アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

明日も元気に・・・

もう30年が過ぎるのか・・と改めてあの時の医師ロウ先生のことを思い出します。
日本の国立大学医学部の教授をされていた方で 日本語が完璧でした。
日本からシンガポールに戻って 日本人向けの病院の医師としてそこにいらして
私はまことに幸運にも シンガポールに到着した即日の受診で先生にお会いできたのでした。

大使館の医務官の先生からの診断をお話しすると 早速 マンモグラフィーを撮るように
指示されて 別のビルの専門機関に行かされました。
言われるがまま・・日本よりも早いその診察の流れに感動しつつ ただマンモグラフィーを
受診している間に知らない英単語で説明されるとちょっと不安でした。

旅行中ということが優遇されて すぐさまロウ先生の診察を受けると
「どうします?これはほっておくと間違いなく大きくなるし もし良性でも
悪性に変わっていく可能性があるので手術で除去した方がいいと思います。」
「はあ・・・で手術はここでしてくださるのですか?」
「私は日本のA病院の外科部長をしていました、私を信じてくれるならここで
今日火曜日か?次は金曜日が手術日だけど・・」
私は 間髪入れずに
「では今日お願いいたします。滞在は一週間ですので、その間入院はいりませんか?」
「近くのホテルにいらっしゃるのなら、通院で毎日これますね。消毒に通ってください。
それから抜糸はインドで医務官にしてもらってください。連絡はとれますか?」
ということになり、ホテルにいるはずの主人に電話してみたが・・つながらず
インドの日本大使館に連絡させてもらって、承諾を得て、そのまま午後一番に病院で手術となったのです。

不思議と不安はありませんでした。もし病理検査の結果、悪性の場合は日本に帰ることを奨められましたが
それもその時に考えようと思っていました。

手術は部分麻酔で採った腫瘍のピンポン玉のような大きさに驚きながら、綺麗に縫っておくからね・・と
日本人看護士の軽妙なおしゃべりを心地よく聞きながらの手術を受けていました。

最後にロウ先生は 「あなたは度胸があるね、早い方がいいのだけれどよく決断しましたね。」と
褒めてくださいました。

そのときのなんともうれしかったことは一生忘れられない思い出でした。
しかも翌日の午後には 病理検査の結果が出ていて、「大丈夫悪性ではないので半年後日本で検査だけは
受けてください。」と言われました。

その後 インドで抜糸をしていただくときに医務官は「さすがに中国の方だ このように細かい縫い目は
なかなかできない」と感心され・・・30年経って今は一本のうすい線になって残っています。

それからずっと1年ごとに診断を受けていたが、最近はちょっとサボってしまっているのですが。

そんなことをずっと思い出しながら従妹の病状につきあっていました。

医師との出会いと信頼感・・・それが病を治していくのだと・・感じつつ
c0155326_16230767.jpg
従妹の叔父さんが季節ごとに送ってくださる絵手紙です。


by akageno-ann | 2017-05-27 16:44 | エッセ- | Trackback | Comments(2)
昨日から朝の占いをみていると 私の星座は二日間アンラッキーだったので
昨日従妹と病院に行く前に 病院の近くの神社にお参りしました
c0155326_22542794.jpg













高麗神社です。
高句麗の時代からの流れをくむ神社ですが、ここを民俗学者折口信夫氏も訪れて
歌を詠まれています。右側の桜の木の下に歌碑があります。
その折口氏の縁が私の母の実家の神社と繋がっています。

静謐・・と言う言葉がぴったりの素敵な境内です。
こちらでお参りさせていただいて落ち着きました。

夕方近い時間の予約で・・退院後初めての主治医との懇談で今後の方針が決まりますので
ドキドキしていましたが、主治医の教授は優しく従妹を迎えてくださり、術後の経過の良いことを
知るとそこで初めて、手術の成功をお知らせくださいました。

大変な手術ではありましたが、癌は取り除き 今他への転移は見当たらない・・と

しかし今後は投薬が本来は必要なのですが・・・今しばらくはこのままそのままの状態で
様子をみましょうか?と私たちの願いを聞き届けてくださいました。

従妹の骨折から始まって・・大きな癌の手術を終えたこの二カ月を見ると・・彼女の疲労感は
拭えません。このまま普段の生活に完全にもどれることを医師も一緒に声援してくださいました。

言葉が少し出にくくなっている彼女が一生懸命 ありがとう・・と述べています。
医師はにこやかに彼女の手をとって・・何かあったらすぐ来てください。

とおっしゃってくださいました。

今しばらくこのままで過ごす・・・有難いことなのです。

私はここでまた自分の30年前の右乳腺腫瘍の手術を思い出しました。

あのときはインドで大きなしこりを自分で発見しました。

誰にも言わず、ただ大きくなるしこりをどうしようか・・と1カ月ほど悩みました。
親しくなった近所の日本女性が同じ病で日本に帰国していたのですが、無事手術を終えて
インドに戻ってきたばかりのある夜・・・アフターディナーに招待してくださいました。

