人気ブログランキング | 話題のタグを見る

平成から令和へ

実家にてブログを書いている。
ほんのこの間まで ここで両親と私の3人で過ごしていたここで
1人でPCに向かっていると・・
様々な思いに駆られる。

両親の思うように暮らさせたい、と無理をして 合わせてきたが
それがどれほど2人によかったのかはわからない
未だに施設で 自宅に帰りたがる母を見ながら
私と母の2人で暮らすのは無理だな・・と感じている。
一度切り離した暮らしになると元に戻れるという確信は薄れる。

しかし母には当たり前の暮らしに戻りたいという思いがあるのは当然で
すまないな、と思いながらこらえてもらっている。
ずっと施設の方が活動量も増え バランスのよい食事をしているのに
気ままさというのがないらしい。

母は母なりに頑張っているが人によってはわがままにも思える言動があり
それは私とは喧嘩しながらなんとか合わせてきたのだ、ということが
わからない・・

しかし私も二年前までの母を思うと・・ずいぶん気が強くなり わがままに
なっているとわかるのだが、スタッフの中には最初からこういう性格では?
と思う方もあるだろうと・・いろいろ策を考えてしまう。

姑息なことはせず、ありのままの母娘関係を見せていられるのは
オープンな雰囲気の施設で、よくスタッフが見回ってくれている。

母はその見回りが嫌というのだから困ったものだ。

とにかく月日を過ごすこと・・私も変わらぬ気持ちで接することだと
覚悟している。

でも優しい母のときは本当に感謝の心も甦っていて・・
子供の心を育てるように お年寄りの心も静かに育てていきたい。

高齢者の交通事故で免許の返還の問題が出ているが、亡き舅のバイクを
やめてもらう時も手を変え品を変えお願いした。

被害者の方のご冥福を心から祈りながら、加害者のご家族の心を思うと
また他人事でない思いにかられる。

不安がよぎったら、とにかく運転はやめなければならない。
車という凶器は狂気を呼び起こすと・・自分にも言い聞かせている。

連休に入り、いよいよ令和となるが 幾分かの不安な心を持ちながら
静かに迎えて行こうと思う。
平成から令和へ_c0155326_23154495.jpg


庭のハナミズキ

by akageno-ann | 2019-04-28 13:25 | エッセ- | Trackback | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード