人気ブログランキング | 話題のタグを見る

松嶋菜々子さん

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
昨日あつ姫との面会に行っている間
主人が再放送の「救命病棟24時」の
シーズン4を録画してくれてました。

このシリーズは15年ほど前のもの

夜、一人で再生していて思わず
涙がこぼれてしまいました。

松嶋菜々子さん_c0155326_20390746.jpg

この映像、巻き戻して撮影しました。

ロケに使われたのは埼玉医大国際医療
センターでした。

義父とあつ姫の入院でどれほど通院
したことか、全く忘れていたので
吃驚してしまった自分でした。

松嶋菜々子さん演じる
救急救命の医師が患者の家族を
玄関ホールに見送る場面。

思い起こせばこの日は日曜日で
この撮影時に私はここにいて
ミーハーなので見ていました。

もちろん松嶋菜々子さんの大ファンです。178.png


松嶋菜々子さん_c0155326_20382573.jpg


偶然義父の病室から買い物に
下に降りていたのですが
突然、病院のエスカレーターを
松嶋菜々子さんが降りてくるのです。

日曜日の病院は静かで人通りも少なくて
撮影の為の規制もしていませんでした。

この放映の時は義父と一緒に
このドラマを見ました。

それから15年でしょうか
すっかり忘れていた記憶を
引き出してくれました。


松嶋菜々子さん_c0155326_21053351.jpg


2月22日は猫の日だそうです。
我が家のさやか😸が新幹線に乗って
名古屋からやってきた日の写真です。
黒猫ちゃんと同い年なのに虚弱で
小さな仔猫でした。


松嶋菜々子さん_c0155326_21055886.jpg

こちらは4才の頃のさやか😸
すっかり猫によって癒やされる
老夫婦になりました。








結婚式の翌日に義父は腎臓結石で
入院しました。
以来5回の大手術をした義父。

心臓も不整脈を持っていましたから
大変だったと思います。

会社を早期退職して第二の人生に
書家となり家で書道教室を開きました。

心臓手術を薦められていましたが
40年程前は輸血してくださる人を
集めたりしなくてはならず義父は
静かに生活することを選びました。

しかしその間に胆道結石
S字結腸癌と手術入院があり、

最終的に胃がんの手術を宣告された
時に埼玉医大国際医療センターでの
治療が始まり 85才でしたが
先に心臓バイパス手術をしようと
言うことになりました。
父が積極的でしたから新しい医療に
期待を寄せたのでした。

医療センターの冠動脈ICUの施設は
素晴らしくて見事に復活

その後胃がんの手術も行いました。
医療センターはコロナ前まで
玄関ホールを入るとスターバックスの
珈琲の香りで迎えられ、病院らしくなくて
私も気持ちが楽でした。


by akageno-ann | 2024-02-22 04:01 | 老育 | Trackback