その晩に彼女の病気の様子をお話しいただいて・・・私は彼女の助言をいただいて、大使館の
日本の医務官に診ていただくことにしたのでした。

あれも本当に出会いでした・・・その出会いが今ここに私がいて 従妹と一緒に闘病できる
所以なのです・・
そんなことを考えていたら従妹とこの教授との出会いもまさに良縁でした。
                                          つづく

by akageno-ann | 2017-05-25 23:16 | エッセ- | Trackback | Comments(1)

日常に慣れる

従妹がおかげさまで復活しつつある今 うるさがられないのをいいことに
朝な夕なご飯時に気合を入れに行ってます。

少しむせたりするので・・ゆっくり食べる練習です。

それに大きな手術の麻酔のあとは母もずいぶん弱ったので少しずつ復帰を
母もこの暑さなので 洋服の選択を間違ってしまったり
気が気ではないのですが・・

まああまり神経質にならない様にする必要があるようです。
その間にみんなの花壇の薔薇がいくつも咲いてうれしいです。
c0155326_22371331.jpg











c0155326_15475837.jpg













いつもより大分変化のある毎日でもそれがまた日常になっていくのだと思いました。
舅の手助けをしていたころが今また役に立っているようでふとこれが日常の積み重ねなのだ
と ちょっと大変だな・・と思うときは自分を励ます材料にします。

そして今日は一人でいろいろな書類を片づけて 甘いものをゆっくり食べて
ホッとさせる時間を作りました。
まだもう少し友人とのティタイムはお預けかな・・・



by akageno-ann | 2017-05-22 22:40 | エッセ- | Trackback | Comments(0)

薔薇の季節

近隣のモッコウバラが満開を過ぎた。

比較的簡単に挿し木で花が咲くので近所の方の家からいただいたモッコウバラが
あちらこちらに根分けされている。

共同の花壇でも二年でこのように大きく育ってくれて、目の前のレストランの客たちも
ふと目をやり、声をかけてくれたりする。

c0155326_15335059.jpg
































実はこの奥にピエール ドゥ ロンサーンという大きな薔薇も咲いている
その花をこのモッコウ薔薇は前座として称えているようにも感じる。
従妹も大きな命をまたいただいたように静かに暮らしている
季節の良い日に病院暮らしは本当に残念なことだが
日に日に元気になっていくのがわかるのが有難い。



c0155326_15463238.jpg






by akageno-ann | 2017-05-14 15:51 | エッセ- | Trackback | Comments(2)

仁淀川に力をもらう

四国の一級河川仁淀川で5月5日の子供の日に寄せて紙の鯉流しの行事が始まって
数年になる。透明度の高い川だからこその見事な鯉の行列が鉄橋から見える。
写真では知っていたけれど はなから連休中は遠慮していたので私は今年初めて
この映像を見て写真に収めた。
実家の墓参りにちょっと帰ってきた。
年をとって行く人々のことを気に掛けつつ、離れ業のように四国と関東を行ったり来たりするのは
昔よりも今の方が楽にはなったが、旅はついテンションがあがるのであとの疲れは年のせいか
どっとくる。
しかも最近いろいろなことがあって、心がいつも晴れることはない。
そんなことを叔母に話したら・・そう年をとればとるほど一生懸命考えれば考えるほど
そうなってくるけれど、考えて行動して悪いことはないよ・・と慰められて
ほっとした・・

従妹もそろそろ退院できそうだ・・

私は彼女とここまで知らぬうちに二人三脚できたが・・これからもずっとそうしていく。
じっと同じところで動かずに心穏やかに過ごす彼女が立派だと思う。
常に周りに感謝の気持ちともてなす思いがある。
だから皆が彼女の為に動くことを厭わない。
そのことが私は義父を見送るまで随分と役に立った・・

c0155326_22221783.jpg














人と生きるのは己をどこかに片寄せて過ごすことが必要になる。
自我ばかりで過ごしていると双方が息づまる・・
夫との暮らしでもそう・・ぶつからぬようにどこかに我慢する心をもちながら
一方で相方の不具合を知らせ合う必要もある。

友人にも相方を亡くした人がいるが、いい思い出と一緒にずっと過ごしていくことが
できれば、さびしさも半減する・・と聞いた。
私の親友を6年前に亡くされた相方さんは彼女の想いの詰まった家をそのままに
きちんと保つことで生活の基盤をしっかりと持っていらっしゃる。
時々彼女がしてくださったように、地方へ出かけられたお土産を届けてくださるのだが、
いつもそれが私への大きな励ましになる。
道を踏み外すことなく・・しっかりと人生を閉じる方向に持って行くように示唆される。

人との繋がりとは本当に心で感じられるようになってきている・・と思えるようになった。

c0155326_22231475.jpg





by akageno-ann | 2017-05-06 22:42 | エッセ- | Trackback | Comments(1)