<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

老育 魚なおりのアラ還

一つの夢があります。
もうすぐ迎える還暦には親しい人とこのレストランに集って、60年を振り返る・・
なんて・・
c0155326_0203555.jpg

かつては赤いドレスで友人に伴奏してもらって、アリアを歌う・・なんて
まだ声が少し出ていた時代には思ったりしてもいましたemoticon-0136-giggle.gif

この夏はバタバタと日は過ぎていったのですが・・・誕生日近くになって、急に
スローモーションのようにじっくりと時が過ぎます。
c0155326_0204440.jpg

かつて30歳の誕生日を故郷で迎えたことがあります。
結婚して数年しても子供がなくて、故郷へ帰るのが肩身が狭くて・・
空港の出口に夏休みの孫たちを迎える笑顔のお年寄りの人々の姿にふと
辛い思いがこみ上げてサングラスをかけた・・・という拙文をある小誌に
載せたことがあります。
c0155326_0205573.jpg

それからもう30年近い日々が過ぎたのか・・と先日帰郷したときに思い出しました。
もうそんな感傷も持たなくなった自分に年を感じましたがemoticon-0105-wink.gif・・
でも今年はいつもと違う記念になる誕生日月を友人のお蔭で感じさせていただいてます。
c0155326_021655.jpg

結婚してからこの方、誕生日が舅と隣り合わせの日だったので、ちょっと遠慮気味でした。
でもここへきて・・自分の主張が強くなったように思います。emoticon-0115-inlove.gif
今日は私にブログというものを教えてくれた仲間が 素晴らしいイベントに出演するので
大勢で押しかけました。
その前にランチをということになり・・デパートのレストランとしては趣の深い
パリの朝市にその全員で集まりました。予約は私がさせてもらったのですが・・
心優しい友人が事前に連絡してくださって・・バースデープレートと手回しのオルゴールで
バースデーソングが・・忘れられない日になりました。emoticon-0152-heart.gif
c0155326_0211536.jpg

紅茶教室TEAMIEのお仲間たちでしたので、こだわりの紅茶ダージリンセカンドフラッシュを
香り豊かに淹れていただいて、このレストランの心も感じました。
デザートをサーブするスタッフも美しい女性で、私たちの会話をゆったりと弾ませてくれました。
c0155326_0212697.jpg

そこで伺った「魚(うお)なおり」という言葉、この日能登から駆けつけていらした素敵な方から習いました。お魚は釣ったばかりよりも「魚なおりしてからが一層おいしい」とのこと・・ちょっと
リンクさせていただきますね・・その方のブログを・・→☆
私も年を重ねつつ 魚なおりして味わい深くなれたらいいのに・・そんなことを感じさせていただきました。

そして、今日は味わい深いブログを展開するこの方↓のお料理のイベントでした。
c0155326_022437.jpg

いっちゃんことエリオットゆかりさんが池袋の西武百貨店でトークとお料理でファンを楽しませてくれました。emoticon-0155-flower.gif小夏庵に詳しく・・→☆

emoticon-0129-call.gif老育とは・・・年を重ねる上に必要な新たな知識を身に着けていくことと考えています。
by akageno-ann | 2011-08-28 00:55 | エッセ- | Trackback | Comments(21)

老育 故郷に学ぶ

なんとも忙しい旅だが、父と二人で故郷高知に戻ってきた。
父は一足早く行って、私は翌日合流・・運転手となったemoticon-0103-cool.gif
ここで車を運転したのはもう20年も前だが、祖父の葬儀の先頭車で神主さんと
遺影を抱く遺影を抱く父を横に乗せて山からの葬列に加わった。
本当は男だったらもっといいのだが、孫の筆頭だったので・・
c0155326_037917.jpg

村の人々が沿道に皆さん手を合わせて立っていてくださった。
その時に、もっと早く祖父に会いに来ているべきだった、と後悔をした。
故郷は遠くにありて・・それではいけないのだ・・と親や親族をもっと
心から心配して来なくては・・と思い知った。
c0155326_0372295.jpg

あれから20年の間に、道はもっとよくなり、店もおしゃれなものができて、
ドライブが楽しめる場所になっている。
祖父を思いつつ、ここを大切な故郷と感じられるようになっている。
c0155326_0373434.jpg

人心地つきながら、ゆっくりと高知龍馬空港から山間の仁淀川町にたどり着く。
ここはかつて龍馬が脱藩の時に歩いたという道をも通る・・
なんだか不思議な感覚がある。
c0155326_0374456.jpg

