ブログトップ | ログイン

アンのように生きる・・・(老育)

昨日20年続いたというTBS 「渡る世間は鬼ばかり」が最終回を迎えました。
作者・脚本家である橋田壽賀子さんはもう85歳でいらっしゃると思います。

私は大変興味をもってこのシリーズをしばしば拝見してました。

時に「ここまでいう?」というような長い理屈ぽい台詞もありますが、ふとドラマ上で行われた出来事が、結構私の親族の中にも起こったので、さすがだなあ・・と感心して見終えました。

特に昨日は脳梗塞のために娘のいるアメリカに渡って病気療養した主人公さつきの姑きみが、やはり日本の自宅に戻りたくてしかたがなかった、という件・・・80を超えた年老いた親を中華料理店に立たせて、接客させるシーンに「亡き祖母」を重ね合わせました。

祖母は神社を40代で夫を亡くしてから、一人で切り盛りしてきた人で、叔父が宮司になってからもその妻の叔母から強い信頼を受けて84歳まで台所を一手に引き受けていました。

70才で乳がんを発症し手術して回復、84才で大腸がんで入院するまで痩せ細った体で細腕繁盛記さながらの祖母は東京にいる私たち家族を時折尋ねながら、実によく頑張った人でした。

最後の手術のあとも本人は自宅で復帰のつもりでいたのですが、家族の心配が強く隠居生活になりました。

つけものの糠床を心配しながら、庭の育てていた野菜を見ながらも隠居すると急に力が萎えたようだ、と周りの人が言っていました。

それから92歳まで次第に優しくぼけて、最後の4年は施設生活でしたが、静かな最後でした。

ドラマでは家族が見守りながらともに働くことこそ生きるために重要なことだ、と家族が話し合っていました。

多少の困難は皆がカバーする。そうすることで年取った人の役割が明確になる、というのです。
なんとも言えず、今の我が家と重なるのですが、難しさも感じながらナチュラルに進みたいと思っています。

言葉にするのは上手にできないけれど、葛藤もいっぱいありつつ・・老若男女助け合って生きる術を見つけ出さないとなりません。

橋田壽賀子さんは一人暮らしを基盤としつつ長い年月の中で見てきた人間模様をまことに辛辣に表現しながら、生きる者の役割をしっかりと浮き彫りにし、年取ったものと若い者との立場を書き分けて、そこに「感謝する心」の必要さを説いてくれたと思います。

自分もこれからもっとそこを掘り下げていきたいと思っています。
by akageno-ann | 2011-09-30 23:31 | エッセ- | Trackback | Comments(4)

老育 おうちカフェ開店

c0155326_74611100.jpg

私たちの住宅地はかつて40年前に造成するにあたっての約束事がありました。
住宅内で店を開いてはいけない・・教室などは良い・・というような
それから40年emoticon-0100-smile.gif・・人々は確実に年をとりました。

c0155326_748238.jpg

高台の住宅地で最寄駅からの上り坂が皆大変になってきました。
近くに歩いて行けるレストランは2軒ほど・・
しかしこのほどお菓子つくりを教えていらしたお宅が店ではなく、作ったお菓子をその場で提供するスペースを作ってくださいました。月末の5日間だけという期間限定・・

c0155326_7502556.jpg

さりげない季節感あふれるセッティングに皆さん楽しみにされています。
これは手ぬぐいを利用されたテーブルランナーです。
こちらで手作りのお菓子とお茶がいただけます。
c0155326_751442.jpg

グレープフルーツのプリンは香り豊かで大人気
年配の方たちもここなら歩いて気楽に立ち寄れます。
c0155326_7531831.jpg

今日はまめ寒天に栗とアイスクリームが入ったものもあって・・となりはもちろん黒蜜
お年よりも皆さん喜ばれますね・・この優しい甘いもの・・
c0155326_7543160.jpg

私はそのまめ寒天とこちらのブドウのタルトをいただきました。
お部屋のレイアウトには近隣の方の手作り作品があり、希望者には譲っていただけるという
楽しいスペースです。
こういう心と才能を持った人々が増えています。
c0155326_7561653.jpg

