<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

老育 新緑のコンサート

ほんの少し前まで桜の花で彩られていたこの川のほとり・・
c0155326_19552373.jpg

かつては繊維工場の試験場だった 入間市仏子の総合芸術館アミーゴ
コーラスでも使ったことあるこの会場は実に自然体でクーラーなし、防音装置なし・・
c0155326_19553670.jpg

このマイクの前にそれぞれの扉から現れたのは若き紳士たち・爽やかで明るい
そしてとてもナイーブな演奏を聞かせてくれましたemoticon-0159-music.gif
c0155326_19555687.jpg

ジャミン・セブのメンバー四人のカルテット・・男声コーラスグループでした。
c0155326_19563911.jpg

この方が 「貴方の家の近くではない??」と知らせてくださって
スペシャルライブ&コーラス講座という楽しい企画のコンサートが連休初日にありました。
近隣の市のコーラスグループが中心に集まりました。
私は友人と見学組で・・とても気楽でおしゃべりも楽しいライブ
アカペラがとてもいい・・森山直太郎のさくらのコーラスアレンジは感動してしまいました。
ジャズコーラスという雰囲気の外国色豊かでそれはそれは楽しめました。
yoshikoさん・・お知らせくださりありがとう!
c0155326_20175034.jpg

こんなに演奏途中に写真を撮りたい衝動に駆られたことがないほど・・新緑の背景に
外国の公園のようにカラフルな可愛い洋服を着た子供たちが自転車やサッカーボールで遊び・・
時にここから聞こえる素敵なコーラスに耳を傾ける姿が感動的!
その雰囲気をこのカルテットの皆さんも楽しんでくれるのです。emoticon-0115-inlove.gif
もちろんワンちゃん散歩の方たちも・・
フィナーレは会場の外からもハンカチを振って喝采!
晴れてよかった~~外気温30度近かったけれど・・まだ4月
いつかここでallショパンのピアノのコンサートがあったけれど、そのときは大雨・・
偶然でない「雨だれ」の演奏は粋でした・・
ちょっと素敵なナチュラルなホールでしょう?
by akageno-ann | 2012-04-29 20:23 | エッセ- | Trackback | Comments(14)
小さくともアジアで輝く国・・・だから星国とも呼ばれるシンガポールは
わたしにとっても星の国・・
最期に一か国・・と言われたら・・いや 今行かせてあげるから・・と
言われたら・・時間的にも星国かな?ここは1泊2日でも楽しめると思えます。
c0155326_2246150.jpg

そんな憧れを日本で叶えてくださったのが・・TEAMIEの教室です。
「本日はタイムレスでくつろいでね・・」と
いつも暖かいミンミン先生がとびっきりの笑顔で迎えてくださって、
ご一緒のお仲間と寛ぎの時間があっという間に三時間半・・過ぎました。
c0155326_22463752.jpg

数々の地球儀が時間旅行を盛り上げてくれます。
シンガポールは世界の真ん中に今日はありました。
同席の方たちと懐かしい旅行の話もたくさん出て・・昼下がりの微睡の中、思いに耽る自分がありました。
c0155326_22494610.gif

星国の象徴はマーライオンですが・・さすがミンミン師匠・・こういうピックを
記念に買ってこられるところ・・真似したい・・
今年も何度目かのシンガポール旅行をなさって・・とっても素敵な旅の思い出をシェアしてくださったのですが・・それをもっと現実に近く再現していただきました。
今シンガポールで人気の紅茶の銘柄 TWG 一昨年初めて知ったのですが
種類も多く、味わい深いお茶の味を堪能させていただきました。
c0155326_225441100.jpg

本日のメニューはこちらです。
c0155326_22553996.jpg

生意気にも「海南ライスはあまり好みではないです・・」なんて申し上げた私に
優しい師匠は 大好きな一品にしてくださいました。
私がかつて食べたのはいったい??海外で食事をするとその場所を選ぶことを怠るととんでもないことがありますね・・emoticon-0107-sweating.gif
c0155326_22581380.jpg

この設えもまた素敵で・・三種のソースはジンジャーソース(写真右手前)が後を引く美味しさで・・タイ米のライスと一緒に鶏肉の柔らかさと風味をたっぷりといただきました。
c0155326_2314884.jpg

この色合い・・原色が降り注ぐ太陽の光に映える街で、かつて私もブルーや紫の服をよく買ったものでした。インドからの健康管理と買い出し旅行で利用した麗しの国シンガポール・・
この国は南洋のフルーツの豊富なところでしたが、見た目の色合いを楽しみつつ味のおいしいドラゴンフルーツを持って行くことができました。emoticon-0115-inlove.gifそれも偶然に・・
まだ季節としては日本の沖縄などでも早いのですが・・
昨日ご近所の方をお茶にお呼びしたら・・お持たせがこのドラゴンフルーツだったのです・・
c0155326_2391562.jpg

