アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

老育 新年のお茶会

c0155326_23151834.jpg

一月が終わりそうです。いつもより寒い冬も間もなく節分立春を迎えます。
日当たりのあまりよくない我が家の庭の梅も芽吹いています。
春を待ちつつ、TEAMIEの今年最初のレッスンに出かけました。

TEAMIE・・・・ミンミン先生の創意あふれるセッティングにはいつも心にエネルギーを注入していただきています。
c0155326_2319559.jpg

今年のガレット デ ロワ・・はこちら・・
香ばしくて美味しい・・そして楽しい催しです。
c0155326_23201225.jpg

ご一緒させていただいたこの方が見事フェーブを当てられて、女王様に・・
そうして今日はみんなの友人いっちゃんも突然の参加・・最高のサプライズ!
c0155326_2322439.jpg

カメラマンがまたすごい!!061.gif
c0155326_23253019.jpg

そこでいただいた前向きな気持ちを持ち帰って・・我が家も二日連続のお茶会をしました。
c0155326_233038100.jpg

nanakoさんのお菓子と mahoさんのガレット デ ロワを送っていただき、
ご近所の皆さんで楽しみました。
c0155326_23321874.jpg

最高齢は年女の84歳の女性で フェーブを当てたいわ・・とときめいて
召し上がってくださったのがとてもうれしかった・・
フランスの風習のようですが・・大人が楽しめる新年のお茶会です。
by akageno-ann | 2013-01-30 23:34 | エッセ- | Trackback | Comments(15)
日揮という会社を初めて知りました。
しかしインドに駐在した経験があるので、日本の様々な企業の方たちと触れ合う機会もあり、容易にその人々の真剣なお仕事ぶりも想像できます。
デリー時代のパーティでも アフリカ 中東に派遣された経験を持った方々のお話を聞く機会がありましたが、今回のアルジェリアのような事件は想像を絶します。
この事件を簡単に通り過ぎてはいけないと思いました。

あの施設をテレビで見ただけでも、日常が日本のそれとはかけ離れていることがわかります。
最後に遺体で見つかった最高顧問の方は一か月に一度は40キロ以上の日本食を持って、現地へ赴いていたとうかがいました。

デリー時代、4カ月に一度くらいの割合で隣国のシンガポールへ健康管理休暇として自費で大枚はたいて買い出しに出かけたことを思い出しました。今思えば、私たちは呑気な旅だったと思い返します。
しかし必死でした。日本食を買いだして冷凍してもらってエクセスという航空超過料金を何万円も払って、インドに持ち込むのですが、日々の暮らしに潤いを持たせるのはやはり和食だったのです。

あのアルジェリアの現地は仕事場以外に何もありませんよね・・
日本のエネルギー資源確保のために頑張ってくださっていた方たちの命の終わり方・・
これは許せるものではないです。

日本の報道は痛ましさを報じたあとに平常と変わらないお笑いを番組編成通りに行っているけれど、今はそれを見ることができません。

10名がテロに襲われたのです。それは9.11の時と何ら変わることがないと思います。
今日は心より10名の方々のご冥福を祈ります。

c0155326_22194097.jpg

by akageno-ann | 2013-01-25 22:21 | エッセ- | Trackback
かつて一つだけシャネルのバッグを買ったことがあるが、あのシャネルスーツといい
とても憧れのブランドだ。
c0155326_17191429.jpg

そんなシャネルから新年早々素敵な招待状が届いた。(写真はシャネルのホールのピアノ)
夫の教え子のヴァイオリニストが銀座シャネルのホールで演奏するという。

その催しはシャネルがピグマリオンという若い芸術家を育てる支援を行ってきたことを継承するコンサートで、今年は福田悠一郎さんという 若きヴァイオリニストも選ばれ、その最初のコンサートに招待してくださったのだ。(ピグマリオンとは、映画マイフェアレディの原作バーナードショーの同名小説にもある、ギリシャ神話由来の才能を開花させていくという伝説によります)

主人は福田さんを小学校一年生で担任していただけなのだが、良く覚えていてくださって、
私もその幼いころの彼のピアノの発表会に伺ったのだが、このように音楽家として頑張っている姿には感銘を受ける。
この再会は私が中学校の講師をしていた時代の音楽の先生が彼の恩師だったことからつないでいただいた縁だが、本当に嬉しいことだった。

「春から大変縁起の良いお誘い」で私も楽しみにさせていただいた。

夫は残念ながら所用があり、同伴者にやはり役者になって頑張っている甥っ子を誘った。
そうしたら偶然にも同い年だったようで、とても刺激を受けた・・とその演奏に聞き入っていた。

シャネル自体、ピカソ、ストラビンスキー、ジャン コクトーらが無名時代に支援をしていたそうだが、その日の最初の曲がスラビンスキーの協奏曲で、ピアノとの共演で、大変意味深く、しかも興味深い熱演で感動をいただいた。

詳しくはCHANEL Pygmalion Days Classical Concert 2013

機会があったら是非聞いていただきたい演奏です。

c0155326_1784973.jpg

その日の銀座は10年ぶりというような美しい雪景色で 4階のホールからの風景は外国のようでした。

甥っ子は2日前に誕生日を迎えていたので、二人で軽くフレンチでお祝いをした。
c0155326_17142228.jpg

伯母さんと二人のフレンチを楽しんでくれる時間はだんだん少なくなるだろうから嬉しかった。

若者が大きく羽ばたいてくれるような日本になってほしい・・と 祈りつつ
心の支援をさせてもらおうと、願っています。
by akageno-ann | 2013-01-23 17:20 | エッセ- | Trackback
暮れから新年に向かって、いろいろなことが起こり・・それでも新年は明け、夫は今年厄年の還暦
正直ここまで生きられたら、満足!そう考えている私なのに・・
いやまだまだ頑張らんといかん・・と土佐弁でひとりごちる・・
c0155326_23404482.jpg

今日曜の夜のテレビは 同世代のさだまさし氏が絶妙なギターを弾き、歌っている。
こういう風に本当に努力を重ねてきた人を心より尊敬しつつ・・中途半端に生きている自分を振り返る・・

能力的にこれでも精いっぱいな自分をわかっているけれど・・もう少しなんとかなるのかな?
と思っていたら 凍った道で滑って頭を打ち・・その瞬間

「ああ・・人間て こんな風に終わっていくのかな??」など思ったりした。

幸い大したことはないのだけれど、一応病院に行って・・かなり努力して医者になった院長さんの優しさに触れて感謝・・
「多分軽いむちうちだけだけど・・硬膜下血腫は三週間くらい後に症状は出るから、自分が転んだことを覚えておいて・・今日はCTはとらずこのまま帰っていいよ」と診療費もとらない・・
同年輩でいつも病気を自分の身に置き換えて診てくださるこの医師は国家試験で相当苦労されたと自ら語るのだけど・・だからなのか・・天性の優しさなのか・・信頼のおける医師なのだ。
子供たちは上手に滑るように氷の上を「危ないからやめなさいよ・・」という私の声を聴きながら歩いている。

そこに50歳の隔たりを感じて・・過ぎてきた年月を思う。
この子たちを見守りたいな・・明日何が起こるかわからないこの時代を生きる小さな人たちを限りなく愛おしく思うのに・・私は最近とても口うるさくなっている・・
c0155326_02249.jpg


そんなことを考えていたら さだ氏も今この瞬間を精いっぱい頑張る・・という姿勢を語っている。
同年輩のおじさん、おばさんの想いを語ってくれている。

命の理由・・これが今日の最後の歌・・

もう少し生きそうな自分もそんなことを考えながら でも精一杯リアルタイムを生きようと想った。

しばらくコメント欄は 閉じさせていただきます。
お返事がなかなかできず、失礼してます。
お立ち寄りに心より感謝します。

小夏庵も気楽に覗いてください・・☆☆☆
by akageno-ann | 2013-01-21 00:04 | エッセ-

老育  松が明けると

年賀状を書くことが、今年はとても遅くなってしまった。
親族は 主人の叔父が亡くなったので、喪中だった。
教え子さんたちは忘れずに一日にくださり・・申し訳ないのだけれど
毎年増えていくので、いただいてからのお返事になってしまう。

今年の絵柄はこんな感じですが・・このコントがわかるのは年代が決まりますね。
c0155326_7243279.gif

更新がすっかり遅れまして、今年は少しずつまた書かせていただきます。

リアルに忙しさが倍増してしまい、手際が悪い分、ゆとりがなくなってます。
疲れやすいのも年のせい?
でも新年会はささやかですがいくつかいたしました。
最近のかわいいお客様は
c0155326_729298.gif

小菓子と紅茶で・・ご近所の一年生です。
公園で遊んでいて・・寒い寒い・・というので、おやつを我が家で・・
それぞれがグミやお煎餅を持っていて・・かわいいの

紅茶を二種類 ダージリンと ストロベリーのフレーバーティを出すと
ちゃんと香りも味も楽しんでくれました。ミンミン先生に報告しなくちゃ016.gif

アフタヌーンティの事もお話したら アリスの話にもなって1年生は吸収が早くて
たのしい・・

こういう楽しみ方もあるのですね。
c0155326_110297.jpg

気軽な持ち寄りで若いご近所さんとも女子会をしました。
c0155326_1112970.jpg

年配の人たちとは ヨガ教室の話で盛り上がり

今年も少しずつ明けてます。
by akageno-ann | 2013-01-15 11:03 | エッセ- | Trackback | Comments(16)

 老育   2013

1954年に生まれたから、来年は還暦を迎える。
祖父の還暦の祝いの時は中学生だったが、土佐で大きな酒宴を行った日のことを今でも強烈に思い出す。芸者衆もよんでそれこそ飲めや歌えの大宴会・・
ご近所は遠くだったから騒いでも問題ないし・・そのご近所からご主人方は小さな村のことだから
みんな出席していたと思う。
祖母は一張羅の訪問着を着ていたが、すぐに着替えて台所の仕切りに回っていた。
そうしたら、上の宴会場ではその祖母の着物を着て踊っている酔っぱらった小父ちゃんがいた005.gif
そうかと思えばお酒を運ぶ私の頭の上に上の部屋の障子が落ちて来て、大きな瘤ができてしまい、痛さと慣れない宴会の雰囲気に泣いてしまった自分がいた・・
純粋だったなあ・・あのころ・・
その60歳を自分が迎えることに驚きを感じる。
舅の還暦は伯父たちにも車を出してもらって総勢12名で青梅のままごとやでその祝いを行った。
伯父も元気でお酒を飲まない人々だったから、紅梅苑というお饅頭屋さんで できたての紅梅饅頭を5個も食べて喜んでくれたことを思い出した。
その叔父たちも皆他界してしまった。

2013年はどんな年になるだろうか?
2日には両親と明治神宮へ・・
c0155326_23561233.jpg

足が弱っても、母も頑張って参道を歩き 一年の祈りを捧げる。
常に家族の健康を祈る母は82になるが、心のきれいな人だな・・と思う。
この人には邪念がない・・私も妹も母に似たかったのだが・・どうも二人とも気短な父に似てしまった・・男勝りなのかもしれない・・007.gif
c0155326_2336635.jpg

関東は有難い好天で、北国の寒波を心配する。新潟の主人の叔母の家はもう2メートルの雪が積もって毎日除雪作業がある、と聞いた。声はお元気だがもう80に近い方なので心配をしている。
舅もたまに気遣って連絡をしているようだ。
この正月には感動するテレビをいくつか見た。
箱根駅伝の日体大の総合優勝はどん底から這い上がる明るい勇者の姿を見せてもらったし、2日のドキュメンタリーピアニストの辻井伸行さんのますます磨きがかかりかつ繊細で美しい音色には彼の持つ謙虚な感性と共に多くの感動をいただくことができた。
下手で下手で恥ずかしいのだけれど、ピアノはやはり弾きたくて、久しぶりにピアノの蓋を開けている。かつて練習した曲くらいはまたさらっておこうと思う。
茶畑の向こうに真っ白に凍る富士を毎日見ている。
この穏やかな風景がずっと続きますように・・と願わずにはいられない。

今年もまたのんびり気ままに家族と寄り添い、地域と寄り合って進んでまいります。
ブログの更新も少しでもたくさんしていきたく思います。
お立ち寄りの皆様・・いつもご声援本当にありがとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。
by akageno-ann | 2013-01-05 00:09 | エッセ- | Trackback | Comments(12)

老育  新年に寄せて

c0155326_0361463.jpg

夫が教室に飾っていた子供たちのシクラメンを冬休みの間あずかることにして持ち帰りました。
なんて可愛いガーデンシクラメン・・ふとかつてちょこっとかじったポインセチアを思い出しました。可憐でそれでいてこの寒さにも強いこの花たち・・
冬休みの間・・私を癒してくれそうです。

2012年は波乱含みの年でした。
最後に見たドキュメンタリー 「釜石の奇跡」それは2011年の東日本大震災の時にだれよりも危機管理をしていた釜石の小学校や中学校の生徒たちの行動力に感動を新たにしています。

先日の笹子トンネルの事故をみても日本の安全神話が少し古びていることを感じます。
我が家も古くなり、あちらこちら気になる箇所がありますが・・

そんな風にいろいろなことに注意しながらも楽しく元気に過ごして生きたいです。

c0155326_045573.jpg

昨年は遅いクリスマスをワインとフレンチの会にしました。
c0155326_0463977.jpg

海老のビスクスープを作ってみました。
ぱにヴァンさんのテリーヌを宅配してもらって皆さんが持ってきてくださった
ワインを楽しみました。
c0155326_0484523.jpg

いろいろ思いを馳せると不安もいろいろありますが、神経質にならずに、でも注意深く
生活していきたいと思います。
2013年もよろしくお願いいたします。
                                  ann
by akageno-ann | 2013-01-01 00:50 | エッセ- | Trackback | Comments(18)