アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

no.10  恋の話は・・・

ニュージーランドクライストチャーチの地震で被災された方々へのお見舞いを申し上げます。
志の高いたくさんの日本の方たちの無念さが感じらます。救援の方たちのお疲れもいかばかり・・と想像し、少しでも早い発見を祈りつついます。

小説を続けさせていただいてます。

かけがえのない日本の片隅から第三部

LIVE 第4章 no.10  恋の話は・・・

10時少し過ぎに、あつ子から悦子の部屋に電話があった。

「お待たせ・・一緒に出かけましょう・・歩いていくからそんな格好できて・・」

「ええ、もう準備できてるわ。」

そう言って悦子はすぐにダイニングに降りて行った。

小さなデイパックを持ったあつ子がそこにいた。

「お母さん、ちょっとハイキングしてきます。お昼よろしくお願いします。」

あつ子の姑は笑顔で見送ってくれた。

二人は甲斐の里をまだ浅い春の空気を体中に感じながら歩いた。
鳥の囀りはあまりに清らかで、悦子はそう都会の中で生きているわけもないのに
この声は天上から降りてくる音色のようにも思えた。

「お姑(かあ)さんと上手くいっているのね・・さすがだな・・あつ子は・・」

「そう見える? 全然そんなことはないのよ・・実際同居って難しい・・
ただね、一緒に仕事して言い合ったりしてると、不思議な愛着は湧いてくるようなの。
決して好きではないのだけど・・互いに認め合うことはできるのよ。」

「結婚て大変なのね・・」

「どうしたの?悦子・・何か困難なメールが来たの?」

「困難・・・正にその言葉がぴったりだわ・・私少しだけ年下の人からちょっと告白されたの・・決してうぬぼれたりしてないわよ・・本当に・・この年だもの・・不安がいっぱいなの・・・その彼が私にもったいをつけるな・・というようなメールが・・今朝届いたの。なんか塞ぐな~~」


そんな悦子にあつ子は少しだけ嫉妬した・・

                                  つづく

お帰りにポチ応援をお願いします。056.gif
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
ありがとうございます。
トラックバックURL : https://akagenoann.exblog.jp/tb/16008206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-03-04 23:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akageno-ann | 2011-03-04 20:50 | 小説 | Trackback | Comments(1)