写真が下手すぎましたが・・ダージリンのストレートティですemoticon-0137-clapping.gif

c0155326_7571485.jpg

床の間の翁の面もやさしい笑顔です。

お茶で心を癒す時間はこちらで↓習っています。
TEAMIEのレッスンについてのブログはこちら→☆
ぱにぽぽさんのお菓子のデモンストレーションが池袋西武で行われます。
ぱにぽぽさんのお店の詳細はこちら→☆

小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-28 07:57 | エッセ- | Trackback | Comments(10)

今日は地域の敬老会のスタッフとして、一日早朝より忙しかった。
c0155326_2336586.jpg

その前日の土曜日に紅茶教室にエントリーすることに少しの不安があった・・
以前の私なら前日は心の準備を静かにする方だが、最近の私はフル活動しながら過ごしてくアクティブ派に変化していた。
c0155326_23365168.jpg

ぱにぽぽさんのこの素晴らしいアントルメを友人たちとお土産にしたが、本当に初体験の見事な味に皆で感動できた。師匠によるこの設えがまたうれしい

前日にTEAMIEでよいひらめきをもらえるだろうと想像できるし、事実自分にそういう前向きな思いが育っていた。そして今日は緊張はしたが、一つのアトラクションを無事終了できた。
c0155326_23374395.jpg

私も間もなく還暦・・かつて大好きな祖父の還暦を祝ったときに、60歳は相当のお年寄りだと思えた。しかし今日の地域の77歳以上の敬老会290名中100名ほどの人々を70歳前後の役員の主催で行っている現状に、まだまだ年をとれないのだ・・と言うことをひしひし感じた。
c0155326_2339252.jpg

3時間のお祝いの会を運営するには企画から相当な時間を有するが、当日はテーブルセッティングを含めて会の前後に5時間ほどが必要だった。
スタッフの長が綿密なスケジュールをたてていらしたので、飲み物からお弁当までが流れるように運ばれ、アトラクションの関係者もタイムスケジュール通りに収まっていった。
c0155326_23525855.jpg

TEAMIEでの楽しい一コマ・・思い思いのCup and saucerを選びおいしい紅茶を淹れていただく・・

私は最後に皆さんに歌っていただく役割だが、会場の皆さんに一日コーラス部員になっていただくという設定をすんなり受け入れていただけた。
堅物にならずに明るく楽しく人々と過ごすこつ・・それを日々学んでいるが、そろそろ自分もまた人々に伝える役割が出てきたように思う。
最後の「ふるさと」の合唱を役員にマイクを向けるとそれぞれ見事に歌ってくださって、心から感動した。
今あるこの地域の穏やかであることの幸せと、その継続を願いつつ、被災地へ心を寄せることを常に忘れぬことを互いに確かめ合い、心のふるさとを大切に築いていきたい。

TEAMIEのレッスンについてのブログはこちら→☆
ぱにぽぽさんのお店の詳細はこちら→☆

小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-25 23:53 | エッセ- | Trackback | Comments(18)

c0155326_20462664.jpg

今日はこちらをテーマにした紅茶教室に伺いました。
師匠は・・TEAMIE主催のミンミン先生です。
ピーターラビットは大学生のときに気に入って小さな本を買いましたが・・
最近[MISS POTTER]の映画にすっかり魅せられて、絵を描ける、しかも動物の物語を
絵本にしたベアトリクス ポター女史に憧れています。
c0155326_21195760.jpg

TEAMIEに伺うようになってから、残された人生に張りが出てきていることに、今日気づきました。
たとえばそれは、紅茶の香りと味がわかるようになったこと、お菓子をゆっくり味わえるようになったこと、それらの味わいを少しずつ生活に取り入れられるようになったように思うのです。
師匠の毎回のアレンジを拝見すると、もちろんまだまだなのですが、とにかく初めてお会いする方たちともお茶の時間を通して楽しい会話の時間を持てる自分を しあわせに思います。
きざな言い方なのですが・・正直にそう思えてなりません。
c0155326_21252413.jpg

