?」

真剣なまなざしでそこに駆けつける二人に心からの救援を感じた。

事情を簡単にはなして、あとはその医師に頼るしか道はなかった。

だからこういうときの担ぎこまれる病院がどういう病院であるか・・は大切なことだった。

大学病院であったことは、おそらくこの場合最善のことなのだ、と信じていた。

カテーテルの検査はおよそ30分かかるという、それによって父正一郎は命を落とすこともあるのだった。

つづく

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-25 20:10 | 小説 | Trackback | Comments(2)

その6 救命

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から
第1、2章はこちらから→「ひまわりのような人」・・「コスモスのように

アンのように その6 救命

救急隊員の処置はまことに親切で機敏だった。

幸い家族も大勢いて温めていたということが幸いして、正一郎の命は助かっていた。

隊員は先ず 大きな声で父を呼んでいた。

「堀田さん、堀田さん。わかりますか?」

「・・・・・」

無言ながら患者には何かを応えようとする様子が伺えた。

「心筋梗塞の疑いがあります。どちらかかかりつけの病院はありますか?」

隊員に聞かれて、即座に答えたのは嫁の恵子だった。

「かかりつけは近くの Tクリニックですが、そちらから一度 K大付属病院を紹介されて罹ったことがあります。」

「そうですか?あそこなら救急としてとってもらえるでしょう。」

そういうと早速 救急車にいる隊員に連絡を取らせた。

その間に病歴や名前 生年月日など聞かれて、正直鬱陶しくで 一刻も早く運んで欲しいと思うのに、病院の受け入れが決まらないとなかなかそうも行かず、酸素吸入や胸のマッサージを一通り行っていた。

幸い正一郎の様子は安定しているように思えた。

「受け入れOKが出ました。」

隊員からのGOサインで、担架に乗せられた正一郎は 二人の隊員によって、救急車に運ばれた。

隣人が3人ほど出てきてくれていて、静かに様子を見守ってくれている。

このあたりの近所付き合いは比較的上手くいっているので、何かあればすぐに手伝ってくれるようであった。

「お一人一緒に救急車に乗ってください。お帰りは遅れませんのでお車があるようですからあとからいらしていただける方がいいですよ。」

そうテキパキと伝えてくれた。

救急車には紘一郎が乗り込み、長男の優が 一足遅れで恵子を乗せて病院に向かうことになった。

「では 受診券と保険証をお持ちください。ご本人は落ち着かれましたのできっと助かると思いますが、こちらは急ぎます。」

そう言って 暗い夜の中を サイレンを鳴らして走りだした。

恵子はご近所の方たちに

「ありがとうございます。お騒がせしてすみません。」

「お大事に・・」の言葉だけ残してその人々も家に入った。

家に急いで 入って 恵子は 舅正一郎の今に入り、彼のバッグを探した。

老齢でもしっかりと片づけをしているので、そのいつものバッグは壁にかけられ、その中に受診用の一式が見つかった。

「 さすがだわ 」と 恵子は心で呟いて 自分のバッグに入れ、既に車を用意してくれている優の運転で家を出た。

こういうときに子どもたちは大変役にたってくれる、と留守番の沙耶と貴に家のことをよくよく頼んだ。

つづく

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-24 14:36 | 小説 | Trackback | Comments(10)
小説を書いています。

かけがいえのない日本の片隅から

第1、2章はこちらから→「ひまわりのような人」・・「コスモスのように
アンのように 終焉の前にアンのように その5 心臓発作


その夜8時を過ぎて 夕食が終わったが、夕食時も殆ど 正一郎は無口だった。

かといって、日ごろからさほどイニシアチブをとるような会話をしていないので、家族はだれもその異変にすぐには気づかなかった。

だが、恵子は食器を洗いながら、食べ残しの多い正一郎の皿を見て、ふと気になり、居間の方を振り向いたが、そこに舅の姿はなかった。

湯飲み茶碗もそのままだったので、舅の自室に届けながら様子をみようとしたときに、その居間の方向でばたんと何かが落ちたような音がした。

夫の紘一郎も少しおどろいて腰を浮かせた。

ほぼそれと同時に 「おじいちゃん」と叫ぶ声が聞こえた。

「お父さんおじいちゃんが倒れちゃった」

叫んでいたのは娘の沙耶だった。

かろうじて 正一郎の頭を支えて 廊下にうずくまるような姿でいたのだった。

紘一郎はすぐさまクッションを持ち、その上に父親の頭を静かに置いて

「救急車を呼びなさい」と 冷静に言葉を発した。

「おじいちゃん、生きてるの?」

恐る恐る聞く沙耶に

「大丈夫息をしている。だが安静にしなくてはならない。まだ頭なのか心臓なのかわからないんだよ。」

とその言葉だけはとても不安を隠しきれるものではなかった。

ばたばたと家族中がその辺を右往左往するが、胸元を開いて呼吸が楽になるようにして毛布で体を覆って冷やさないように紘一郎の体がその病人の体を覆うようにしていた。

心臓の音と呼吸の音を確かめるようにして。

闇の中に サイレンと 赤色灯の回る様子が近づいてくるのを長男の優が家のある住宅地の角で待ち受けていた。

おそらくそこまでに時間は15分とはかかっていなかったのだが、堀田家の一人ひとりにはまるで1時間も待っているような錯覚に陥って 心は焦りを隠せなかった。

つづく

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-22 15:15 | 小説 | Trackback | Comments(2)
小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

第1、2章はこちらから→「ひまわりのような人」・・「コスモスのように
アンのように4 終焉の前に

人間の生への執着はまことに個人差がある・・・

そのことを恵子は自分の重篤な病の床で知った。

同じ病棟で親しく話をするようになった白井という女性がいたが、子宮癌から癌の進行が止まらずに入退院を繰り返していた患者だった。

上品で物静かだが、病棟に医師や看護士とは殆どの人と知り合いで、馴れ馴れしくはないが、こころやすく話をしているところが見てとれた。

恵子はどんな病院でも、退院の際には何かしらお礼の気持ちを表したいと思っていたが、あまり派手なこともしたくないのでその白井に尋ねてみた。

そういうこちらの真面目な内容についてきちんと応えてくれる人だとわかったからだ。

彼女は大仰なことでなければ 例えば手紙と品物など心から気持ちは大抵の場合受け取ってくれるのではないか・・と あっさりと応えてくれた。

その白井本人はおそらく見えないところでそういう気持ちを表していると感じた。

もう2年にわたる入退院を含めた闘病生活の中で 医師と看護士たちが常に温かい心の通った言葉かけをしてくれることが、どんなに病気と闘っていける糧になるかを教えてくれた。

長く孤独な戦いなのだ。

舅正一郎の中にどれほどの生への執着があるのか?と

恵子はふと考えた。

かつて一度 胃潰瘍で入院加療した時はその気持ちがひしひしと伝わって、そのことがどれほど病気からの回復を早めたかを恵子は知っている。

それに比べて、最近の正一郎は 先に進み 自分の人生を畳もうとしているように見えてきた。

つづく

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-21 18:37 | 小説 | Trackback | Comments(2)

アンのように 3 

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から
第1、2章はこちらから→「ひまわりのような人」・・「コスモスのように

アンのように 3  哀しみの中に

正一郎は孤独の中にいた。

妻に先立たれてからも 長男の家族は増え、孫も共に住んでいる今の家に、自分の過去を本当に理解するものはいないのだ、と心寂しく感じていた。

自分の歩んできた人生を少しでも感動して讃えてくれるものに出会いたかった。

妻の墓参が増えたのは ふと心の内を彼女に話たかったのだ。

J航空社が破綻するなど、だれが想像しただろう。

おそらくはその会社の人々とて 信じられないことだと思う。

人間はどこかで安穏としてしまい、今ある幸せに気づかず、そこに胡坐をかくようなことがあると、必ずやそのしっぺ返しに遭う事になる、とは大きな戦争や災害に遭遇しながらもここまで生きながらえた自分に何か運のよさと、地道な努力が実ったのだという自負がない交ぜになって心に押し寄せるこの頃だった。

