人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウイーンの想い出


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

小澤征爾さんの追悼番組を
拝見しています。

先日はウイーンのニューイヤーコンサート
小澤ご一家も音楽協会のホールにて
聴いていらっしゃいましたね。

今から二十数年前のことですね。

このホールに一度だけ
友人の計らいで伺えました。

その時のことを懐かしく想いだし
ここにもちょっと記録させてください。

ウイーンの想い出_c0155326_10191172.jpg
日本食レストランでピアニスト
梯剛之さんに偶然お会いしました。
お母様とご一緒に写真を

インド以来の友人でよくコーラスなど
素敵な伴奏をしてくださった方です。

ご主人のお仕事で数年滞在されて
いて図々しく一人で伺いました。

ご自身のウイーンフィルの定演の
チケットを譲ってくださり行きました。

その前日に指揮者ジュゼッペシノーポリが
54才の若さでベルリンフィルのオペラの
演奏中に突然心筋梗塞で亡くなるという
衝撃的なニュースがあり、

その日の演奏家は先ず
彼の追悼で「G線上のアリア」を
ズービン・メータ氏の指揮で
行われました。

2001年4月の出来事でした。

☆☆☆☆☆☆☆

間もなくパパの赴任地に
出発する妹の孫はる君が
挨拶に来てくれました。

ウイーンの想い出_c0155326_15131349.jpg

私もおばあちゃん、なのですが
「おばちゃん」と言ってくれます。

友人の「会おう」という
お誘いになかなか応えられず、

「こんな風に年取りました」
のご挨拶代わりの写真です。



ウイーンの想い出_c0155326_15122772.jpg







さすがにウイーンは音楽の都だと感じました。
そこここに若い学生さんたちがきちんと衣装を着けて
オペラの一場面を演奏していたり、いろいろな楽器も
なかなかのレベルで聴かせてくれました。

シュテファン寺院の前では音楽会のチラシを配る人々も
いて、なんとなく音楽に満たされて嬉しくなりました。

♪梯剛之さんのことは日本で何度か演奏会に
伺っていましたし、テレビでも拝見していて
そのご努力に敬服していました。

お母様と友人がお話していると
梯さんご本人が席に着かれて
すぐに写真を撮らせてくださいました。

「音楽会にいらしてくださったそうよ」と
母上が紹介してくださりウイーンならではの
出逢いと思いました。

そしてそれから数年後に埼玉の飯能市民会館でも
演奏してくださって、花束を持って
あつ姫の娘と駆けつけました。

そのときも演奏後のファミリーレストランで
お目にかかれ、ご縁を感じさせていただきました。

想い出をここに記録させていただきます。♪

by akageno-ann | 2024-02-21 11:43 | 老育 | Trackback