贅沢な時間を作り出すには努力が必要だと思いました。
ただお金をかけるということでなくて、そこには物を大切にしていく心が必要です。
c0155326_21272684.jpg

このピンチョスというかわいい串刺しをレタスとキャベツで供されて、ピーターラビットがどこかに隠れているような錯覚になるのです。人参もアボカドとレモンのディップでおいしくいただきました。テーブルの草花もピーターのお気に入りですね

c0155326_2242117.jpg

ミンミン師匠はこの6月にポターゆかりの英国湖水地方を旅されて、写真とともにたくさんの知識を授けてくださいました。
私はすっかりポターの気分に・・この感動を伝えたくて・・

c0155326_21351032.jpg

たくさんのピーターラビットのグッズは様々な形で集められたものですが、そのエピソードを全てきちんと覚えていらっしゃる語り手のミンミン女史・・ここに集ったグッズたちも幸せですね。
だから一つ一つの品物たちが幸せ感をそこにいる人々にも分けてくれるような気がします。

c0155326_21441984.jpg

ポターと共に紅茶講座は、あっという間に時を過ごし、私の帰らなければならない4時になっていました。
c0155326_21473594.jpg

いただいた美味しいものたちはこの会をぐっと盛り上げます。このコテージパイは絶品です。アツアツが供されます。
c0155326_21482086.jpg

サンドイッチです。でも挟まれたジャムにも、ディップにも一味もふた味も違う工夫があります。
                                      つづく
小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-24 21:52 | エッセ- | Trackback | Comments(8)

老育  受け継ぐ者たち

老育の原点を取り上げてくださったこの方のブログ・・輪島の漆器店の女将さんです。→☆

この三月の大震災の被災地の方たちはそういうものを多く失われ、それでもまた頑張って引き継いでいこうとする姿を映像から拝見しています。心を寄せ合って頑張っていきたい日本です。

ひたひたと忍び寄る、日本全体の社会への影響・・ここ入間市にも大きな波が押し寄せてます。

狭山茶です。美しい茶畑の風景のあるここ入間市は毎年茶摘みの頃、ニュースで全国放送されます。
しかし最近 放射能の値が高いお茶が出た・・と三日間連続で報道が・・

すぐ近隣のお茶屋さんは開店休業の状態です・・とおっしゃってます。

伺うとすぐにおいしい狭山茶を提供してくださいます。

私は変わらず飲んでいます。

しかし進物には使えないし、書道のお稽古の生徒さんのお茶も最近は紅茶です。
大変気にされていらっしゃる方もありますから・・

長い年月お茶栽培をしてお茶屋さんを続けてこられた家がこの辺は多いのです。
途方に暮れる・・と言う状況です。

お茶は嗜好品だから・・信頼回復しても遠ざかった人々をつなぎとめていくことが難しいといいます。

この年の新茶を検査済みのお便りを入れてもらって、親族にはいつものように配りました。

これからもそうしていきたいのですが、受け継いだものの大きさを感じながら日々過ごされているお茶屋さん茶畑の向こうの富士山の風景が大好きですが・・今年は少しさびしいです。
c0155326_12453298.jpg

小夏も私ものんびりと茶畑を見ながら散歩するのがすきなのです。

お茶は各店で検体して大丈夫というものしか売られていません。
そのことはここにお知らせしておきたく思います。

「お店をしばらく閉めようとは思ったのですが、かえって気持ちが暗くなるので、訪れてくださる方もあるので、開けています。」と三代目の店主の奥さんと、ここ入間市のこれからを案じつつ話しています。
先代の頃からのお付き合いなので・・その辛さがわかります。
日本が元気になってほしくて、一緒に頑張っていきたいです。

入間市のホームページはこちらです。→☆
小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-23 12:47 | Trackback | Comments(4)

老育  幼馴染の家にて

c0155326_1057351.jpg

ここは50年前には私たち幼い子供たちのかくれんぼのお庭の一つで 奥のこの家のご主人の大事な仕事場には足を踏み入れたりはしなかった。
c0155326_11354498.jpg

その工房を私の幼馴染がクラフト工房に手直しされて、教室を開かれていると実家の母から聞いていたのだけれど、このほどやっとお邪魔することができた。
c0155326_1139369.jpg

若い新婚の女性と一緒に私もリースつくりを・・紫陽花の花材が美しいグリーンのグラデーションで触っているだけで・・心癒される・・(その方の若い手の表情を撮らせていただいた)

ふっと昔に戻って、互いに幼名を呼び合ってしまうようは不思議な時間が流れた。
全てが一時代前に引き戻してくれるその工房の雰囲気・・
c0155326_11412662.jpg

レコードが聞ける・・と伺っていたので・・カーペンターズを持っていったら、やはり大好きだとすぐのかけてくださって、うれしかった。
私の方が大分年齢は上なのだけれど、ここまでくるとそんな隔たりもなくて・・ただ50年前のあのころをただただなつかしんだ。
c0155326_11444977.jpg

母上が草花を育てる名手でいらっしゃるからお庭の方も素晴らしい・・自然な雰囲気にあとから顔を出した主人もすっかり気に入ってしまって・・買ったばかりの一眼レフで写させていただく。
c0155326_11464778.jpg

この糸瓜も手間暇かけて、クラフトの材料になるのだそうだ。
c0155326_11474426.jpg

このコサージュにもひっそりとへちまが・・企業秘密emoticon-0105-wink.gif
c0155326_11494225.jpg

私はこんな風に・・・紫陽花をリースにさせていただいて・・この中にも
ユーカリさんの名前の由来のユーカリが香りとともに潜んでます・・
c0155326_11505416.jpg

紫蘇の花が咲いたから・・とお庭のハーブも残暑厳しい都内の一室に涼感を呼ぶ。
c0155326_11525917.jpg

できた作品をこうして飾ってもらって・・ほめてもらって・・うれしい限り・・
しばらく実家においていくことにした。
ユーカリ先生もご両親のそばに少しでも一緒に・・という気持ちが私との距離を一挙に縮めた・・
うちの両親も喜んでいる・・私がこうして実家にしげく足を運ぶのを・・
c0155326_12234958.jpg


ユーカリさんのブログとホームページはこちら・・ →☆ ブログ→☆

小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-19 11:48 | エッセ- | Trackback | Comments(14)

老育 母の形見

老育・・とは  年を重ねながら、再び学び成長する日々を自他ともに楽しく努力すること・・

など、考えながらここに書かせていただいてます。

昨日 長いこと箪笥にしまっていた 亡き義母の形見ともいえる和服と帯を出していました。
友人に教えていただいてちょっと何か作り変えようか・・と思っているのです。

久しぶりに見る義母の好みに私が近づいていたようです。

ちょうどガラステーブルを加工して帰ってきた主人が何かガラスの間に布を入れたいというではありませんか・・
c0155326_453982.jpg

そのあまりのタイムリーな 母の帯の登場に 主人絶句・・
これは恐らく母の後押しですね・・
35年前・・夫である義父の勤続30周年乃記念式典出席のために選んだものですが・・
主人はまだ学生で・・母を新宿までエスコートして一緒に選んだそうです。

もしかしたらそれが最後の母子の外出だったのかもしれません・・

かつて姉にも聞いたのですが・・主人にくださったので・・そのまま大事においてありました。
先日私の祖母の着物を故郷から持ち帰り・・これも何かにして使おうと思っていたので・・
虫干しの時期ではないかもしれませんが・・母のも一緒に風を通してました・・
c0155326_4583819.jpg

その柄のあまりに素晴らしいことに胸打たれました。
そのときの母の年を越えましたが、母に一度ご馳走してもらったワカサギのフライや
マカロニグラタンの味まで鮮明に思い出しました。

矢津田さんのお皿でいつか再現してみようと思います。
何しろ揚げ物の好きだった義父に一生懸命料理していた母が
もしかしたら息子の嫁になるかもしれない・・と思っていた私に

「おいしいといってたべてもらえることは滅多にないから・・今日はうれしい」
と言った言葉・・・

それが最後になりました。
そんなことを思い出しつつ飲んで・・つぶれました・・昨晩は・・

夢を見て・・今目が覚め・・早朝より頑張ります・・主婦として頑張っていた義母は
あっという間に人生を閉じたのでした。

小夏庵にもよっていただけたら嬉しいです。 →☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-17 05:04 | エッセ- | Trackback | Comments(11)

老育  お誘いに乗る

c0155326_19414913.jpg

月も美しい秋の夜に相応しい器に出会ってしまいました。
矢津田義則さんの作品です。→☆
昨年この方の焼酎サーバーが我が家に来てからお酒の時間が豊かになりました。
マイナスイオンによって、焼酎がおいしくなるんです。
不思議なんですよ・・一年が過ぎ、また今週表参道ヒルズに帰っていらっしゃいました。
昨年は初めましてで、お話もそんなにしませんでしたが、二度目になると顔見知り・・
お作品でコーヒーもいただき、奥様お手製のカボス入りのクッキーをお代わりさせていただき・・
楽しく今回はお皿と焼酎茶碗をいただきました。
ギャラリーで見た時とは趣の異なる我が家にもマッチしてくれるこの器・・
何気ない普段のお惣菜ですが・・心がうれしい・・
c0155326_20354825.jpg

その後は楽しいランチですが、この方のお蔭でとてもリーズナブルなお値打ちランチをご紹介いただきました。
c0155326_19413290.jpg

20食限定のランチでスが、ベルギーのショコラティエカフェならではの素晴らしい持て成しです。
表参道にいらしたら、是非お試しを・・私はすっかりその雰囲気に魅せられてみなさんにお付き合いいただいて、カフェオレも・・・おのぼりさんの気分で楽しませていただきました。
お誘いいただいて本当にうれしかった。
c0155326_20371749.jpg

少し遠いけれど、これからもちょこっと参加させていただきたいです。
すっかりくつろいで・・昨日までいろいろ心の憂さがあったのですが・・気分転換になりました。
c0155326_20423128.jpg

この大きなカップのカフェオレ・・丁寧なもてなしでおいしかったです。
場所はこちら→☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-14 20:47 | エッセ- | Trackback | Comments(15)

老育 実家に戻ると・・

昨日は10年ぶりのお泊り旅行に参加するという舅を・・いろいろ心配はしたが・・かわいい子には旅をemoticon-0124-worried.gif・・という気分で 新横浜の新幹線まで見送った。
古巣の同僚たち80余人との最後の会合ということで、盛り上がったらしい。
帰宅した時の穏やかな笑顔がそれを一目で教えてくれた。
帰宅は一人で最寄駅まで帰ってきてくれた。87歳・・です。

3月に予定されていたものが震災の影響で9月に伸びた。その間に出席予定の方3人がご病気で亡くなっていたそうだ。

二年前に大きな病・胃がんの手術を その直前に 心臓バイパス手術までして 回復まで半年かかり、医学のすごさを感じつつ、38キロまでに15キロ落ちてしまった義父の体重を案じながら、現地まで付き添わないで・・三島の会合に行こうとする父を送り出しながら、その回復ぶりに驚いていた。

実家の方も年をとってきたので、その話をしに、夕刻出向くと、義父を大変心配していた。
しかし、実家の両親にも自分たちでできる限り行動してもらっているので、私の中ではこれでいい・・と思ってしまっていた。
c0155326_3273390.jpg

近くの割烹で食事したら、重陽の節句の菊の花入りのお酒がふるまわれました。長生きしてください・・と
ずっと30年間、病気がちの義父を中心に過ごした私は共存するためのノウハウを自然に学んでいた。ただ手伝うというよりも、ともに生きる方法を考えていく日常・・