だが、そんなことを理解するような静かな会話をできる友人も少しずつ減ってきている。

少しまた無口になっている 舅正一郎を 嫁としての恵子はほんの少し彼の体調の心配を始めていた。

年もいつの間にか80歳を越えて老いはしずかに確実に忍びよってきていた。

つづく

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-20 17:51 | 小説 | Trackback | Comments(2)
小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から 

第1、2章はこちらから→「ひまわりのような人」・・「コスモスのように

第3章 アンのように その2

堀田恵子の 舅 正一郎は妻を亡くして23回忌を迎えようとしていた。

最近になってしげく墓参をするので 息子である堀田紘一郎は

「なんだよ、父さん そんなに墓参りしてると母さんが呼びにくるからやめた方がいいよ。」

などと真剣に心配しているようだった。

恵子は

「そんな風にお父さんを冷やかしてはだめよ。」 と 夫を嗜めていたが、当の本人はあまり気にしているようでもなかった。

三田紀子がいた時の方がなぜか活気があったように思えるのは恵子の僻みか?とも思ったが
実際、この頃の正一郎は年をとった。

日々読書やテレビでクイズ番組を見ることが好きで、孫たちが一緒だとその知識の深さに感心されるのを喜ぶ素直な面が見えたりもした。

日中はラジオを良く聞き、経済ニュースでは株価の変動にも気をつけていたようだ。

ここのところ 注目されているのは 日本の翼であったJ社がどうやら破綻するようだ、というニュースで、正一郎は大きく心を揺さぶられていたのだ。

息子紘一郎に 

「お父さん、J社の株は早く手放しておかないといけませんよ。どうも会社更生法の処置をとられるようですよ。」

など示唆されても

「いや、あの日本の翼がそんなことには絶対にならないし、そうあってはいけないのだよ。父さんは出張の度にあの飛行機に癒されていたのだよ。」

と、言う言葉が返ってきていた。

正一郎は小さな商社でアジア圏の国々を飛び回っていた時代があった。

かなり地理的に奥地に入ったりして、様々な取り引きを行ってきたという自負があった。

第二次大戦では終戦間際に派兵されて そのままシベリア抑留を短期間ではあったが余儀なくされたという経験の持ち主で、あまり威張ったりはしなかったが、不屈の精神を持ち続けていることを恵子もしっかりと感じていた。

その父が戦後友人が起こした会社に入社してその片腕になって、外回りをした時の唯一の楽しみが航空機での移動だったという。

当時の飛行機はまことに贅沢な特別な乗り物だったのだ。

どんな僻地からでも とにかく タイやシンガポールという中継地に戻り、そこからは日本の飛行機で帰れるという喜びを糧にしていたのだ。

つづく

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-01-19 19:39 | 小説 | Trackback | Comments(2)

アンのように その1


小説を書いています。

「かけがえのない日本の片隅から」

アンのように その1

その冬はことさらに寒い冬になった。

関東といえども雪が暮れのうちから三度も降っている。

堀田恵子は一人で家事をこなすようになって半年が過ぎ、体はほぼ完全に復活していた。

とはいえ、闘病中に落ちた体重はなかなか元には戻らず、食欲も出てきたとはいえ、身につかないようであった。

主婦というのは自分の食べたいものだけを作れば良いというわけにはいかず、料理が比較的好きな恵子にも病後はさすがに家事の中でしんどさがあったようだ。

舅は恵子との暮らしが戻ったことを喜んではいたが、家政婦の三田紀子がいた頃のような、給料を払って雇うという状況もなかなか良いものだとも感じていた。

嫁である恵子を舅はそれまでは 何もかも当然・・のような顔をして家事や身の回りのことをさせてきたが、三田紀子がその家を辞してからは 少なからず無口になり、自分のことをかなり自分でやることができるようになっていた。

それを一つの潮として、恵子はあまりに気を遣っていた頃の自分を改めて、人の心に委ねることを覚えたのだった。

そうしてそのような静かな時間が過ぎようとしていた。

だが、日本の経済情勢はその時期、かなり深刻な不況に陥り、年金で優雅に暮らせるはずの舅の暮らしにも哀しい事態が偲び寄ってきているのがわかった。

つづく

c0155326_23133790.jpg

by akageno-ann | 2010-01-18 23:13 | 小説 | Trackback | Comments(2)

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。


by ann