アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

私の贅沢

日常は型通りに過ぎていくことが多いのですが、先日また若い芸術家の言葉にはっとさせられました。

c0155326_112930.jpg

五嶋龍さん 18歳 バイオリニスト

母上 五嶋節さんの教育により幼い頃からコンサートにデビュー 彼は音大ではなくハーバード大学で物理学を専攻しているようだ。

欠かすことの無いレッスン・・そしてバラエティに富んだ日常生活で本人曰く 疲れていていつも眠いそうだ。平均睡眠時間4時間・・
起きている間の過密スケジュールの中にチャリティコンサートなどもかなりある。

テレビのインタビュアが 「どうして社会福祉にこのように寄与するようになったのですか?」というような質問に、ちょっとむっとしたように(私の印象だが)、

「社会福祉じゃないですよ・・その言葉自体おかしいと、僕は思う。自分のために、そう自分福祉でやってます。自分のためにやっていれば、それが自然に人のためになるのかなあ?」

自分のために・・この言葉を探していた・・とそう思った。

自分が納得するようにやっているんだな・・と思うと お年寄りのお世話も介護の仕事もできるのだと思った。

自分のためにでなくては心からはできないのかもしれない。

そう思ったらとても楽になった。自分が嫌で仕方のないことはやらない方がいいのだとも・・

故人はよく言い伝えている・・情けは人のためならず・・しかしこの言葉よりも骨がある。
情けではないのだ・・

彼の場合「音楽は人に聞いてもらって成立するんです。聴衆がいなくては意味がない。
だから人前で弾くし 多くの人に聞いてもらいたいのです。」

その場が時々は障害者の施設や学校だったりするだけだ・・と 本人にとってそれはなんでもないことなのだ。

アメリカであるからということもあろうと思うけれど、日本語でしっかりとコンセプトを語る五嶋さんの思いに気づかされるものがあった。

c0155326_116638.jpg


今日の写真は、先日franさんからアメリカのブログの友人World Of wondersのお話を伺って・・
アンティークのCup and Saucerを初めて注文してみました。
c0155326_11411556.jpg

この航空便のちょっと心配な時期に拘わらず一週間で無事にとても丁寧な梱包と優しいおまけ付きで・・
c0155326_1143747.jpg

そして写真以上の素敵な実物に感動しつつ・・我が家の小さなコレクションボードの住人になったものたちです。
c0155326_11404015.jpg

World Of Wondersの 明日香さん・・ありがとうございます。
また時々お邪魔させていただきたいです。今回のティカップは大切に楽しく使わせていただきます。

昔から器が好きでしたが、最近はお店で出会ったアンティークの食器たちを少しずつ集めて楽しんでいます・・私の贅沢な時間です!

ちょうど紅茶の講座も受けられるようになって・・静かなマイブームになっています。

そうそう・・一つ・・初のハンガーが ちょっとルーズな仕上がりですが・・できました。
c0155326_11312230.jpg

通信教育で丁寧な指導をメールで受けています。
今回のゆる目をきちっとする方法も伺ったので・・次回作はきっとぴちっと仕上げます
でもこの可愛さがとても嬉しくて写真を載せさせてもらいます。
お教室は 真理子サイモンソフトファニッシングのサイトです・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-27 11:39 | エッセ- | Trackback | Comments(41)

銀座 博品館

二週続けて土曜日の銀座です。
とても珍しい・・遠いけど行きつけるといいですね
落ち着ける好きな場所です!

今日は実家の父が友人の関係で博品館のレビューを見るので・・ひとりでは
しんどいからつきあって・・というので喜んで行きました。

イラストレーター水森亜土さんの率いる劇団のレビュー・・
楽しかったです!

今日は久しぶりに写真なしで・・過しました。

有楽町で待ち合わせて、私が先ずランチを友人にご紹介いただいた南蛮銀圓亭でご馳走しました。たまにはね・・001.gif

銀圓亭のマダムは柔らかい物腰でお客との対話を大事にされています。
父より二つお姉さんということがわかって・・もうびっくり!10才はお若く見えます・・

サラダの野菜の好みを父に聞いてくださって、小さく柔らかい材料ばかりだったので思いのほか父が美味しく全部食べきったのを見て、喜んでくださったり、ハヤシライスの味は予想通り父の好みで・・大正解!

今度は母を連れてきたいです。

80歳のお年寄りが気楽に楽しくいただけるレストランとして本当に教えてもらってよかったです!
reikopepさん、どうもありがとう!

そして今日は自分の住む場所が大好きになった私を気づかせてくれた panipopoさんのブログをリンクさせていただきます。→ぱにぽぽ Scure -en-Rose

お仕事でいらしたフランスで結婚されて 世界の街でお料理 お菓子作りをされながら、その土地の魅力をふんだんに伝えてくれるエネルギーは日々の私の生活のエッセンスになってます。

フランスはかつて憧れて羽田から初めて飛んだ場所・・まだまだ行きたい場所があるのですが、今はブログを通し その方の感性で映し出される映像からも充分に楽しめる日々です。

そしてそこから得た知識は確かに自分の心の糧になっています。

私もこの土地を愛しつつ過せています。

出会えたブログに心からの感謝を!

c0155326_0222221.jpg

我が家の藤の花が咲き始めました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-25 00:23 | 小説 | Trackback | Comments(14)
桜は今年は長く持ちました。
うちの方ではまだ咲いています。
c0155326_16494064.jpg

玄関先のアネモネも綺麗に長く咲きました。

c0155326_16502041.jpg

一本桜を今年は追いました・・・
古木も結構近隣にあるのです。
c0155326_16503951.jpg


年輪も感じます・・

c0155326_16505331.jpg


こうして少し寒い日が続くのは地球の温暖化が少し逆行したとも聞きます。

c0155326_16513392.jpg


アイスランドの火山噴火の様子をニュースでみておどろいています。
太陽の出ない、灰に埋もれた土地・・

c0155326_1652883.jpg


どんなにか不安なことでしょう・・
飛行機が飛ばずに 各空港で足止めされている方々を案じます。

どうぞ早く正常に戻りますように・・と心から祈ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-20 17:46 | エッセ- | Trackback | Comments(10)
ミンミン師匠の紅茶レッスンを受けたいな~~と思った頃に ちょうどやはりブログで親しくさせていただいている 
まねきねこのfranさんと支店のtutoさんのブログで紅茶廻りしましょうか・・とお話があって・・「はい!」とすぐ挙手した私!
お忙しいお二人の時間のあるときに・・とお願いしてあったら、先日の私の紅茶のお話を読んでくださって・・ミンミン師匠にご紹介いただいた 新宿高島屋4F サロン ド テ イマダミナコに行ってみましょうということになりました。

土曜日の午後現地集合・・・土日は予約はとれないとのことで、はやる思いで到着したら、私たち一番でした!

間口は狭いのに奥に広がる空間のコーディネートはそれは素晴らしい・・tutoさんの撮られる写真は本当に素晴らしいので・・先ずそちらをご覧になってください・・tutoのつぶろぐ

スタッフの若い女性たちはとても優しくて、まだ開いていなかった扉の奥のコレクションも見せてくださいました。どなたも居ない間に3人で撮影会・・でも私は実にサボタージュ気味に・・笑
それはfranさん tutoさんの写真を楽しませていただけるのをわかっているので・・

それでも感動した今田美奈子さんのアンティークコレクション とシュガーデコレーションを撮らせていただきました。

c0155326_18163882.jpg


ここは貸切はできるのかしら?ちょっとミニコンサートができそうですね!

c0155326_18173816.jpg


なんて素敵なシャンデリア・・デパート内であることを忘れました。

c0155326_18181654.jpg

ここからの作品は全て今田美奈子さんのシュガークラフトです!
c0155326_18185649.jpg

フランス王妃 マリーアントワネットです。
30年程前彼女の愛した プティ トリアノンという田舎やを尋ねたことがあるのを思い出しました。

c0155326_18232182.jpg

この砂糖菓子のお茶会・・色合いが大すきです!

c0155326_18251148.jpg

帽子の大好きな私としては見逃せない作品!

c0155326_18274519.jpg

細やかな手作業は作る様子を想像するのも難しい・・

c0155326_18291240.jpg

今田美奈子さんの赤ちゃんに対する思いが伝わってきて切なくなります035.gif・・

そして・・・「お茶の用意ができましたよ~~~」
c0155326_1830143.jpg

franちゃんとお揃いで 今日はマリーアントワネット妃のお菓子たちです!

幸せなお茶会をゆっくりしました!

一緒に行ってくださって、どうもありがとう!

つづきは後ほど 小夏庵に・・
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-18 18:32 | エッセ- | Trackback | Comments(14)

ゴールデンドロップ

c0155326_1432213.jpg

この四月で丁度2年が経ちました。彼女は黄色の花が大好きです!

私の心の支えである先輩主婦が肺癌で余命半年くらいかも・・と言われてからの年月です!

今病状は決して回復していない、とは思えないほど、周りには元気に接してくださるマダムN!

15歳も年の離れた私を心の友と呼んでくださった30年が過ぎました。

互いに若かったあの頃も記憶に新しいのです。

c0155326_14323993.jpg

これは小夏ですが・・とても似ている柴犬でした
私が初めて捨て犬ジロを飼うことに決心したときに、小屋や当座の餌 散歩綱をすぐに調達して飼う事を奨めてくれたのも彼女です。その迷い犬はずっと彼女の犬の散歩時に少し遅れて静かについてくるので
「いい犬だわ・・」と教えてくれたのでした。

ジロも我が家で老衰で逝くまで9年過ごしました。

無類の犬好き・・彼女も お隣で産み落とされて、最後までもらわれなかった雑種犬をずっと大切に飼っていました。

もう飼えないなあ・・と言われたときが今から10年ほど前だったでしょうか!?

c0155326_14375436.jpg


思いでは尽きることなく・・そしてまだまだ思い出を紡いでいける私たちです。

最初の半年の闘病生活は本当に大変だったと思います。

抗がん剤治療は言われた通りに美しい御髪も落としますし、なかなか生え揃うまで時間もかかります。

化繊の髪の毛のついた帽子キャップというのも探したり、楽しい帽子を探し出して被り、お洒落心を持ち続けて楽しもうとされる方です。

c0155326_14412563.jpg


互いに舅 姑と共に何十年を歩んでいるので、これほど分かり合える者もないかも・・という友です。
友人もご近所付き合いも共有していますが、ここしばらく私は彼女と二人の時間を大事にしています。

病床にも何度も呼んでくれましたし、今は便利な携帯電話で心のうちを話し合いました。

その間に行く先に暗い影を落としたこともあったけれど、私たちは絶対に諦めないという思いが強かったのです。

だから医師もおどろくこの2年の経過・・お心は大変お元気でお体も比較的お元気なんです。

髪の毛も美しい銀髪が生え揃って・・「ねえ・・私少し巻き毛になったわ・・」と美しい笑顔を見せられます。本当に美しいのです。

c0155326_14474896.jpg


医師によれば「不思議です」というほどの侵攻しない病状・・
「薬があいましたね!」とも云われたとか・・

今月72歳のお誕生日を迎えられました。

一緒に食事を外でしよう、と約束しています。

そんなときに、先日の紅茶の講習会で坂井さんから紅茶のゴールデンドロップ 最後の一滴(ひとしずく)のお話を伺って、そのまま受け売りをお話しますと

「良いお話ね、私そのゴールデンドロップを引き出すまでもっと頑張るわ!」

と言ってくださいました。

そうそんな風に私が他所でしてくる体験を我がことのように喜んで素直に受け取ってくださいます。

私の永遠のお手本なんです!

覚悟をしなくてはならない、と思ったことも幾度もあれど、私はまだ覚悟はしません。

共に果てるまでそして次の世界に行ってもめぐり合えるように・・と願っています。

彼女との共通項は この地に引っ越してきた日 1981年3月31日が偶然同じ日で、彼女は私が引越し後に玄関を掃いている姿を見て、「女は本当に大変だわ・・あの人も頑張っている」と思ってくれたそうです。

二人が本当に親しく出会うまでそれから2年を要しましたが、そのあとはもう幼馴染のように過してます。

ゴールデンドロップの日はまだまだ遠いです!

坂井みさきさん、ご指導本当にありがとうございます。

c0155326_1459489.jpg


紅茶の葉が踊るようにして少しずつ開いて紅茶の水色(すいしょくというそうです)が出たら、その紅茶は最後の一滴までしっかりと温めたポットかカップに移します。その最後の一滴がゴールデンドロップだと・・しっかり教えていただきました。
小夏庵もよろしく!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-16 14:59 | エッセ- | Trackback | Comments(7)
インドに住んでいましたから、紅茶は大好きなのですが・・
その入れ方や紅茶のことを、何もしらなかった・・と今日改めて思いました。

c0155326_2312384.jpg


いっちゃんのお友だちミンミンさんこと 坂井みさきさんの 「紅茶DEおしゃべりの会」ファーストレッスンに行ってきました。

ミンミンゼミさんのブログを拝見していて憧れを持っていましたが、今回この方に誘っていただいて同席させていただくことに・・思いがけない展開にウキウキと出かけて行きました。

