人気ブログランキング | 話題のタグを見る

あつ姫とインド

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
久しぶりにBSテレ東で
寅さんを見ました。
『寅次郎 サラダ記念日』

俵万智さんのベストセラーを
テーマにしていて笑いもあり
なぜか心が救われました。

☆☆☆☆

従妹あつ姫の物語させていただきます。

あつ姫とインド_c0155326_21072399.jpg
拝殿前での写真(叔母の撮影)

小学3年生の私と左が6才下のあつ姫
右は4才下のはとこのみいちゃん

小さかったあつ姫は小学校高学年に
なるとスクスク伸びて160センチ
祖母が心配するほどでした。

☆☆☆☆☆


一人旅の彼女はインドのバナラシ 
ガンジス川のほとりで
ベジタリアンに出逢いました。その後
沢木耕太郎氏の『深夜特急』のような
旅をして欧州に渡り

スイスでマクロビオティックの講習を
受け、次第に玄米菜食の世界に
引き込まれていったようです。

昭和60年代 旅では随分と親切な人々との
出逢いがあったそう。携帯電話もなく、
心配する親族をよそに本人には
充実の1年半だったようです。

あつ姫とインド_c0155326_21085564.jpg

くったくなく溌剌としていた彼女は
26才で日本に落ち着いて結婚しました。
その時の赤い色直しのサリー姿は
素敵で、高知の人々を吃驚させていました。

当時彼女は170センチ近くあり
157センチだった私を見下ろすようでした。

その結婚式が12月だったのですが
ひと月もしない翌1月6日に
私たち夫婦のニューデリー赴任が
言い渡されたのでした。

思いがけないインドへの派遣に
私はあつ姫に電話しました

『貴方がサリーなんか着るから、私は
インドに行くことになったのよ』と
恨みがましく言ったのでしょう。

彼女は電話の向こうで笑い転げているのです。

実に不思議なことでした。
日本人学校の派遣先は当時は
派遣される3ヶ月程前に発表されます。

主人が希望した派遣でしたから
本人の覚悟は『何処の地へも』と
覚悟できていますが、私は
そうではありませんでした。

インドは私にとってあまりにも未知の国でした。
ショックで風邪を引き込んだほどです。

しかし彼女の大らかな励ましにより
次第に覚悟ができてきました。

『アンちゃん、大丈夫面白い国よ』と
4月の出発の日に成田空港まで
来てくれました。

あつ姫とインド_c0155326_21084041.jpg

長い手前勝手な話になってしまいました。

しかし人生は不可思議なことが起るもの、
と、あれから35年経ったこの1月
あの時の感情が甦ってきました。


あつ姫のサリー姿を見た翌年に
自分がデリーでサリーを着ているなど
想像もしていなかったが起りました。






by akageno-ann | 2024-01-20 22:31 | エッセ- | Trackback