嬉しくて絶句する私に・・友人が「近くのスーパーですよ・・私大好きな果物なので・・」とさりげなくいただいたのですが・・ミンミン先生もとても喜んでくださって・・ピッタリなメニューをさっそく作ってくださいました。
c0155326_23101355.jpg

海老とドラゴンフルーツの南国風なサラダ・・マヨネーズとスイートチリのソースが絶妙にこの二つの味をひきたてて・・帰宅してまた作りました・・
お客様に出したい一品です!
c0155326_23115845.jpg

このひとときがずっと続いてほしい感覚にお暇の時間を忘れたかったのですが・・
でもかえって明日からのエネルギーにさせていただけそうで、皆さまよりちょっとお先に
失礼して・・遠路を戻りました・・・
遠路とは・・本当にシンガポールに行ったような心地とTWGとラッフルズホテルのお紅茶をはじめとした香り豊かな数々の味をじっくりと体中に沁みこませて・・
年を重ねて・・海外旅行が不可能でも・・
思い出をひも解いて満足できる小さな旅もありますね。
そこに同席してくださった人々の様々な思いも重なって・・疑似体験する旅も今の私には究極の時間旅行です。
TEAMIEのミンミン先生と同級生の皆様にもいつも感謝しています。
c0155326_23222586.jpg

ミンミン先生のシンガポールの旅の記事はこちらです。→☆
by akageno-ann | 2012-04-24 23:23 | エッセ- | Trackback | Comments(15)
c0155326_123184.jpg

犬も散歩というよりは 一年生の見守りパトロールでこの川に出てみました。
入間川の支流霞川といいます。今この季節がその名前にぴったりです。
c0155326_12313752.jpg

子供たちはもう10日を過ぎてしっかりと通学しています。
今日は私の方が注意されました・・・車道にいたので
「車が来ますよ・・」ってやさしく・・子供の成長は目覚ましいですね。
ブログの為に写真を撮っているおばさんが犬に引かれて車道に出てしまってemoticon-0107-sweating.gif
これからもそんな成長を垣間見させていただこうと思ってます・・私も気を付けますemoticon-0115-inlove.gif
c0155326_12323539.jpg

今日もまだまだ桜を楽しめそうな素晴らしいお天気です。
昨日は忙しくて写真だけアップしました・・さっそくコメントくださった野の花さん
ありがとう・・
c0155326_1233781.jpg

by akageno-ann | 2012-04-17 12:33 | 小説 | Trackback | Comments(17)
ちょうど一年・・今日は私の大親友の一周忌だった。
悔やむ思いは一つもない・・おそらく今彼女はかなたの地で私のことを待っていてくれる。
そういう確信をもっている・・

今日のお坊さんのお話がまことに素晴らしかった。
c0155326_2042396.jpg

真宗大谷派の白骨の文・・そう朝元気だった姿も死と隣り合わせにある・・と覚悟をして日々を過ごせば一日一日が素晴らしい人生の一ページになる・・
それは亡き友人の覚悟のある人生の日々を彷彿とさせた。

c0155326_2045694.jpg

彼女の家には常に温かい寛ぎがあって・・いつ伺ってもさりげない歓待の心がそこにあった。
その人が好んだこのホテルの一角の料亭のこの設えもとても気に入っていらした。
c0155326_20465063.jpg

美しいお作りは」サラダ仕立てになっていて、一つ一つの味を曳きだしていた。
その見事な料理にしばし皆さんが様々な料理の思い出を語る。
ご主人のお話はまことに豊かで友人の傍らで見守る姿を感じてしまった。
遺された姉上にちょっと握手させていただいたら友人と同じ感触のぬくもりがあってジンとしてしまった。この一年たくさん彼女を感じさせてもらったけれど今日は一段と深く傍にいてくださった。
c0155326_20512175.jpg

こんな御簾のある風情が彼女は好きだった。夏のお家には上手に簾を使われてお茶の先生だったお母様を教えを引き継いでいらした。
今日の場所とお料理は正に茶懐石の風情だった。
c0155326_20524742.jpg

貴方の精神をお嬢さんも皆さんもしっかりと引き継いで美しい生活を続けていらっしゃいますね。
私もあやからせていただいています。
感謝と感動をいただいた今日の一日・・
c0155326_2054303.jpg

明日・・私はまた少しだけ成長させていただけるような気持ちになりました。

小夏庵にも・・
by akageno-ann | 2012-04-14 20:55 | エッセ- | Trackback | Comments(6)

