人気ブログランキング | 話題のタグを見る

紫陽花のある風景



紫陽花は同じような場所でも
違う色の花を楽しめるのがいいですね

土によるそうですがみんなのガーデン辺りは
紫陽花がたくさんあります。


紫陽花のある風景_c0155326_11231348.jpg


早朝に必ず声をかけてくださる年輩の
紳士がいます。褒めてくださるのが
嬉しいです。

「毎朝楽しみなんですよ。ありがとう」
と仰ってくださいます。

住んでいる地域はもう少し遠いようで
よく歩かれています。


紫陽花のある風景_c0155326_11224092.jpg


歩くことが高齢になると
重要になります
膝や腰が痛いなどそれぞれに
症状はあるようですが、

朝目覚めて、動けるのなら
少しでも身体を動かし
そして歩くのが大切と


紫陽花のある風景_c0155326_11225741.jpg

駐車場がバイク置き場になって
夫は毎日楽しそうにエンジンをかけて
整備し愉しむようになりました


紫陽花のある風景_c0155326_18162850.jpg

お時間ある方はmoreの小説を読んでみてください

第4話です  転載はご遠慮ください(_ _)  藤原沙也子






その4

半身不随になってしまった父と私の間は、今とても親しくなった。

我が家は祖母、母、私と三人が女だから、父は元気な時はもしかしたら

自分の居場所がなかったかもしれなかった・・と最近思う!


私が中学生になったら、一人の女性として扱ってくれていたみたいだから、

余計にそんな疎外感も感じていたかもしれない。

三人の親子としては友達みたいなところもあったけれど、おばあちゃんの存在は大きかった。

母はとても気を遣っていたが、そのことが おばあちゃんにまっすぐ届いていなかった。


子供ながらそういうことは何となく敏感に感ずるものだ。

おばあちゃんが私を可愛がれば可愛がるほど、母は孤独感を味わったかもしれない。

でも、私はそんなことはあまり気にしないで、三人に対して平等につきあっていた。


平等のつもりだった。

人間の付き合いは、家族から難しい・・・

そう思うようになったのは小学校5年生のときだった。

急におばあちゃんと母の関係が見えてきてしまった。


そんなとき、『赤毛のアン』をクラスの滝沢さんに紹介された。

滝沢さんは美人で、クラスの男の子たちの人気を独り占めしていた。

女の私がみてもなんというか・・美人だった。


ビビアン・リーに似ていた。

ビビアン・リーが演じる『風と共に去る』のスカーレット・オハラに似ているんだ、

とずっとあとになってわかった。

『赤毛のアン』は一人の少女が孤児院から年老いた兄妹の家にもらわれていく話だ。

それを読みながらも人間の関係は家族から結構難しいものだということを知った。

中学校に入って、谷崎潤一郎の『細雪』を読んだら、四姉妹の結構難しい関係がわかってきた。

私は一人っ子なので兄弟姉妹の関係はよくわからなくて、

本当はもう一人でいいから兄か姉がほしかった。


私は父がもう少しおばあちゃんと母の仲を取り持てばいいのになあ・・と思っていた。

父は夏休みという生徒が学校にいない分、ちょっとだけ楽になる時期も、

あまり家にいようとしなかった。

夏の旅行も学校行事の殆どについて行ってしまって、

家族旅行は故郷の高知に二泊で私を連れていったことくらいだ。

それもおばあちゃんの命令みたいだった。


母は、おばあちゃんを一人にはできないといって、家に残った。

旅行中、私は父と過ごすことは楽しかった。

本来の呑気さで暮らす父が好きだった。


そう、その夏の旅が元気な父との最後の旅になってしまったのだ。


                     つづく


by akageno-ann | 2024-05-23 18:25 | エッセ- | Trackback