人気ブログランキング | 話題のタグを見る

春はあけぼの

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく

山ぎわ 少し明りて

紫立ちたる雲のたなびきたる。
      (枕の草子より)

春はあけぼの_c0155326_12575587.jpg

春の美しさが感じられるようになりました。

気に入っている煎餅を少し取り寄せたら
手書き風なこの春らしい言葉が嬉しい!


春はあけぼの_c0155326_14145500.jpg


妹は先週、南米方面に長男家族を
見送りました。

かつて妹は自分がブラジルに派遣
されそうになったのですが、ちょうど
長男を妊娠して行かなくてすみました。

本人は行きたかったらしいですが
私と母はなんだかホッとしたことを
思い出します。

その南米にその長男が家族を連れて
渡りました。

不思議な縁です。

春はあけぼの_c0155326_12082626.jpg

妹は私より8才年下で小さい頃
本当に可愛らしくてみんなに
可愛がられていました。

でも結構勇敢になって
私のインド在住中にも一人で
訪ねてくれました。

その後結婚して男の子二人を
育て、仕事も介護もしっかり
やっています。


春はあけぼの_c0155326_12083998.jpg

友人から紹介されて
セブンイレブンのこの時期限定の
このお菓子。あんこもの苦手な
主人もこれは一緒に2度食べました。

春はあけぼの_c0155326_12575063.jpg





小学校二年生の秋に妹は生まれました。
待望の姉妹ができてとても嬉しかった。

母はその前に流産をしていたので
皆で心からホッとし喜んだことを
覚えています。

可愛いのであちこち連れて歩きました。
母をよく手伝って、ミルクも飲ませたし
オムツも替えました。

これだけ年が違っても感性は似ているらしく
長男の家族を海外に送り出すのはどんなにか
心配をしているとわかり、ソッとしておきましたが
昨日無事に現地について元気な写真が来た、と
シェアしてくれました。

どんなに疲れたであろうと、思います。
母と同じで孫の保育園の送り迎えなど
よく手伝っていました。

コロナ禍に生まれた孫に対する心遣いは
人一倍細やかでした。

それは私たちの母に似ていて、母が私のインド行きを
励ましながらも心を砕いていてくれたことを
思い出しました。

妹に今しばらくゆっくりとしてほしいと思います。



by akageno-ann | 2024-03-11 13:38 | エッセ- | Trackback