老育 借景のさくら

こちらもほぼ満開になりました。

9日はこのあたりは小中学校の入学式でした。
c0155326_7382293.jpg

二階の部屋から桜の息吹を感じられて・・
しばらく使っていなかった部屋を掃除しました。
ほこりだらけ・・

昔はこの二階によくお客さんを通していたものでした。
来客中に下の台所を何度階段を上り下りして頑張れた若き日を思い出しました。emoticon-0100-smile.gif
サクラが咲いた・・紅葉がきれい・・と そんなお茶会をしていた日を懐かしく思います。

季節を丸どりできたこの二階・・復活させなくては・・
小さなキッチンもあるのです・・
c0155326_7421170.jpg

春のこの季節を逃すと また大変に暑い夏がそこまでやってきます。
二階の暑さはインド時代を彷彿とさせられますemoticon-0115-inlove.gif
日本の四季が少しくるってきているようで・・とても心配です。

さくらを愛でましょう・・
c0155326_7443540.jpg


そして我が家からの桜を愛でつつ・・小さなお茶会です。
c0155326_17575170.jpg

さくらに合う食器はやはり漆かな?
c0155326_17582591.jpg

by akageno-ann | 2012-04-11 07:45 | エッセ- | Trackback | Comments(16)

老育 サクラと共に

こういうことは当然突然の知らせなのだが・・
かつての上司である素晴らしい女教師が教え子に見守られて旅だった。

82歳 私の二回り上の午年・・山形県の中学校を皮切りに上京して小学校に移り、結婚出産 ご主人の早世など人生の大きな転機を乗り越えて、我々後輩の教員にも多くの素晴らしい指導を遺してくださった。

女性ながらもなかなかの酒豪で その友人の方たちに言わせると お酒で死を早めた・・とのことだが 私は「最後にお目にかかった一年半前も豪快に生ビールのジョッキを空け、快活なおしゃべりをしてくださったK先生の生きざまはお手本だわ」と言ったら・・
「そうだわね・・」とK先生の死を明るく悼むことができた。
c0155326_22571230.jpg

我が家に二輪咲いていたカタクリの花・・そんな山野草を教えてくださったのもこのころの先輩たち、テニスも卓球も ダンスも 麻雀も卓越していて実に豪快・・師範出の人々は本当に何でもできる・・と言う憧れをもった・・
「先生は私たちの憧れの大石先生のような方・・」とK先生と8歳しか違わないという山形の中学校の最初の教え子の方たちが見えていて、涙ながらに別れを惜しまれた。
長い交流があり、しばしばお見舞いにいらしていたようだ。
素晴らしい師弟関係を最後まで見せてくださった。
それに京成電車の車窓から隅田川 江戸川の川べりの桜の満開と スカイツリーの全景を様々な角度から見せてもらって・・これも最後のプレゼントのような気もしていた。

「バックは苦手なのよ~~」と言いながら中央高速を飛ばしてテニス合宿に連れて行ってくださったり、山形のスキー教室にも 6年生担任のときは運動会に花笠音頭を伝授してくださって、打ち上げでは二人で披露・・楽しい方だった・・
c0155326_2394189.jpg

想いでは次々に甦り、再会したかつての同僚たちとの話も弾む・・

暗い葬儀ではなく、実に心優しい暖かなお別れ式だった。

心よりご冥福をお祈りします。
by akageno-ann | 2012-04-08 23:11 | エッセ- | Trackback | Comments(2)
今日は久しぶりにパン焼き器でフランスパンを焼いています。
このパン焼き器は昨年の1月ごろ買ったのですが、3.11の震災・・計画停電・・などを鑑み使用を控えました。
あれから1年・・・日本の人々の心に大きな変化があります。

その上に自然現象はさらに日本の国土に様々な厳しい現実をぶつけてきます。
昨日の春嵐は日本を縦断しています。皆さんのお宅の方は大丈夫でしたか?
c0155326_010504.jpg

桜はそんな厳しい気候を読むかのように・・・まだ堅い蕾のままでじっと開花を待っているような状況です。
公民館の1日の桜祭りには一輪の花も咲きませんでした・・
そんな話を聞きながら、今日は地域の夏祭りの用具を頼みました。
昨年は東北地方の祭は被災地の犠牲者の鎮魂の祭になったところがたくさんありました。
その思いは今年も同じです。
c0155326_0172466.jpg

一年一度必ず開かれる知人の書家の展覧会が国立でありました。
ここに伺うようになって数年がたちますが、一年一度の再会にも感動がありました。
米寿を迎えた義父を連れていけることにも意義を感じたりしました。

昨日は春嵐を心配しながらのドライブになりました。
高齢者と暮らしていますと・・日常のテンポがゆったりと流れ、あくせくしてしまう自分を抑えなければなりません・・

この住宅地のなだらかな坂をゆっくりと登るように過ごしていこうと思います・・

今日は鶯が見事な声で啼いていました。
春がきたようです・・
c0155326_029358.jpg

by akageno-ann | 2012-04-05 00:26 | エッセ- | Trackback | Comments(10)

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。


by ann