弱い人を手助けする。
それは両親が上京して最初に建てた家の近くの公立中学校の教えの一つでした。
近隣に奉仕する時間が毎週あって、純粋に必死だったあの時代が甦ります。
c0155326_3305743.jpg

友人のまりまりさんがくださった作品のお花を母にあげると、とても喜んで、お気に入りの羽子板と一緒に撮影しました。
長いことお正月だけしか出さなかったこの母の名前に由来する歌舞伎しのぶ売りの羽子板を昨年からいつも飾るようになった母です。
震災以来、とても心が傷ついています。
四国を襲った南海大震災も戦争も通ってきた母の人生・・これ以上悲惨な世界を見たくはないという思いがわかります。

義父との暮らしの中に実家に戻る時間を増やすことを考えています。

それを後押ししてくれるような再会がありました。
すぐお隣の幼馴染がご実家に工房をつくり、日々何時間かをそこで教室を開いたりしつつご両親との時間を大切にしていました。
c0155326_3375522.jpg

母上は花つくりの名手・・この瓢箪も母上の丹精されたものです。
それを利用してのリースつくり・・ハロウインの作品がすっかり気に入って分けていただくことにしました。

「今友人たちと被災地に支援を・・と制作していたのでそちらに寄付させていただきますね。」
そんな思いも同じ中学校の同窓生の心として思わず感動・・
年齢は私がかなり上ですが、互いにこれからの日本を憂えながら、何か役立つことをやって行こうとする思いの同じことを
30年ぶりくらいのゆったりとした再会に感じることができてうれしかったです・・

小夏庵にその工房を紹介させていただきます。
→☆

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
by akageno-ann | 2011-09-11 03:54 | エッセ- | Trackback | Comments(13)

昨日は途中アップで眠くなり・・追記がemoticon-0115-inlove.gifあります・・

c0155326_2315058.jpg

横浜市 あざみ野のアートフォーラムで行われている モザイクビエンナーレ2011
主人の友人が出品されているという案内をいただいたので、出向くことに・・

前回の時は行きそびれたので・・ここ埼玉からはちょっと遠いのです。
c0155326_23245835.jpg

でも、モザイクは古代ローマ時代から欧州には素晴らしい作品が残され、永遠の絵画ともいわれ、その魅力に取りつかれるとあの細かい作業もいとわずにモザイク作家たちは時間をかけて創作し続けます。三上さんという方は個人の家のポーチなども多数依頼されて優しい作品を作る作家です。
優しい象の目がこちらを見てくれました。
c0155326_23395743.jpg

希望・・という題のこのひまわりはエネルギーを感じました。
c0155326_234129100.jpg

作家の優しさが伝わってきます。
永遠の絵画・・淡路島にある大塚国際美術館では世界の名画を陶板によって再生して永遠に保存しようというコンセプトを持つ特別な美術館ですが・・タイルで表現する絵画はそのまま永久保存ができるのですね。
c0155326_23425031.jpg



さて・・この展覧会に横浜に行くわ・・と素敵な若いエンジェルチームに話したら・・その前に横浜で集まりましょう・・ということになったのです。感謝感謝!
c0155326_714237.jpg

横浜みなとみらいの楽しいフードコート・・オフィスのランチタイムはあっという間に満員になる場所・・よそ者は知らない場所だわね・・
c0155326_725313.jpg

タイ料理の本格的な味がとてもお安くemoticon-0109-kiss.gifいただけます。
c0155326_734072.jpg

本格グリーンカレー・・ごはんがおいしいのは日本だから?かな・
すっかり若返った私は、20代30代のことを思い出しemoticon-0136-giggle.gifついついおしゃべりしてしまいました。聞いてくださるエンジェルチームありがとう!

電気もガスも使わない しあわせレシピ―あえるだけ、のせるだけ簡単メニュー117

いっちゃん / 主婦の友社



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

続きはこちらMore
by akageno-ann | 2011-09-08 23:47 | エッセ- | Trackback | Comments(10)