間に母の実家で私の生家の神社がある。
叔母たちが昼ごはんを用意して待っていてくれた。
かつて皆が若く元気だったとき、人々はたくさん集まって、皿鉢料理が並んだが、
人が少なくなった。ちょっとさびしいが、コンパクトな土佐料理のお弁当が待っていた。
c0155326_03754100.jpg

思いがけない誕生日のケーキもうれしい・・しかもこの日私の従妹の娘が大きな男の子を生んだという連絡が本人から入って・・大盛り上がり。
新しい命の誕生は素敵だ!お年寄りたちが一度に元気になった!emoticon-0102-bigsmile.gif
c0155326_0483995.jpg

神社には静謐さと神聖さがあって、涼も感じられる、空港から一時間半の行程のちょうど真ん中で、一番ほっとする時間だ!
元気な鯉も新し命の誕生を喜んでいるようだ。
c0155326_0485397.jpg

by akageno-ann | 2011-08-27 00:52 | エッセ- | Trackback | Comments(5)

老育  もてなしの心

祭も来場者をもてなす・・と言う気持ちで準備していました。
いろいろなハプニングはあっても、終始もてなしの心を忘れなければ、お客様に気持ちは通じるものだと、感じられました。

一輪の薔薇のもてなしの心

暑い日々が続いています。お祭りを無事に二つ終えて、やっと私のささやかな休息の日がきました。
TEAMIEの紅茶教室でのレッスンです。
c0155326_14591183.jpg

ラブリーなエントランスにもすでにもてなしの心が・・
明るいミンミン先生の声で「いらっしゃ~~いemoticon-0115-inlove.gif」と招き入れてくださいました。
c0155326_1543385.jpg

テーブルには一輪の薔薇が・・・その名は・・のちほど
c0155326_1553122.jpg

この日のテーマはイギリスのロイヤルウエディング ウイリアム王子とキャサリン妃の美しい門出をこちらでもお祝いするかのように、楽しいTEAPARTYが開催されました。

一年以上にわたり、このお教室に通わせていただいているうちに、こちらで知り合えたお仲間ともすっかり親しくさせていただいて、背筋の伸びる教室の中にも大変リラックスした心で過ごさせていただくのですが・・それは先生のたくさんいらっしゃる生徒一人一人への優しさあふれる配慮のおかげです。
c0155326_15165997.jpg

そこにぱにぽぽさんのこの素晴らしいタルトもお話の種になり・・人々との心の繋がりに深く癒されました。
お料理はいっちゃんのレシピから・・サンドイッチも中身がたっぷりでヘルシー、その後のスイーツも気になるので、食べ過ぎないように注意しましたemoticon-0110-tongueout.gif
c0155326_15311771.jpg

ロイヤルブルーの鮮やかなエンブレムがテーブルを引き締めます。
ウエルカムドリンクの中の花弁もサファイヤをイメージさせられます。
一本の薔薇はミンミン先生が前日にあちらこちらの花屋さんを覗いてはこの日の為に見つけてくださった
ロイヤルウエディング」という薔薇です。
c0155326_154582.jpg

そのお心にすっかり魅了されました。
この日のお待ちかねお手製スイーツは・・バラのようにピーチとサファイヤいっぱいちりばめられたトライフルです。
c0155326_2338206.jpg

TEAMIEの記事へも是非飛んでみてくださいね!→☆

emoticon-0129-call.gif老育とは・・・年を重ねる上に必要な新たな知識を身に着けていくことと考えています。

小夏庵にもぜひどうぞ・・→☆
by akageno-ann | 2011-08-18 15:19 | エッセ- | Trackback | Comments(12)

老育  祭祀に学ぶ

c0155326_7361539.jpg

この夏は震災の被災地のことを思いつつ地域の祭の実行委員として一つの祭を開催した。
それまでは猛暑の夏で、一雨もふた雨もほしいところだったが、どうしたことかその2日前から天候は変わり、そう恐らくは南の方に発生した台風の余波で、大荒れの天気が予想された。

着々と進めていた祭の準備は7月30日に向けて全開になったが、その2日前あたりから天候の懸念が・・

祭はすでに40回になろうとしている。
小さな祭が櫓をたてるまでの大きな祭に変化し、子供みこしも持っている自治会になった。

その間の多くの人々の祭への思いを押しはかった。

今は既に80歳を超える人々が司ってきた祭。

今回も70歳代の人々が中心になって、綿密な計画がたてられた。

その思いに押されて、私も当日まで身を粉にして務めたつもりだ。

身を粉にするというのは、頭で考える前に行動することと・・自分は思っている。
by akageno-ann | 2011-08-09 06:47 | エッセ- | Trackback | Comments(4)

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。


by ann