人気ブログランキング | 話題のタグを見る

3月9日

3日間痛みをうわごとのように訴えていた父は今日は看護士さんに
促されて寝ながら手足を動かすまでになっていた。
15年前の従妹が脳内出血で倒れた時とは入院してリハビリを開始するのが
早くて有難い
おおお前か・・と私の名前をしっかり呼び、続けて来てくれた父の従弟の娘も
しっかり認識できた。
ぐっときた。
右手は動いていた。足はまだ知覚できないでいたが何度か試してくれていた。
従妹のときもこのくらい早くから機能回復のリハビリが始まっていたらと
今も悔やまれる。
あれ以来リハビリは実に進歩してきている。
従妹も父のことを一番に考えて、私のことはいいからと言ってくれるが
そのことの方が胸がつまる。

私の中ではいつも悔いが残っているが、仕方がないとなってしまう。
ただこれを読んで下さる方に何か役立ててもらえればと思う。

父は昨年11月に大変痛がった帯状疱疹に罹った。
最近のニュースで、その後脳梗塞を発症する率が高いと聞いたが頷けることがあった。
あの痛みのひどさで父は多分脳の中にストレスのようなものがあったように思う。
あれ以来様々な奇異な行動があり目を離せなくなりつつあったのだ。
自分の思うこととやるべきことがちぐはぐになり苦しんでいた。
しかし今日は素直に疲れたことを口にしていた。
勝ち気でストイックの塊のような父の心が癒えていて欲しい。

by akageno-ann | 2019-03-09 22:39 | 老育 | Trackback | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード