熱中症対策


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
昨日主人は日中外の作業をしていて
熱中症の症状を感じ早めに引き上げました。

そういうときの対処の準備をしておかないと
ならないと痛感しました。
意識がしっかりしているときは体を冷やす必要が
ありますね。冷えピタや保冷剤で首筋から
冷やし、それからぬれタオルで体を丁寧に
押えるように拭きました。
 
ポカリスエットや青汁とちょうどいただいた
コーンスープの冷製で体内も冷やします。

熱中症対策_c0155326_07550868.jpg

しかし取りあえず猛暑のときは力仕事は控えめに
そして頑張らないことです。
私の従妹は40代で猛暑の夏に草取りを長くやり過ぎて
あとから脳内出血を起こしたのです。
頑張りすぎないということを彼女が私たちに教えてくれました。

彼女の友人も数人こちらを見て下さっているので
還暦を過ぎ、施設にてゆったりと過ごしていることを
ご報告します。そして熱中症にはくれぐれも気をつけるように
よく注意してくれています。

まだ直接の面会はできないので、メールとリモートで
話すだけですが、近くにできた東京インテリアのカフェが
素敵なので、そこに一緒に行ける日を楽しみにしています。

熱中症対策_c0155326_07561922.jpg

このような猛暑の中でも主人が大切に育てているネジバナが花を
開き始めました。私が以前知らずに抜いてしまったので
今は鉢に揃えて見守っています。119.png


熱中症対策_c0155326_07570801.jpg
百合は元気で今日もガーデンの中心に咲いてくれてます。
アガパンサスも毎年増えてくれてます。
この色合いと花の付き方が素敵です。
和名「紫君子蘭」、南アフリカ原産の暑さに強くて
寒さにも強いという有り難い花です。

熱中症対策_c0155326_07585533.jpg
さて今日はたくさんいただいたジャガイモで
ヴィシソワーズを作って冷やしておきます。

大人しくNHKBSプレミアムで「庭物語」を見ることにします。



# by akageno-ann | 2022-06-28 07:51 | 老育 | Trackback

夏祭り


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
故郷高知の6月は二つの祭りの準備で大忙しなはず。
今年は母の喪に服しているので今月は帰らずにすごしています。
一年の行事に合わせた飾り付けでスタッフたちは
本当に東奔西走しているようです。
その中で20日の夏祭りの様子の写真を
送ってきてくれました。

夏祭り_c0155326_09404745.jpg
いのの大国様の愛称で土地の人々に愛してもらっている
仁淀川沿いの小さな町ですが
和紙産業が昔から盛んです。

夏祭り_c0155326_09405376.jpg
この夏祭りは旧暦5月22日という毎年変動する日程で
行われますが、6月30日の輪抜け様(夏越し祭)は
決まった日に行われます。

一年の半分が過ぎたところで
日々の生活を見直し次の半年の無事を祈りますが、
ここ数年の様々な世界情勢の変化は他人事でないせいか
お参りの方は増えているようです。

コロナ禍でまだ境内で出店などは行われません。

夏祭り_c0155326_09265481.jpg
この紫陽花はガーデンのものですが、昨日の暑さで花が一部焼けました。

夕方水やりに行きましたら萎れていて心配しましたが
今朝はなんとか回復していました。
これからはガーデンへの水運びが
大変ですがそれを日課として早起きしたいです。

夏祭り_c0155326_09275434.jpg

おかあしゃん・・・熱いからここにいるにゃ😸
さやかは涼しいところを見つけるのが上手です。




More猛暑対策
# by akageno-ann | 2022-06-26 09:23 | 老育 | Trackback

猛暑


猛暑でここ入間市も午後1時、室内で37℃を記録しました。
先ほどご近所にちょっと届け物をしに外を歩きましたら、
30年前のインドニューデリーの5月の空気と同じものを
感じて少々怖くなりました。

猛暑_c0155326_20371211.jpg
友人宅のご主人は 短パンTシャツで、玄関にいらしたので
「その恰好は猛暑で大正解です」と申し上げました。
インドの日本人たちは暑さの中で綿製品を纏っていました。
インドの人はドーティという手足がすっぽり覆われる白い
生地の上下、皮膚を外気にさらさない工夫です。
日本人は短パンTシャツで過ごしました。

猛暑_c0155326_20373407.jpg

日本の今、私はすぐにはエアコンをつけず、遮光カーテン
雨戸も閉めて 風通りを考えて窓を少し開け送風機を
3台つけています。汗をかきますが、首筋に冷たい
保冷剤を入れたタオルを頸にまきます。
三時間ほどを静かにネットしながら過ごします。
エアコンの冷えが苦手なのでこの夏は
かなり工夫しないとなりません。

このような日はもちろん我が家はカレーを煮ます

猛暑_c0155326_12542838.jpg
植木用のトリマーを主人が自分の誕生日の記念に買いました。
植木の刈り込みが見様見真似でも上手になってきて
いよいよ器具を揃えることにしたそうです。

猛暑_c0155326_12543224.jpg
玄関先の柘植を上手に刈り込んでくれました。
いよいよラス前古稀です。



# by akageno-ann | 2022-06-24 20:35 | 老育 | Trackback

わが母の記

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
実家の草取りをしました。
「猫の額のような小さな庭」
母がよくそういって、一人で楽しんで手入れをしていました。

わが母の記_c0155326_15123810.jpg

庭が小さいので小路になっている外壁の外側にもご近所の方々と
一緒にプランターガーデンを作っていました。
桔梗は母の埋めた球根が毎年元気に花を咲かせます。
大きくなっているのでびっくりします。

わが母の記_c0155326_15130775.jpg

井上靖氏の「わが母の記」を読んでいます。
この方の作品の多さに驚きますがもう半世紀も前に
書かれたものですが、実に細やかに母上の老いを
描写され、映画では樹木希林さんと役所広司さんが
好演されたそうです。

あすなろ物語、しろばんば、氷壁
蒼き狼、敦煌、風林火山・父の書棚にありました。

私は「しろばんば」と「氷壁」くらいしか
覚えていないのですが、氷壁は高校時代に衝撃的な
作品として心に残りました。

山岳の怖さを知った気がしました。


わが母の記_c0155326_15133819.jpg
今朝はウグイスがあまりにも綺麗に啼くので
ちょっと口笛で真似しましたら友啼きして
くれているようでした。
私も毎朝練習したら上手になるかもしれない、と
錯覚しそうです。

わが母の記_c0155326_15141718.jpg

実家の近くの農協ではたくさんの花の苗が
ガーデニングの心を揺さぶります。

わが母の記_c0155326_15144642.jpg

我が家のドクダミ草の花を摘んで
ほんの少し蚊除けスプレーにしてみます。
水に浸けると臭いが消えますね。


わが母の記_c0155326_19474017.jpg

半日出かけて帰ってきましたら、さやか😸に
ちょっと引かれてしまいました。


わが母の記_c0155326_08451174.jpg


More危機管理
# by akageno-ann | 2022-06-22 15:12 | エッセ- | Trackback

ドクダミ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

昨日テレビ朝日の「ポツンと一軒家」でとても素晴らしい
ご家族の様子を拝見したのですが、おばあちゃんの知恵を
大切に暮らしているご家族で、ドクダミの花をアルコールに漬けて
虫除けスプレーにするということを聞いてちょっと
作ってみようかと思っています。

テレビからの情報でかなりエネルギーをもらっています
ブログからも同じようにいただいてます。
感謝!!!

ドクダミ_c0155326_16335305.jpg

マルハナバチというお尻の大きな蜂が虫媒花の役を
果たしているようです。

写真の上手なブロガーさんが多くて
きっとこういう写真もズバリ撮ってくださるのだろうなと
思いながらも今日はスマホに収めたくて撮ってみました。

ドクダミ_c0155326_18483381.jpg
玄関前の紫陽花はどんどん成長しています。
雨上がりで水を含み艶やかです。

ドクダミ_c0155326_16360317.jpg

珍しい素敵な色合いのタチアオイだと思いますが、
郵便局までの道の端に華やかに咲いていました。

ドクダミ_c0155326_16374482.jpg
テレビは有り難くて夜11時頃と朝6時頃は
Eテレで「旅するためのフランス語」などあり
旅行気分で楽しんでます。





More 地震や豪雨が多すぎる
# by akageno-ann | 2022-06-20 14:16 | エッセ- | Trackback