人気ブログランキング | 話題のタグを見る

December 2019~

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


かつての写真を整理していると2019年12月24日に
友人たちと銀座で食事をしたことを思い出しました。

今年は喪中の葉書を出したらその友人が
その日のことを懐かしく想う、と返信をくれて

そうだった、一緒に火鍋を楽しんだのだ、と
思い出しました。

December 2019~_c0155326_11092429.jpg

それから丸3年恒例にしていた女子の忘年会は
もちろん行わず、2020年の年明けから
コロナウイルスの不穏な動きが世界に拡がって
いったのでしたね。

今年は銀座でまた会おう、と学生時代の友人とも
話してはいますが、なんとなくま出出歩くことを
控えています。


December 2019~_c0155326_21420852.jpg
2020年12月に行った飯能市のMetsaヴィレッジ


昨日は近隣の壮年会で久しぶりの昼食食事会を
開きました。足が不自由になられた方も車や人に
扶けられながら参加されました。

いつになく、笑顔で、話も弾んでいました。
マスクしたまま歌も歌いました。

「こういう時間を待っていたのだなあ・・・」
と、感じながらもかつてのコーラス仲間も
増えて、相変わらずお客さんで楽しむ人と
自ら会の運営をされてお世話もされる方との
差があるなあ・・と感じ、これからの
活動の仕方を再構築する時期になったかも、と
世話役とで話しました。


December 2019~_c0155326_15484509.jpg

「介護施設やデイサービスはいやだけど地域の会で楽しみたい」

わかる気もしますが、私は親族がデイサービスや介護施設で
とても安全に楽しませていただいていたのを
見ているせいか、そちらをただ嫌うのはどうかな?と
考えています。

介護施設の方でもやはり利用者の方で
とても積極的に人との輪を大切にされる方も多くて

母はそういう先住の年上の方に大いに扶けていただき
慣れていきました。

父は若いスタッフさんとの触れあいがとても気に入って
良い晩年を過ごしたようでした。



December 2019~_c0155326_20254261.jpg

我が夫婦はこうしてこのさやか😸に癒やされて
また世話を焼くことで元気をもらっています。


さやかが来てくれて本当に感謝し続ける主人がおります。





by akageno-ann | 2022-12-13 07:02 | 老育 | Trackback