往復三時間かかりますが・・時間を忘れてしまうほどすっかり寛いで楽しいティレッスンでしたので、ご紹介させてください。

かなり昔の若い頃にいろいろな教室に通ったことはありますが、あのなんともいえない緊張感を思い出すのか・・最近はすっかり離れてしまっていました。

坂井さんのブログのお陰で疑似体験をさせていただいているせいもあって、今日は私にしてはとてもリラックスさせていただけました。

c0155326_23141231.jpg

あちらこちらお部屋のコーナーが素敵でたくさん写真を撮らせていただきました。

c0155326_23151820.jpg


紅茶をこよなく愛す 坂井さんのお心が細やかに表現されていて、その空間で紅茶にまつわるたくさんのお話を伺いながらのファーストレッスン!

「私は本当は紅茶が好きだったのだわ・・」と実感させていただきました。

この日は軽い(とおっしゃってましたが・・とても素敵な)ランチもご用意いただいて、遠方からはせ参じた私の身も心も満たされました。

c0155326_23195120.jpg


紅茶はアイスティから始められて、4種類の茶葉を楽しみました。

普段知っている名前の紅茶もこうしてのみ比べると違いがわかるのが楽しいのです。

そして入れ方のこつも断片的にしか知らなかったことをつなげていただいたような気持ちです。

c0155326_23224733.jpg


こうして書きながらも楽しく学んだ今日のレッスンを身につけていきたい・・と遅い目覚めながら思っています。

このつづきは小夏庵にも書かせていただきますのでお時間ありましたらお立ち寄りください。

ご指導に心より感謝しています。またどうぞよろしくお願いします!

小夏庵もよろしく!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-14 23:29 | エッセ- | Trackback | Comments(15)

スプリングコンサート

実家の近くで春のコンサートがありました。

前日は同じくその近くで知人のお通夜に・・母と同い年の方なので特に寂しい思いが強く・・

その夜は久し振りにそのまま実家に泊まりました。

この花冷えの日々に 桜はまだまだ花を楽しませてくれました。

c0155326_21572777.jpg

石神井川沿いの桜並木です。
50年前はここの土手の桜は両側に大きく枝を伸ばしていましたが・・

c0155326_2159059.jpg

この古木は個人のお宅のものです。家の塀を突き破っているこの生命力をコンサートへ同行の両親に頂戴したいと感じました。

c0155326_2215119.jpg

家の近くの農協での春風の中での花の市は早朝から大賑わいで・・ふとまたここに戻って住みたい・・とおもう程です。

コンサートは昼過ぎからでしたので、ゆっくり午前中を生まれ育った場所で過して、足の弱った母と耳の少し遠くなった父をタクシーでコンサート会場まで案内しました。

クラシックのコンサートですが、小さな教会で日本フィルハーモニーの団員ビオラの後藤悠仁さんの楽しい解説でピアノとクラリネットのトリオの室内楽を楽しみました。

c0155326_2210217.jpg

先ず、このトリオでブラームスのハンガリアンダンス・・・心弾む演奏です!
ビオラでバッハの無伴奏チェロ組曲 第3番 サラバンド・・大好きな曲!060.gif

八段(はったん)悠子さんのクラリネットで ドビュッシーの亜麻色の髪の乙女

清水将仁さんの素晴らしいピアノでショパンの英雄ポロネーズなどポピュラーな曲が多くて嬉しい!

会場には聴衆として音大生もいらしてて・・素敵な企画で飛び入りの演奏を・・
東京音大の4年生 岩田 唯さんがバイオリンのプロコフィエフ無伴奏ソナタ ニ長調を熱演してくださって・・会場は若い熱気で盛り上がる・・

ビオラの後藤さんの「若い芽」を育てようとするお気持ちが素敵で・・聴衆をすっかり魅了してしまった。

最後はピアノ ビオラ クラリネットの為のオリジナル モーツァルト ケーゲルシュタット トリオ・・モーツァルトは最高の癒しです。

「大きなコンサートは少ししんどくなった・・」と話していた両親もとても楽しんだ2時間・・
c0155326_22254048.jpg

コンサート会場の教会の前には美しいチューリップが咲き乱れ、春を一層ひきたてていた。

自宅に戻ると春雨に桜の花舞いの情景が待っていてくれた。

静かに春は進んでいるようだった。
c0155326_22435190.jpg


小夏庵は「春のオフ会」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-11 22:25 | エッセ- | Trackback | Comments(6)

