アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジュゴンを愛する一族

2011年の秋に 私は鳥羽へ旅しました。その時の記事はこちら⇒☆☆☆
その時にもお目にかかった、中村幸昭氏(TEAMIEミンミンさんのお父様)のお話を 今度は横浜で伺うことができました。
「人間はピンピンコロリ・・PPKが一番いいんですよ・・私もそう思って日本中を歩いてますよ。」と 85歳というご高齢にもかかわらずとてもお元気で闊達に日本人たちを元気にする講演をしてくださっています。

西武池袋線が副都心線につながって・・この平成25年3月に予定通り横浜元町まで一本で行けるようになりました。

その電車を初めて使ってパシフィコ横浜のイベントに・・
c0155326_2130888.jpg

この写真は鳥羽水族館に行ったときに撮った写真ですが、このジュゴンやスナメリ ラッコの
素晴らしい写真をバックに 人間の生き生き生きて しあわせに逝く・・というテーマで
動物たちのナチュラルな生き方をサンプルに心に残る癒されるお話をいただきました。

楽しいダジャレもさらっと入れられて・・会場は笑い声に包まれ・・今日もまたその時の内容を友人たちに得意げに話してしまう私です。

横浜の夜は雨になりましたが、ふわりさんに素敵なアテンドをしていただいて、こちらで夕食・・生きて行く上に大切な食・・しかも医食同源を改めて教えられる中国のお粥メニュー
90歳に近い舅の食事にとても良いものを改めて知りながら美味しくいただきました。
c0155326_21465045.jpg


さて・・もう一つのご報告は
c0155326_21544747.jpg

ぱにぽぽさんが先月つくばのご自分のレストランシュクル アン ローズで行ったインドの小学校へのボランティアイベントで募った義援金を一人旅でインド再訪して直接届けてくださいました。
その記事は素晴らしいインド紀行です。ぱにぽぽさんのブログはこちら★★☆
by akageno-ann | 2013-06-23 21:47 | エッセ- | Trackback | Comments(14)

白耳菜草 別名夏雪草

c0155326_16101237.jpg

先日名前をお伺いしたこの小さな花の名を 教えていただきました。
白耳菜草・・菜というのは食用にもできるらしいです。
白耳は花の半分が、ネズミの耳のイメージらしく・・かわいい
そしてその花言葉は「思いがけない出会い」ですって・・

ありがとうございます。

とても嬉しい情報です016.gif

今日はその名前を札に書いて傍に刺すことにしました。
皆さん喜ばれます。
小さな花の名はつい覚えそこなうこともあり・・カスミソウのようにとても有名になっているのもありますが・・この元気に増えている白い花が愛おしいです。
そしてその近くにご近所の方が下さった球根はハブランサスというのだそうです。
c0155326_16154195.jpg

開墾していただいた土が良くて・・我が家の花より皆元気・・

この一株50円で分けてくださった、ひまわりもたくさん花をつけ始めました。
実はその間にひまわりの種を植えましたら、順調に芽が出て育ってます・・
でもせっかちな私は花のついたひまわりいただいてきました。目印に
そして待ち遠しくて・・
c0155326_16182872.jpg

花が楽しい・・というのも還暦付近になってからのわたしの新たな趣味になってくれそうです。
最近テニスまではじめてしまいました。
いつまで続くかな??
c0155326_16194913.jpg

by akageno-ann | 2013-06-17 16:19 | エッセ- | Trackback | Comments(8)

ほどよい雨に・・・

c0155326_18283674.jpg

紫陽花がとても生き生きと咲いています・・主なき家の垣根の紫陽花・・色合いが楽しめます。
花壇の方は一雨浴びた後の薔薇が晴れた日にどうなるか・・楽しみになっています。
c0155326_18301225.jpg

ハブランサスというすんなりとした花が一輪咲いていました・・太陽が出たらぱっと花が上を向くのでしょうね・・
c0155326_18313998.jpg

道中の花たちもやっと雨を迎えて・・ほっとしていました。
こちらは最近はやりの隅田の花火という紫陽花・・
c0155326_1833446.jpg

これからが楽しみ・・そしてこの薔薇はすぐ前のお宅が引っ越されてきてすぐ植えたという薔薇
35年物です。
c0155326_1834033.jpg

雨降りに小夏は散歩に出ませんが・・私はちょこっと出ました。
子供たちのお迎えも雨の日は皆さん大変・・お疲れ様でした。
でもこの地域は 自治会がまるで高校の生徒会のように・・70歳以上の方たち中心によく活動されていて・・ウオーキングもただ歩くだけでなく・・地域の木の伐採・・草刈 公園の整備などに木を配ってくれます。
c0155326_18364131.jpg

花壇の薔薇が咲けば・・皆楽しんでみているし・・
私も60歳をここで迎えることになるなんて・・不思議なのですが・・
地域に根差すということを・・少しずつ考えるようになりました。
ふるさと高知を思いながら・・今少しここに留まってできることをしていこうと思っています。
by akageno-ann | 2013-06-13 18:38 | エッセ- | Trackback | Comments(13)

ピエールという薔薇

地域の入り口の小さな花壇を近隣の三人の女性たちが10年以上も管理してくださっていたそうです。最近は皆さん80歳を超えるご高齢で大変になったので・・どなたか引きつぎませんか?というお話があり・・自治会の方で有志が少しずつ参加しています。
開墾は会長さん夫妻にやっていただいて、その後を我が家も少し手伝いました。

 約一か月・・咲きました・・剪定した薔薇・・その名もピエール ドゥ ロンサール
調べたら フランスのルネッサンス時代の詩人の名前に因んでいました。
c0155326_1714308.jpg

五月の選定ではだめかと思っていたのですが、たくさんの蕾をつけてくれました。
c0155326_1716288.jpg

最初はこのような感じでした。
皆に手をかけられると・・自然に花にエネルギーが・・咲こうとするのですね。
他にもこんな風に・・
c0155326_17171237.jpg

嬉しいですね・・こういう花の反応は・・
雨も少なくこの先心配もありますが・・皆で見守って行っていただけたらな・・
c0155326_17243483.jpg

薔薇の花を愛でていると心も少し清らかに・・
先日お手作りのフォトスタンドをいただいて、そのカルトナージュという作品に感動していました。
ちょうどアンティークな葉書を見つけましたので・・飾ってみました。
感謝でいっぱいの気持ちになりました。
c0155326_17331645.jpg


お尋ね・・060.gif
この花の名前教えてください。
c0155326_181017.jpg

清楚で気に入ってます・・
by akageno-ann | 2013-06-11 17:24 | エッセ- | Trackback | Comments(16)

小夏のイラスト

c0155326_22452274.jpg

三人のかわいい男の子のお母さん・・CHILさんが小夏をモデルにまた可愛いイラストを描いてくださいました。彼女のお子さんの成長記録は本当にいつも感動してます。
気負うことなく・・楽しげに子育てされて・・お子さんのことをよく見つめ見守り・・
私は二人の男の子お母さんだったころからの友人ですが・・三番目の坊やもすっかり大きくなって・・その記録は宝物です。

ある日・・上野動物園で会ったのですが・・あの時のグッと迫った感動は今でも忘れられません・・
さて・・三男坊ゆん吉君は・・
c0155326_2256436.jpg

今年から幼稚園・・おめでとう・・
さて小夏は・・相変わらずお転婆ですが・・9歳になったので・・こんな様子です・・
c0155326_22581341.jpg

CHILちゃんがこれまでに描いてくださった小夏も懐かしくて・・載せさせてね・・
c0155326_225912.jpg

起きてる時の小夏はこんな感じ・・
c0155326_22595384.jpg

CHILちゃん ありがとう
by akageno-ann | 2013-06-08 23:00 | エッセ- | Trackback | Comments(11)

久々のお江戸・・

この方に会いに・・お江戸に・・・しかも久々の帝国ホテル・・でランチでした。
本当は帝国劇場の 「レ・ミゼラブル」を観劇させていただくべく・・いたのですが
家人の調子が今一つなので・・私は食事だけで・・でも甥が代わりに席を埋めてくれました。

帝劇は西田敏行さんの「屋根の上のヴァイオリン弾き」以来行ってませんが・・
最近の日本のミュージカルはさらにバージョンアップしているようで・・
いつかゆっくり見に行きたいと思います。
c0155326_17212674.jpg

私はこのエビのカレーをいただきました。

yoshikoさんとはTEAMIEのご縁です。そして今日はもうお一方・・中国茶をご指導いただいたアンリ先生
もちろんTEAMIEのご縁です。茶縁は心癒されます。
帝国劇場の入り口でお別れしたら・・すぐにこのお店がありました・・

c0155326_17234615.jpg

新茶の銘に ふらり・・と
宇治のお茶は香りがいいといいます・・
丁寧に淹れ方を京言葉で教えてくださって・・一人喫茶・・
c0155326_17264018.jpg

美味しい新茶でした。

そして今「味は狭山でとどめさす」・・と言われる ご当地のお茶をいただきつつ
本日を振り返っています。

因みに 色は静岡茶・・といわれてます・・

そうそう・・今日の嬉しいことの一つに帝国ホテルのカフェでお仕事の打ち合わせをしていた
阿川佐和子さんがお隣の席でした。
素敵な憧れの同世代の女性です。016.gif
by akageno-ann | 2013-06-04 17:27 | エッセ- | Trackback | Comments(14)