ブログトップ | ログイン

アンのように生きる・・・(老育)

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように  その17 見舞いの客

病人を持っていると様々な見舞いの言葉や訪問を受けるが、その見舞いの言葉に励まされたり、時には傷つくこともあったりするようである。

正一郎は病気見舞いを大変喜ぶ。

特に自分の兄弟姉妹を始めとする肉親との会話を心から楽しむ姿が 恵子が嫁いでからよくみられた。

妻に先立たれ、心を打ち割って話す相手はやはり兄弟姉妹であろう。

4人兄弟の次男で芋妹が一人あった。

その子どもたち、つまり正一郎の甥 姪も 伯父としての正一郎を慕っていた。

この関係は恵子にはほほえましく、また羨ましいものだった。

間もなく手術というある日、妹とその娘の二人で入院中の病床を見舞ってくれた。

偶然同じ時間に病室を訪れた恵子がカーテン越しに声をかけようとすると、和やかな談笑の声が聞こえた。

一瞬ためらいはしたが、その妹親子には親しみを感じていたので、そのまま入室した。

正一郎はいきなり不機嫌な声で言った。

「今日は来ないのかと、思ったよ。克子たちは早くからきてくれたんだ。」

克子の娘は素直な優しい大学生だった。

「伯父さん元気そうで 安心してたところよ。」

と、あっさり恵子の側にたってくれたので、その場は和やかな空気に変わった。

恵子も明るく

「克子叔母様、わざわざお越しくださってありがとうございます。まだお時間ありますか?」

「ええ、今日はゆっくりできます。恵子さんいつも兄のお世話をありがとうございます。」

克子は丁寧に頭を下げた。

それを見ながら少しばつの悪そうな顔をして

「帰りに何か美味しいものを食べて行きなさい。」

と、正一郎はすすめていた。

その空気に恵子はほっとする思いがあった。

つづく
c0155326_223992.jpg


絵は「ひげじい脳梗塞からの軌跡」より拝借しています。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく。
by akageno-ann | 2010-02-25 11:54 | 小説 | Trackback | Comments(4)

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その16

静かな夕暮れ時はあたりの風景にオレンジ色のフィルターをかけられたようで、恵子の一番好きな時間だった。

日々の生活の中にも大きな起伏があって家族が多いほどその内容も様々にあり、その中心になって動くのは主婦なのだと、実感するのだった。

舅の正一郎の心臓の手術はそのまま行われることになり、検査のために先ず一週間の入院が必要ということになった。

大手術を行うのであるから、先ず余病の検査、更に詳しい心臓と血管の検査が行われた。

一々と本人と家族への説明があって、その都度に承諾書をとる方式にいささか長男の紘一郎はうんざりするような思いを重ねながらも、長男としての責任を果たすべく従わざるを得なかった。

恵子はこのひと時を大切にしていた。

まだ舅は何事もなく元気に過ごしている。
病の宣告を受けていても病院で静かな日々を過ごせている。

そのことで大きな平安を心に感じていた。
取り越し苦労をせずに、今そのときを大切に生きる。

その大切さを共にいる人々とも共有する。

舅のことは最後の日まで丁寧に世話をしよう。

そのことがきっと自分の納得のいく人生の形成につながるのだ、と感じていた。

子どもたちの教育も終盤にさしかっているが、まだまだこれからの自分たち親の姿はしっかりと見せてやらねばならない、と考えていた。

つづく
by akageno-ann | 2010-02-20 22:32 | 小説 | Trackback | Comments(5)

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その15 囚われてはいけない

紘一郎 恵子の長男 優は 結婚を約束した女性がいた。
長谷田美津子は最近様々な家庭内の事情に変化のある堀田家を知って、少しでも何かの役に立ちたいと切に願ってるような女性だった。

恵子はもちろん彼女のことをよく承知していて、いつまでも待たせていてはいけないと考えてもいた。

「優、美津子さんはその後どうしていらっしゃるの?」

恵子は舅の入院している病院から優の車で二人での帰途 さりげなく聞いていた。

「彼女はどんなときも僕に協力的なんだ。」

優は運転しながら表情は変えずに応えた。

「貴方ももう26歳よね。自分の家庭を持つのに不安がなければ、そろそろ結婚のことを決めないといけないわね。私の病気でも随分心配かけたし・・」

恵子がそういうと、

「いや、母さんの体を心配するとまだ、そんなに急がなくても、とは思うけど、彼女は役に立ってくれる人だよ。」

その優の言葉に、少し恵子は苛立ってしまっていた。

「優、その辺でちょっとお茶を飲んでいきましょう。」

恵子のその申し出に少しおどろきながらも優はファミリーレストランの駐車場に車を止めた。

店に入り、奥の角の落ち着いた場所に座って二人はコーヒーとケーキのセットを頼んだ。

恵子はすぐに話を切り出した。

「優、我が家のお手伝いに美津子さんをお嫁さんにもらってはいけませんよ。
貴方は二人の生活をしっかり立ち上げなさいね。
この時代女性もしっかり仕事を持つべきだと思うし、子育てだってきちんと二人で考えてやっていきなさいよ。あなたの優しい気持ちは有り難いけれど、親と共存することは私はちょっと賛成できないの。」

そこまで息も切らずに一挙に語る母親恵子を優は初めて、ある強さを感じた。

それまでののんびりと優しいと思った母とは違っていた。

つづく
c0155326_223992.jpg


絵は「ひげじい脳梗塞からの軌跡」より拝借しています。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく。
by akageno-ann | 2010-02-15 22:35 | 小説 | Trackback | Comments(8)

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その14 やはり女性が

正一郎の心臓バイパス手術は 恵子の決断によってほぼ決まったようなものだった。

「お父さん、ご一緒に頑張りましょう。」

医師から難しい手術の説明を受けながら、恵子の気持ちは決まっていた。

結局正一郎を直に支えるのは自分しかいないのだ・・と感じ取れた。

手術に対して臆病そうにする年老いた人の可能性にかける必要があった。

ここまで独り身で過ごした舅 正一郎の様子は今その時点では 恵子がその心を一番わかっているようだった。

その人の妻 つまり恵子の姑が生きていたら、何も迷うことなく

「お父さん、やりましょう。」と言うに決まっていた。

姑の気持ちが、年をとるごとにわかってくる恵子がそこにいた。

紘一郎はその恵子の言葉に全てを委ねることしかできない自分に気づき、この妻を守ってやることが自分の役目だと覚悟をした。

子どもたちは母恵子の手伝いをしてあげることこそ大切なことだと、改めて知った。

少し大変なことになりそうな状況下で、長男優は自分の結婚についてを少し考えていた。

つづく

c0155326_18154910.jpg

絵は「ひげじい脳梗塞からの軌跡」より拝借しています。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵はお休みしています。
by akageno-ann | 2010-02-12 20:17 | 小説 | Trackback | Comments(3)

アンのように その13

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その13 葛藤

正一郎が カテーテル検査という名目で入院している短い間に 心臓バイパス手術をするかどうかの決断を医師から迫られていた。

80歳を過ぎてのそれほどの大きな手術・・心臓が良くなってもそれに伴う他の臓器はいったいどのようなことになってるのか・・・

素人にはそのようなことは全くわからない。

医師は、どんな年齢でも生きることに前向きであるように奨める。

正一郎は少々自分の人生に幕引きのときがやがてくることを大きく意識したところだった。

自分の愛した日本の社会が崩れる姿を見て、よけいにもうここで自分の人生を閉じてもいいのだ、という思いに一人かられてしまっていたのだ。

「もういいよ・・私はもうこれで充分だ。」

思い悩む家族、特に長男の紘一郎に 父はそう告げていた。

紘一郎は悩んでいた。この上に大きな手術をするということは そこで命を落とすことになるのかもしれなかったからだ。

医師は絶対の自信を語ってくれたわけではないのだ。

妻恵子の病状のときも・・医師は常に厳しい内容を語り 安易な思いにはさせなかった。

恵子は若い、それでも紘一郎はどれほど彼女の命を危ぶんだろう。

その思いを病からやっと生還して1年もたっていない彼女に背負わせることへの不安もあったのだ。

つづく

c0155326_18154910.jpg

絵は「ひげじい脳梗塞からの軌跡」より拝借しています。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵はお休みしています。
by akageno-ann | 2010-02-10 22:41 | 小説 | Trackback | Comments(2)

その12 決断

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その12 決断

どんなときにも即決しなくてはならない状況というものがある。

その最たるものはやはり病と向き合ったときだと思われる。

正一郎が心筋梗塞を起こしそうになって、大学病院に運ばれ、カテーテル検査を行った結果、早急な冠動脈バイパス手術が必要であると医師から大きな提案が成された。

冠動脈のバイパス手術は脆くなった心臓付近の血管にバイパスを作って補佐するというようなものなのだろうか・・・いずれにしても心臓を止めて行うという大手術だと思うが、今の高度先進医療ではある程度自信を持って行われている手術だと紘一郎たちは聞いている。

実に20年前にもそのような手術を勧められたことがあったが、父正一郎はその時

「そこまでして長生きしたくはない。」

と きっぱりと言い放って、手術を拒否し投薬に寄る治療が続けられた。

その時の医師たちの呆れたような顔は未だに忘れることはない。

ことに嫁の恵子は 自分たちの親を思う意識が薄い、と言われたような印象を受けて大きなショックを抱いたことだった。

しかし最近はホームドクターのような近くの医院の医師に

「堀田さん、貴方の判断は正しかったですね。人間の体にはなるべくメスを入れないほうがいいのだと、私も思いますが、こうして貴方が元気な姿は、私も大変嬉しいですよ。」

そう言われて正一郎が大変満足したばかりだったのだ。

つづく

c0155326_18154910.jpg

絵は「ひげじい脳梗塞からの軌跡」より拝借しています。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵はお休みしています。
by akageno-ann | 2010-02-07 20:48 | 小説 | Trackback | Comments(2)

その11 先進医療

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その11 先進医療

正一郎は心臓血管の一部に詰まりそうな状況があることがわかった。

80歳を越える年齢を考えれば、長年使ってきた身体の器官のそちこちに問題が起こるのも不思議ではない。

今回の状況もそのまま心筋梗塞として命を落としていたとしても、全く不自然ではなかった。

しかし幸いにして、的確な処置が施されて、正一郎は命を存えていた。

家族一同安堵の胸をなでおろしたところである。

翌日、病院を改めて訪れると、受付で昨晩の集中治療室にはいないという。

「ですから、一般病棟の面会は午後1時からですから、早すぎますね。」

と、つっけんどんな案内人の言葉が返ってきた。

紘一郎は仕事を午前中休んで、足を運んでいることもあり、一瞬不機嫌になった。

「しかし、昨晩救急で運ばれて、今朝は10時でいい、と伺ったのですが・・」

そうぶっきら棒に聞くと、恵子は急いで

「恐れ入りますが、病棟に問い合わせていただけませんか?」

と、取り入った。

受付も少したじろいて さっそく受話器を持った。

「受付ですが、堀田正一郎さんのご家族が面会にみえてますが・・はい・・はい・・わかりました。」

と電話で話をして、すぐに

「どうぞ、病棟の方にお越しくださいとのことです。」

と事務的に応えた。

紘一郎はいささか、むっと着ている気持ちを抑えかねていたが、恵子に促されて静かに頷いて病棟へのエレベーターに向かった。

「こういう大病院はしかたないのだと思うわ!」
そう恵子に慰められて、心を落ち着けていた。

病室は厳重なセキュリティで名前と事情を入り口でチェックされて自動ドアが開かれた。

ナースセンターのすぐ前の病室だった。

四床あるベットの一番入り口近くに父正一郎は眠っていた。
顔色はよく、すやすやとした寝息だった。

看護士がすぐに入ってきて、

「ご心配かけてすみませんでした。急にこの病棟に朝移ったものでご連絡もできずに・・」

その丁寧な挨拶に紘一郎の固い気持ちも解けていた。
しかもその看護士がなかなかの美人だった。

「いや、お世話になっています。如何ですか?病状は・・」

「あとで医師から話がありますが、安定されています。」

「お父さん・・」

恵子は少し目を開けようとしている舅正一郎の様子に思わず声をかけた。

「ああ・・来てくれたか・・どうやら助かったようだ。」

その正一郎の言葉に恵子は思いがけない心の動揺があり、涙が出てしまった。

不思議だった。嬉しかったのだ。

「よかったです、お父さん。子どもたちも皆喜びますよ!」

正一郎は静かににをはじめた。

つづく

c0155326_18154910.jpg

絵は「ひげじい脳梗塞からの軌跡」より拝借しています。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく!
by akageno-ann | 2010-02-02 20:14 | 小説 | Trackback | Comments(3)