人気ブログランキング | 話題のタグを見る

父を叱る

ここ数日間の父とのやりとりは複雑きわまりない。
父はまことに威厳をもって娘たちに接する人だから 自分の知らず衰えてきている
判断力にいらいらしているのがわかる。

それを少しでも楽にしてあげたいと・・考えて行動するがそれがどうもうまく伝わらない。

今月は両親と帰郷することになっている。
その旅程もなかなか決まらないが、飛行機の手配はしっかりと父がしてくれた。
あとは宿のこと 親戚との連絡 車の手配が私の大きな役割になる。

しかし4年ほど前に父と二人で帰郷した時に私はもう絶対父とは帰郷しないと・・
決めてしまったいきさつがある。

そのことを今日は父に話さなくてはならなくなった。

父は私の想いすごしだというけれど、そのとき・・私がその旅の采配を少々先回りしてふるったことへの
怒りはすごいものだったのだ。

父をそのときに多少なりとも年寄扱いしたことが気に障ったことは間違いない・・

長女である私が長女風を吹かせたことも気に入らなかったのだ

そのあたりの心の変化を父が他人に向けない様に・・私は今日は思い切って今回の旅に出かけるにあたって
話し始めた。

途中声高にも互いになったが・・父が  「この頃確かに短気になったな・・脳が委縮しているのかも
しれない・・・」と父が認めた時・・私は今までのように「そんなことはない・」などと持ち上げずに

「耳が遠くなったのが原因だと思うけど 勘違いが多くなったと思うの」
そのことで叱られる側はとてもしんどいのだ・・ということを正直に話し この旅は楽しいものに
したいのということを願った・・

なんとか穏便な雰囲気になったのは  母がお土産を何にするか 持参したパンフレットを楽しんでみていて
私たち親子の言い争いをそんなに心配していなかったことだ・・

父と「お母さんは楽しそうでいいな・・」と苦笑して 続きは来週月曜日にじっくり話すことにした。
それまでの間は妹が行ってくれる・・

私も少しお節介がすぎるのだ・・


でも少し前途多難なムードも感じて 帰り道 近くの小池東京都知事の お住まい ECO da House の
前を通って駅に向かった。
警備の警察官が必ずいて 道行く人に会釈してくれる・・

小池女史の頑張っている姿を思い浮かべつつ  自分の家族も守っていきたい・・とつくづく感じながら
帰途に就いた・・・父よあなたを心から尊敬して育った私としては・・本日は「老いては子に従え・・」と
いう先人の教えを遂行してしまいました。
父を叱る_c0155326_00232266.jpg

by akageno-ann | 2016-10-06 00:25 | 老育 | Trackback | Comments(3)

Commented by tuto at 2016-10-06 18:01 x
旅行を計画して実行するには大きなエネルギーが
伴いますね。
今月のご帰郷が滞りなく行われるといいですね。

Commented by fuwari funwari at 2016-10-06 23:33 x
annさん、こんにちは♪

若いうちは若いが為に、年を重ねたらまたそれなりに、親子であるが故の葛藤が生まれる事もありますよね。

今回お父さまを諭された事で、annさんが仰っていた従属関係にあった父娘間の、ある種の垣根をお父さまと共に越えられたように感じました。

年を重ねてゆく皆さんの姿をannさんのブログを通して今鑑みる事で、自分の生きる先々にも大きな道標が立てられている気がします。
優しく包み込むような文章は清水のように心に染み入ります。

ご家族でのご帰省が、楽しい思い出話になる事を願っています。
お気をつけて行ってらしてくださいね。



Commented by akageno-ann at 2016-10-08 12:34
こういう記事へのコメント・・本当に感謝です。
向き合わねばならぬことを避けずにあえて・・と
いう思いでいます。
旅はしっかりと計画立てて行いたいと思います。
ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード