<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中村紘子さんを悼む

ピアニスト中村紘子さんが亡くなった。72歳・・
そう今の自分と10歳しか違わないのか・・と改めて思った
72年の歳月は私の何倍ものエネルギーを使ってピアノや作家活動をされた方
女性として 芸術家として 本当に尊敬をする。

その中村さんの手を握らせていただいたことがある。もう50年近く前になるが彼女の演奏会で花束を直接あげる機会があった。
花束を受け取っていただくだけでうれしいのに 大切なその手をさっと差出し私の右手を握ってくださった。

その感触はずっと忘れられないものになった。
私も少しピアノを弾くが 指導者にいつも「あなたの手は大きくてうらやましい」と言われる。

それに比べて中村さんの手は私の手の中に入るようなこじんまりとした大きさだった。

だが鍛えられた指の骨格は一瞬の感触でもとてもしっかりしているものだった。

ラフマニノフや プロコフィエフや  指の長さがあれば楽に弾ける曲を奏法を駆使して弾きこなす努力を惜しまなかった中村さんにずっと敬意を表していました。

小さなホールでの演奏や大ホールのコンサートなど私はかなり赴いたので 彼女の演奏をずっと覚えていられることを幸せに思う。

スタニフラフ ブーニンが若い時に来日して NHKホールでショパンの演奏を行ったとき、偶然演奏の合間の休憩時にインタビューを受ける中村さんを傍でみたことがあった。

「あらっけずりだけれど、表現力がすばらしい」とわかりやすい評論してくださる方でもあった。

今は本当に天国にてあなたの演奏は天使たちが聴いて、癒されていることでしょう・・

心より御冥福を祈り あなたの演奏をこれからも地上で聞けることに感謝して
中村紘子さんを心より偲びます。

                                                              合掌
by akageno-ann | 2016-07-30 00:19 | エッセ- | Trackback | Comments(2)

祭りのあとに

様々に祭りは大変であるが そのあとのひっそりと反省会はやっとなにかから解放された思いがふつふつとわきあがり・・ほどけていくしがらみを忘れる一瞬の喜びにまた次の事柄をゆっくりと始めようとする力が年をとっても蘇るようだ。
今日はそんな料理を青梅市の井中居(いちゅうきょ)という古民家を改装した日本料理屋に誘われていった
その料理の夏らしい感触をここに置いてみようと思う。
c0155326_203643.jpg

c0155326_20363761.jpg
c0155326_2037545.jpg

古代蓮にのせられた涼しげな料理
c0155326_20382143.jpg
c0155326_20383736.jpg

演出が数年前に訪れた時よりもさらに練れていることに感心した。
c0155326_20394616.jpg

by akageno-ann | 2016-07-28 20:39 | エッセ- | Trackback | Comments(2)

祭り

最近身近な祭りを心の支えにするようになってきた。
6月から3つの祭を手伝うことができた。
ふとこのめまぐるしい時代に祈ることが心の安定につながるのなら有難いと感じるこの頃だ。
c0155326_1475184.jpg

神楽に祝詞とお祓い  そして木遣・・
c0155326_143304.jpg

日本の三大祭も最近は遠くからの参加者が増えたと聞く。
この地域もこの祭にあわせて独立した子供の家族たちが帰省して参加している。
そういう家族あわせにもまた大きく貢献する。
単身になってしまったお年寄りも新しいエネルギーをもらえるのが祭
子供たちにつないでいく伝統を授けるもの祭・・・
c0155326_1483615.jpg

そして人々の健康と地域の安全をここに祈る・・

翌日は ポケモンGOで遊ぶ人がこのあたりを探していた。
パワースポットのような気がしてきた。
by akageno-ann | 2016-07-26 01:52 | エッセ- | Trackback | Comments(2)

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。


by ann