ブログトップ | ログイン

アンのように生きる・・・(老育)

アンのように その25

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように  その25 白い花たち

堀田家の長女沙耶は 書籍出版業の事務系の派遣社員の面接を受けていた。

そして5月の半ばに意外な派遣場所が決まった。

それは書籍出版を主に展開する企業が実は老人のためのケアハウスも経営していて、その受付事務を言い渡されたのだ。

その結果を聞いて、沙耶の母親の恵子が驚いた。

「沙耶ちゃん、こういうお話は最初からあったの?」

「ううん・・知らなかったの。でも私 おじいちゃんの病気のことやお母さんが病気から回復したことは話したから、それでかも・・良かったわ・・決まって。」

沙耶の屈託のないその応えに恵子は敢えて感想を述べるたい気持ちを押し留めたが、沙耶の感覚が家族の為になろうという思いが強すぎるような気がしてならなかった。

娘が自分の心と寄り添って生きようとしてくれていることは、とても有り難かったが、まだ二十代前半の彼女に何か重い家族の足かせのようなものを履かせたくはなかったのだ。

だが、沙耶本人の純粋な気持ちを尊いと想わざるを得なかった。

この就職難でどんな職種でも自分の役に立つことをしたい、と言っていた沙耶の健気さは純粋無垢な白い花が凛と咲くようなイメージがあって、感動すると共に、不安にもなった恵子の心があった。

「沙耶ちゃん、頑張るのは素敵なことよ。でもあまり凝り固まらずに、少しでも広い世界をみてね。」

などと、つい抽象的なことを言って終わってしまったことも悔いていた。

しかしどんな職種でもお金を稼ぐということがどれほど大変なことかだけは知らせたかった。

その採用が決まった書店の介護施設はネットで検索した結果 比較的近隣にもあって、有り難いことなのかもしれないと・・も感じていた。

何も知らずに新しい職種に入って行こうとする我が子を もうそこまできたら、何も手伝ってはやれないのだ、と健気な沙耶を案じながら、一抹の寂しさも感じる恵子がいた。

c0155326_013338.jpg

プラムの花をみつけて・・

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」
by akageno-ann | 2010-03-29 00:13 | 小説 | Trackback | Comments(6)

アンのように  その24

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その24 家族の結束

堀田家の長女である 沙耶は大学卒業後 人材派遣会社に籍を置いて事務系のデスクワークを続けていた。

その間に母恵子の病気入院もあり、沙耶は家事を積極的に手伝う気持ちが強まっていた。

「一家に一人でいいから、家族のことを真剣に考える者がいる家族は救われる。」

沙耶は学生時代に心理学の授業で聞いた一人の准教授の言葉をいつも胸に置いていた。

その一人に自分はなりたい、今まで母恵子がしてきたことを、自分が代わってあげたい。

その思いが強くて 本格的な就職を見合わせていた。

この時代 就職を焦ってどこへでも・・という思いは 沙耶にはなかった。

そのことで友人から 心配されたり揶揄されたりもあったが、こんなときだからこそ、じっくり考えていたいと思ったことが本心だった。

そのために親の脛をかじる状況に身を置くことになるので・・自分の身の回りのものを買うこと位は自力でと考え できうる仕事を探していた。

それは電話番のような仕事ではあったが、礼儀作法がしっかりした者という選考が行われたので 沙耶は緊張して面接に赴いた。

面接した中年の女性社員は 沙耶の母親の看病と これから訪れる同居の祖父の看護はなるべく自分が手伝いたい、という沙耶の意見に注目した。

その根底に流れる芯のある優しさを感じたのだった。

つづく

c0155326_7532063.jpg

イラストはM.NEZUにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」
by akageno-ann | 2010-03-23 07:43 | 小説 | Trackback | Comments(8)

小説を書いています

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その23 介護という言葉

正一郎は入院以来 優しい顔つきになったと同時に 少し記憶の力が弱まっているように感じられた。それを一番に感じたのも嫁の恵子だった。

先日の叔母克子の訪問の際の正一郎の態度は 考えてみるとひどく子どもっぽかった。

そしてニ、三日すると その訪問を忘れているようなところがあって、危惧された。

恵子は夫 紘一郎にもその見解を述べて、大手術をして もしこの父 正一郎が呆けるというようなことがあっては、元も子もない・・ふとそのような思いがこの夫婦の頭を過ぎった。

昔は60歳を還暦といい 子どもに帰る、というような感覚で受け取ったが、間もなく50代半ばの紘一郎は自分も還暦か?と想像してもその子ども帰りの年寄り的な感覚は全くない・・と思われた。

今や日本の平均寿命が80歳を越えようという日本において、お年寄りというのは少なくとも70歳を越えた者にあてはまるのではなかろうか。

「恵子、親父がもしも退院後、呆けてしまうようなことがあれば、それは施設を探すということも考えよう。君が主体になって面倒をみるようなことがずっと続けば、君の方が先に逝ってしまうことにもなりかねない。」

そう真剣に心配する夫を恵子も無視できなかった。

「あなた、ありがとう・・そう言っていただけるだけでも私は頑張れるような気がするの。もう病気になるまで無理はしないから大丈夫よ。」

恵子も素直に応えた。

夫婦は結婚してから20年ほどを越えると、親よりも、いや親のことも自分の子どものことのように客観的に考えることができるようになるものなのか?

だがそうなるには・・この堀田家にとっても 恵子の大病があってやっとこぎつけたことでもある。

長い時間 親との生活をしながら 体得したことだった。

恵子は 夫が我が親を施設に・・などと きっと断腸の思いで語ったと想像していた。

自分の親を自分の手で介護できないのは哀しいことだ・・と

このとき初めて この堀田夫妻は 「介護」の言葉をそれぞれの胸に刻んでいた。

つづく

c0155326_132355100.jpg

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」
by akageno-ann | 2010-03-18 23:33 | 小説 | Trackback | Comments(3)

その22 他人の心がわかる

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように  その22  他人の心がわかる

日本は富んでいる国なのだろうか・・

昨今の経済の動きは素人でも不安で、そういえばここまでの生活の中で正一郎の落ち着いた家計の対処が良かったのだ。ということを恵子は感じていた。

子どもたち3人も豊かな心で暮らせたのも同居の彼らの祖父正一郎の存在があったのは間違いがない。

病院と家庭とに少し距離を置いた位置に舅正一郎はいて、恵子はいつもよりも解放感を味わいながらも、ふと手持ち無沙汰を感じていた。

この家で暮らしの真ん中にいたのは正一郎かもしれなかった、と気づかされた。

その気づきの要因は最近の正一郎の穏やかさだった。

嫁としての恵子に感謝の言葉を述べるようになっていた。

それも先日の妹克子の訪問以来だった。

克子が正一郎に助言を与えたのだろうか?

いや、恐らくあの日に克子親子をご馳走して見送ったことへの感謝なのかもしれない、

そんなことを考えながらこの数日を過していた。

正一郎の手術は行われることになった。

「頑張ってみるよ・・」

そういう正一郎は悟りを開いた者のようだった。

つづく
c0155326_132355100.jpg

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」
by akageno-ann | 2010-03-17 13:22 | 小説 | Trackback | Comments(2)

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その21   だれもわからない

こうして今初めて 義父との暮らしについてその妹である 叔母克子に話して 恵子は母の分まで心の箍をはずしたような気分になった。

時代の変遷は大きくて戦中戦後を多感な時代を過し、青春が暗く不安な世情の中であった義父正一郎の時代は、こうして永く生きることで、やっとのことで楽しい生活を我が物にしたのだ。

それは誰にもわからない己の中に克己する心がなくては乗り越えることはできなかった。

正一郎は真面目にこつこつと金をためて、家をたて、子どもたちを養ってきたのだった。

妻が亡くなってからは、その正一郎の足跡を知る人も少なくなってきた。

一緒に住む息子紘一郎の家族はほぼそれを知ることはない。

正一郎の兄弟姉妹とて、結婚前後の話をもう殆ど忘れているだろう。

正一郎にはそのような焦燥感があった。

恵子もまた、この義父との年月は自分しか語れないものがある。

この期間を誰かに代わってもらっていたとしたら、またその人との拘わり方であったはずだから、結局のところ恵子の思いがわかるものはない。

だから、人は自分の辿った道を思い返すときに辛かった部分を忘れるという力が必要なのだ。

忘れるということにこそ、本当の優しさがあるのかもしれない。

それは見て見ぬ振りではなく、敢えて自分に強いられた試練の辛さを忘れるということだった。

それはかなりの能力が必要なことだった。

そのとき、レストランのテーブルには美しいデザートが運ばれていた。
つづく
c0155326_10312734.jpg

ローズヒップと白ワインのジュレ by Veronica persica

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」
by akageno-ann | 2010-03-13 10:25 | 小説 | Trackback | Comments(4)

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その20 食に救われる

叔母との夕食の席で恵子はこれまでの義父正一郎との間になったわだかまりが少し解けたように感じていた。

人が人と出会って 別れるまでの間に流れる時間は自然に必要なだけの長さが営まれるようだ。

恵子は姑のことは同性である故に今はその場にいない存在であっても、またはいそこに存在しないために余計に心を理解することができるのだった。

しかし異性である舅は 夫の性格と似ているところがある、ということ意外にはその心を推し量ることができなかった。

だが、あきらかに姑は夫正一郎の影に隠れて、その生活の全般を支えてきたことを身に沁みて感じ取っていた。

その姑に報いることもその後を継ぐように堀田家の主婦をここまで続けてきた恵子の役目だった。

叔母克子は恵子のこれまでの尽力について賛辞を述べてくれていた。

「恵子さん、本当によくやってくれましたね。兄は幸せだと思いますよ。
亡くなった義姉は兄をあまり理解していなかったようですよ。
食事作りも丁寧ではあったけれどセンスに欠けると、よく兄はぼやいていたの。」

それを聞いて恵子は意を決した。

「叔母様 私を認めてくださって本当に感謝します。でも亡くなられたお義母さんのお料理には私は敵いません。お義母さんは毎日の食事作りのために晩年の命を削られていました。そして私がこの家に入ったときに、決して家事だけに埋没してはいけない、と私に自分のための時間を大切にするようにおっしゃってくださったんです。」

そう一挙に話す恵子の頬は紅潮していた。

叔母の克子はそのように話す恵子を初めて見るような思いで見つめていた。

つづく

c0155326_18154910.jpg

絵は「ひげじい脳梗塞からの軌跡」より拝借しています。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」
by akageno-ann | 2010-03-11 23:23 | 小説 | Trackback | Comments(1)

小説を書いています。

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その19 季節を感じる食事

この年になって食の趣向はやはり生まれてもったものに戻るのではないか・?

と、恵子は考えていた。

特に昨年病に伏せっているときは、幼い頃から好きだったものを少しだけ食べれば良い、というほど食欲が失せていた。

このまま食べられなくなって、命が亡くなったとしても自分は若い頃の楽しい食事の思い出がたくさんあるからいいのだわ・・と自問自答してしまったり、食べないということはそれだけで人をネガティブにするものだと感じた。

その日は正一郎の妹の克子とその娘、雛子と恵子と娘の沙耶の4人で小さな個室に誘われて、カジュアルなフランス料理を楽しむことになった。

病院に正一郎を残してのこの食事会を持つことに、申し訳ない気持ちがないわけでもなかったが、恵子自身、自分が入院中にも見舞いの人々がせめて帰りに楽しいことをして行ってほしいと願ったから、これはゆるされることだと思ってもいた。

「兄さんは、あまり食事を楽しむ方ではないの?」

克子は外食が大好きな楽しい叔母で、その何気ない質問にも恵子は素直に応えることができた。

「ええ、例えばこういうレストランは一番好まないでしょうね。」

料理は先ず前菜にトリュフのカプチーノ仕立のポタージュ 四種のキャベツのサラダ カナッペもアボカドと白海老が上手くマッチしたペーストで、4人の会話も弾んでいた。

つづく

c0155326_0115388.jpg

料理はフレンチレストラン ヴェロニカペルシカ 
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
応援クリックに感謝します

これまでの作品はこちらから「アンのように生きるインドにて」

小夏庵もよろしく。 
by akageno-ann | 2010-03-06 00:09 | 小説 | Trackback | Comments(1)

小説を書いています。
ひな祭りですね・・「かあちゃん、あのね」からイラストを拝借してます。
c0155326_7455628.jpg

かけがえのない日本の片隅から

アンのように その18 美味しいものは心を救う

義父正一郎の妹克子がその娘と、病床の兄を見舞ってくれて、その夕方恵子は娘の沙耶を呼んで克子親子と4人で気楽なフランス料理店に行くことにした。

恵子も久し振りの外食が嬉しくて、正一郎がいない家庭では気楽に夕食もはしょることができ、皆に電話やメールで食事の用意をしないからそれぞれに食べてきてくれ、と頼んだ。

末っ子の高校生もラーメンなりファーストフードなり喜んで食べてくるだろう。

こんな日もたまにはいいのだ、と思うと心が軽くなった。

娘の沙耶だけは、6時ならその店にいけるからとメールで知らせて来たので、待つことにした。

病院からの帰途には巷で話題になっているハーブ園があって、克子たちは大変興味を持ってくれたので、そこで時間を潰すことにした。

女3人で、心の癒される時間を持てた。

「女同士はいいわねえ・・恵子さん、兄は結構気難しいから本当に大変だと思うの。ありがとう」
克子が心からそう言ってくれたので その言葉だけで随分と癒されていた。

こんな風に時を経て、他人だった親族と交わっていくことの有り難さも感じていた。

その夜、女4人は 心のこもった持て成しをうけた。
by akageno-ann | 2010-03-01 19:41 | 小説 | Trackback | Comments(4)