人気ブログランキング | 話題のタグを見る

イチローと コウイチロー 

どの局でもイチロー選手のことを取り上げて、その偉業を讃えている。
常にストイックな回答をするイチロー選手はこの日涙をこらえていた。
皆に最後の勇姿を期待されて、その1本が出ないことへの残念さを
一番感じていたのもイチロー選手だと思うが、最後のゴロが内野安打に
ならなかったことも 彼の引退決意の大きな要因だったのだ。
それを自ら認めて、見事に第一線を退いた彼へ改めて敬意を表します。

まだ45歳・・しかしその姿は老成していて、さらに年配にみえた。
白髪をそのままに年をとられたな・・と感じた。
それだけ人より苦労し努力し前進し人生に謙虚・・

本当の謙虚さというのを知る人は少ないのだな・・と思った。
父コウイチローは 謙虚さを追求していたが その域には達することは
なかった。
勝ち気で娘には絶対に負けたくなくて・・
しかし他人には 常に謙虚でいたい、と努力していた人だが
同族だからわかるのだが、勝ち気さが残る以上不可能なのだ。
ここまできたら中途半端なストイックさより素直に楽に生きてほしい
父がそれができないのならせめて私たち姉妹はそうしていこうなど
父の病床で話したりした。
父は娘たちが行くより、その連れ合いが見舞いに来ることを喜び
孫たちが来ることに感動する・・
なんとも古い形の日本男児・・

イチロー選手が引退会見で静かに奥様のこと飼い犬の柴一弓ちゃんの
ことに触れたのも温かくてほっとした。

父コウイチローの病床にあっても男子優先の頑なな心に疲れるが
そこは笑ってやり過ごさねばならない。
生い立ちの中で何かそういう辛い部分があったのであろう。
実の母を終戦の満州からの還り船でほぼ亡くしてしまうことになるような
人生であったことも 実父の嘆きを見ながら自分が家長の代理をしなくては
ならないと心を強くしたことも
貧しさから一念奮起して東京に出たことも 今成り行きでここにいる
私とは精神の作りが違うのだから親だからと言って決して批判できない。

しかしどうぞ父よ・・心安らいでほしい。
医師も看護士も若々しく爽やかな雰囲気の病棟に運んでもらえた。
そのことに感謝し、進んでいきたい。

外は寒の戻りのような寒さだが桜は一輪ずつ咲き始めている。

by akageno-ann | 2019-03-23 23:28 | 老育 | Trackback | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード