アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

降りつつ消える 春の雪

久しぶりの高知・・ふるさと  祭り  仁淀川

c0155326_21561603.jpg





母の初節句の時のひな人形が
飾られた 椙本神社の春祭り

友人の奉納してくださった
お雛様も参拝客の目の保養

昔ながらの段飾りは重厚です。

奇跡的に暖かく良い日に恵まれて
参拝客もたくさん見えての
春祭り

私も少しずつ地元の人々に
知り合いもできて・・
祭りにはかえってきていると
思っていただき


役割も分担してもらって
自分の位置ができると
本当に有難く、居やすい。


しかし刻々変化するこの世相にも
また一抹の不安を覚えながら
最期の地をどこにするか
考えるようにもなった。
今テレビでプレバトという番組が気に入っているが、夏井先生の軽妙な俳句指導に
感銘を受けつつ、祖父の句集を改めて読んだりしている。
祖父は高知県の仁淀川上流の村で 村人たちとの俳句の会を主宰し、丁寧に指導したらしい。
その祖父のために作っていただいた句碑・・それが
「笹の穂に降りつつ消える 春の雪」だった・・

大雨の日にその句碑を見に 一走り仁淀川沿いを早朝一人車を走らせた。

その間 父のこと 祖父のこと曾祖母のこと 実際に会えなかった祖母のこと
父の継母にあたり私をいつくしんでくれた祖母のことなど走馬灯のように
思いだし・・ふと仁淀川に吸い込まれそうになりながら・・・この美しい川を
汚すようなことは絶対にしてはいけない・・とエネルギーをもらいながら走らせたことが
これから生きる自分の人生に支えになった・・

祖父の暖かさを再認識する旅になった・・





トラックバックURL : https://akagenoann.exblog.jp/tb/29354495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akageno-ann | 2018-03-06 22:54 | エッセ- | Trackback | Comments(0)