桜と黄昏

c0155326_23553333.jpg

千鳥が淵の素晴らしい桜の情景をテレビやブログで拝見しつつ、ここ埼玉の小さな霞川の辺の桜も見事な景色を川面に映している。
c0155326_23565987.jpg

夕刻に誰一人歩いていず、もったいないやら、嬉しいやら・・今日はカメラを置いて柴犬小夏を中心に散歩してやろうと思っていたのに、結局こうして携帯電話のカメラを出してしまった!006.gif
c0155326_23594286.jpg

此処はこの季節で1年で1番美しいひと時を迎えている!
向こうに橋があり車が走っているのだが、赤信号で止まった車のドライバーがラッキーとばかりにこちらを眺めている。喧騒を忘れる瞬間だと思う。
c0155326_04817.jpg

上ばかり見ている私を促すように小夏が好むのはこの花のほう・・011.gif
ほらあ・・・桜だけじゃないでしょう?と言われたように思った。
c0155326_062859.jpg


そして間もなく来るつつじのシーズンの到来も教えてくれる。
c0155326_084681.jpg


こんな風に歩くのも年のせいと、ブログのお陰・・
季節の移ろいを楽しんで生きたい。

c0155326_010282.jpg

急かされずのんびりしていたら、夕暮れの放送と夕日が時の経過を知らせてくれた。

c0155326_011117.jpg


小夏庵もよろしく。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-09 00:11 | エッセ- | Trackback | Comments(19)

この道

c0155326_23251974.jpg


春爛漫のこの道を車ですべりおりる季節になった。

このコーナーを曲がる前に少し坂の上から桜の雲海のような景色が広がる・・

それはどうやって撮ったらいいのか・・ここに30年住んで、初めて考えた。

c0155326_23274522.jpg


ちょっと車を止めて自ら走りながら写真を撮るなんて、こうしてブログを書いていなかったらやらないこと・・

そんなときに自分の中に残る若さを感じる

c0155326_23295017.jpg


かつて勤めていた学校を見下ろして、懐かしんでみたり、

そんなことをしていると・・やはり年と共に季節の移ろいを大切にしたいという思いが強くなるようだ。

c0155326_23312861.jpg


美しい丘を車で通ったあとに犬と一緒に散歩をした。

c0155326_23324975.jpg


桜と一緒にプラムの花が白く美しい!

イギリス人だという若者がサイクリングでここに出会い、感動を表情に表していた。

ふと誇らしい思いがした。

ここに30年住んでいます。

c0155326_23341547.jpg


そんなことを嬉しそうに話す私を見て 小夏という柴犬が笑った。

小夏庵もよろしく。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-06 23:35 | エッセ- | Trackback | Comments(13)

ある語録・・

今年に入ってからこの人の言葉にどれほど学ばせてもらったか・・
youtubeは添付を許可されているので 先ずはこの映像をご覧になっていただきたい。



フィギャースケート世界選手権2010に完全なスケーティングで見事な優勝を果たした浅田真央さん!

心よりお祝いを申します056.gif

彼女の言葉は大きく私を突き動かした。

一番最近はその優勝後のインタビューでのこと

「フリーの後半のスケーティングではこれまでの悔しさや辛い気持ちが溶けていくような気持ちで滑ることができました。」

そう、悔しさ無念さを晴らすのはこうして自分で努力してこそできるのだ・・・と今さらに改めて感じる私!035.gif

オリンピックでの頑張りは今も記憶に新しいけれど、その一ヶ月後のこの快挙に感動した。

人生に無念なことはいくつかある。

子どもを持たなかったことはその中でも一番の無念だが、それは自分の作品を別の形で残していくことにしようと思う。

人は簡単に「お子さんがないのは残念だ!」と評すが そんな単純なものではなかった。

しかしそのこととて溶けていく感情であることを最近感じた。

今はそれに代わるように介護の手伝いをしているが人生の中で余らせてしまっていた母性をここで使っている。

お孫さんができて尚お姑さんの介護を平行してやっている友人が

「その二つは比べ物にならない・・」と語っていたが


片方を知らない者は比べる必要もないというわけである。


ふるさとから文旦が届いた。


その香りに癒されている。

小夏庵もよろしく。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2010-04-06 09:27 | エッセ- | Trackback | Comments(4)