人気ブログランキング | 話題のタグを見る

義務と孝行

実家の方に通っている話をすると・・時々 「偉い・・すごい・・」という
お褒めの言葉をいただくけれど、それはちょっと違うな・・と今日は電話の相手に
話をしつつ『親孝行と親への義務』について考えていた。

鎌倉時代に 主従関係の間にあったという 御恩と奉公を思い出した。
「孝行」という優しい言葉はまたどこから生まれたのか?と思ってみると
これは儒教の教えにあるようだ。相互の信頼関係から生まれたこの言葉のように
親が両親を大事にしていた姿をみつつ育ってきた自分を思った。
テレビ東京の「家へついて行っていいですか?」という終電に乗りそこなった
人の承諾を得て、家へついていくというバラエティのような番組だが、
そこにも親子のなんとも切なかったり暖かだったり、時には少し厳しい家族の
関係が垣間見れるのだが・・家族の関係というのはバラエティに富んでいるようでいて
実は切っても切れない縁という共通項を見出すことができる。
それは長く会わずとも一枚のクリスマスカードだったり、子供の描いた絵を壁に貼って
あったり・・今はいない家族の部屋をそのままきちんと残して過ごしていたり・・

親というのはどこまでも有難い存在だ。
優しい母はさらにやさしくなってきた。夫婦でなんとかやっていこうという
気持ちと最近は娘たちよく電話してきて・・デイサービスに行ってきました・・
など小さな報告をしてくれる。

母と離れていた分の時間を今埋めているようにも思う。
知らないうちに両親の食の好みが違っていたり、はっとさせられることが多い。
掃除の仕方も最近やっとペースがつかめてきた。

妹は私よりも10年下だからその分実家での過ごし方をよくわかっている。
その分私は嫁ぎ先のペースが沁みついているのだなあ・・と感慨を新たにしたりしている。

玄関先に移植したホトトギスが見事に花をつけた。
義務と孝行_c0155326_13031843.jpg


by akageno-ann | 2016-10-11 16:50 | 老育 | Trackback | Comments(4)

Commented by nanako-729 at 2016-10-11 21:06
annさん、こんばんは!
やっぱり一度実家を離れてしまうとそれぞれに
生活があり、ペースがかわってきますよね。
私も実家に帰ると実感します^^

自分が親の年齢になって初めて気づくこともあり
母と昔話したりするのが楽しいです。ずっと一日中
おしゃべりしていたり・・・
もう少しこの穏やかな時が続いていてほしいです。
Commented at 2016-10-11 21:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tuto at 2016-10-13 06:38 x
親子の縁は、切っても切れない大切な存在ですね。
今日の記事を拝読して、その気持ちを新たにしました。
Commented by maple at 2016-10-13 21:41 x
アンさんは両親に大事に育てられたのですね。
文章を読むとそんな気がします。
親に慈しんで育てられた人は、周りの人を大事にできるのですね。
名前
URL
削除用パスワード