アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

厳冬と火山噴火

地球が少しずつ変化を見せていて、日本の四季は少しも穏やかでなく、
長い厳冬のただなかにいる。

白根山の突然の噴火も不穏なものが漂う。
富士山も死火山では決してない。

従妹のいる施設の6階からは冬の間美しい富士山の全景を毎日見ることができる。
未だに彼女は「これがマンションだったら1千万円高くなりそうだ」という
そのくらい美しい富士を見ながら朝食をとっている。

c0155326_23333685.jpg

これは無料写真サイトでいただいた
富士山だが、遠くこんな雰囲気に
見える。
圏央道の側道を走っていても富士山に
向っていくように富士山が近くなっていく。
埼玉の一角でも富士は身近なのが嬉しい。

のんびり暮らしているが・・日本の自然は
このまま大丈夫なのだろうか?

先日の雪で我が家は玄関先の古い蛇口から水漏れがあって、凍結のせいだとわかり、ひやりとした。
その日は近くの空き家でも水道管の破裂があった。
皆で気にかけていかないと、日本海側のような厳しい断水も起こりかねない。
水は朝必ずしっかりと何カ所か出ることを確かめる必要がある。
そして無事に水の流れを見たら感謝の気持ちが湧く。
c0155326_23410382.jpg

友人が柴犬小夏のいる我が家に
この週捲りのカレンダーを送って
くださった。
この富士を背に何と可愛い柴犬・・
心が和む・・

小夏と散歩しながらも水の流れや
雪の溶け方を気にしながら歩いている。

水や電気 ガスは止まってみて あの
東日本大震災の日をまた身近に思い出し、
阪神淡路大震災を呼び起こす。

日本は自然災害のある国なのだ。

ものを大事にすることとともに
備えある暮らし、また思い切って楽しんで
過ごす暮らし方を考えて行きたいと思う
今年である。

そして今年平成30年も一か月が過ぎてしまった。
二月は逃げる・・という言葉もある。
冬季五輪があるので少しゆっくりと過ぎてほしいと
願う・・

さてさて・・私鉄の磁気カード パスネットの
払い戻しは明日31日まで

忘れないで200円位が残っているので
換金してもらおう・・ロト6を買おうかな?



by akageno-ann | 2018-01-30 23:49 | エッセ- | Trackback | Comments(1)

雪掻き

寒いですね・・
四十何年ぶりとかの寒波・・
白根山の爆発
水道管の破裂・・
我が家も玄関先の甕につないだ水道管がどうやら破裂したようです。
心配で見回ったら・・古い家は思わぬことがおこります。

さて月曜日から実家に泊まっていました。
東京もしっかり降りました・・積もりました。
c0155326_21555567.jpg

子供たちはすぐにかわいい雪だるまを作ってくれて
和まされます。

雪かきは大変ですが 一つだけいいことがありました。
実家の近所付き合いがきちんとあって 皆さん一生懸命
雪かきをしてくださいます。
私も自宅のかなりの雪かきに慣れてますから
いる間は・・と頑張らせていただいてます。

雪かきしながらたくさんの会話が生まれます・・

また久しぶりに会った幼馴染と子供の頃の大雪の話に
なったりしました。「この路地で一緒に雪投げしたころが懐かしいねえ・・」と
私が一番年上のお節介なおねえちゃんで・・みんなを連れて登校班で通学してたりしたので、男の子たちも私を「アンちゃん」
とそのまま今もよんでくれます。

雪かきでもなければそんな会話も生まれませんね・・
私と同じように毎日実家に通ってくる幼馴染も加わって・・年をとって行く両親の話をしながらの雪かきもしました。
こうしてだんだん生まれた家に気持ちが近くなってくるようにも思います。
この頃はメールやラインも写真が簡単に送れるのでc0155326_21554045.jpg

 それぞれの地域の雪の写真も送ってくれます。
山梨の友人からはこのような素敵な写真がきました。

雪かきは果てしなく大変でしょうが・・
この美しさにしばし見惚れている友人夫妻を
羨みました・・・





夫が送ってくれた自宅はこんな感じ・・まだ降り始めですから この何倍も実際は降ってました・・
皆さん素晴らしい原動力で ご近所の高齢の方のおうちの雪かきも手伝ったりして
地域力を感じます。

c0155326_21554830.jpg

これからまだまだ道は凍ります。
どうぞ滑らない様にくれぐれも気を付けましょう
私はそそっかしいので、かつて二度ほどかなり
術って転んだことがあり・・
今はペンギン歩きをしっかり身につけて
急がずしっかり歩んでいます。

まだまだ寒いようです・・
どうぞお大事に・・
私も実家と家の往復で頑張りつつ
車窓からの富士山や田園の雪景色を
愉しんでいます。

そして実家にいるようになってから
テレビをやめてラジオと読書の時間を
愉しんでいます。

今は「天璋院 篤姫」宮尾登美子氏の
作品に感動しつつ 何かを教えられ勇気づけられつつ
読んでいます。


by akageno-ann | 2018-01-26 22:14 | エッセ- | Trackback | Comments(1)
小正月という昔から女性が年を越してホッとする女正月というのがあることを
想い出した。
どの時代になっても女性は本当に忙しくそして心を細やかに砕いて生活している。
今日は昨年から何度となく ゆっくり食事しながらおしゃべりしましょう・・と
約束していた素敵な女性との念願かなってのフレンチのランチ・・

新宿伊勢丹の ジャック ボリー・・カフェのような小さなお店なのだが
料理とサービスが洗練されていて実にいい

今日はフロアマネージャーがお休みだったが スタッフが一生懸命立ち働いて
いて心地よかった。しかも一階の受付でうろうろしている私に声をかけてくれた
男声スタッフはおそらくこのデパートの管理職ではないか・・という配慮で
幸先のいい一日となった。

友人も仕事をしながら父上のサポートを丁寧にする人で 長年ご両親への想いが
誠実なのですべての応へが暖かくてほっとさせてもらった。

その間に運ばれる 春を呼ぶようなフレンチ・・今日のスープは キャベツのポタージュ
可愛いデミタスカップで一口のようなのにしっかりと印象に残る味・・
c0155326_22022492.jpg















クリストフルの銀のスプーンは口当たりがやさしい・・
前菜ですっかり寛いで私たちは今の自分たちの置かれている状況を丁寧に話し合い
それを互いに慰め 3年先5年先のことにまで手を抜かず動いていこうとしている
ことにも一緒に驚いていた・・その間にも父から電話があったりして
席を立たせていただいたが・・彼女のやさしいフォローにすぐにまた問題なく
食事に戻れた。c0155326_22022032.jpg











ズワイガニのサラダ コラリーヌソース 旬の野菜添え・・・
この春の野菜たちの味付けと舌触りは話を暗くさせずに華やぎさえも添えて
くれた・・これからの私たちの暮らしはこんな風に誰かを常に気遣いながらの・・それでもどこかにほんの少しのゆとりを醸し出してやっていきましょう・・と
その後も互いの方向違いの電車の中でラインをやり取りして・・話たりなかった時間を補った・・


彼女とは最近スポーツをすることでも共通項ができて
水泳に没頭する私を励ましてくれ・・
またスタッフに頼んで久しぶりに一緒の写真を撮ってもらう彼女の心配りに感動していた。




日常を全うするということはがむしゃらに過ごすことでなく・・・どこかに人の力を借りたり またいいアドヴァイスを素直に受けたりすることで進んでいく・・1月を迎えてから実に私は人の力をたくさん拝借している
ただそこに甘えることばかりでなく  謙虚さを忘れずに頼って行こうと思っている・・
23年前の阪神淡路大震災の1月17日も過ぎ・・日本はあれから多くの人々が安穏とは暮らせなくなり・・それでも皆頑張って必死に生き・・そして亡くなった人を大切に思い出に刻み・・これから生きて行く若い人々をなんとか支援しようとしている・・
今日の友人の自身のお子さんへの暖かくも自立を促し・・また家族への配慮を教えている姿にも深く感動させられた・・
次はまたどこか美味しいところを探してこうしてお話しましょうと2時間という限られた時間を大切に このサロンが設えてくれたと感謝する・・


by akageno-ann | 2018-01-19 22:24 | 料理 | Trackback | Comments(1)

戌年です。

今年も明けてすでに12日が過ぎ・・鏡開きの小正月も過ぎてしまいました。
我が家の年女?柴犬小夏も元気です。
若かった頃のキュートな小夏の写真を載せますが・・
今の寝てばかりの小夏も愛おしく・・また家族の平和を司ってくれています。
三頭目の柴で・・初めて赤ちゃんのときから飼いました。
15歳になります。
完全な家犬です。
なので人間の言葉がかなりわかります。
自分に関係あるなしがどうやら判断できそうです。
こちらが彼女を意識しているせいももちろんありますが・・
彼女のおかげで散歩もし、就寝時間も守られています。
そして彼女の有難いのは寝起きが遅いことです。
一番最後に起きて来て・・ゆっくり水を飲み
朝の散歩は朝食後でいいのです・・

最初に飼った迷い犬のジロは外の小屋でしたが、家族の誰かが起きると
その気配に反応して散歩を要求してしました。
家族も若かったので・・ずいぶん散歩で遠出しました。
その子は2月の寒風吹きすさぶ朝に脳梗塞のようになって
それから3カ月近く昼夜逆転したりして最後は静かに
息を引き取りました。
家に入ったのは最後の方だけで 外を好む雄犬でした。
車には絶対に乗らなくて・・獣医さんにはいつも
往診をしていただきました。
二番めのハナは優しい子でどんな人にもなつくようでした。
この子も迷い犬をいただきました。
この子の最期は私の腕の中でしたが・・最期を迎えるまで半年間
それまでになかった遠吠えや抱っこが嫌でのたうちまわったり
家人を噛んでしまったり・・やはり脳がやられたのかもしれません・・
でも最後はご飯をしっかり食べた後・・急にぐったりして
抱き上げると・・そのまま冷たくなっていったのでした。

長生きの小夏・・みんなに時々 小春ちゃん とか小雪ちゃんと
可愛い間違いをしていただきます・・
マイペースな小夏ですが・・そのまま長生きしてほしいです・・
戌年はとにかく頑張って生きておくれ・・と先ず願ってすっかり
主人が甘く優しく寄り添ってます・・佳き年になりますように・・
c0155326_21260283.jpg


c0155326_21235109.jpg


















by akageno-ann | 2018-01-12 21:39 | エッセ- | Trackback | Comments(0)

明けて2018年平成30年

2018年 平成30年という偶数の年は私にとって覚えやすい年号でありがたい。
昨年は書類に年月日を書くたびに 2017年で平成29年というのがどうも私の頭の中に
きちんとインプットできなくて・・なんどか間違えてしまったことがあった。
年のせいか・・とも思うが・・今年は自分の頭の中が整理されたような気がしている。

母が少し昔の自分のことだけをしゃべるようになって・・何か刺激が必要だな・・と
思っていたら正月に元日 2日の両日で近親者がしっかり集まった。

特に2日の彼女が大切に幼い頃を育てた孫が二人社会人と大学生になって一緒に久しぶりに
あらわれた時・・・手を引いて狭い客間に入った途端・・母は今までにないしっかりとした
声で
「まあああ・・みんなで来てくれたの・・嬉しい 本当に嬉しい」と身をよじるようにした
感触が私の手に伝わって・・一瞬グッと来てしまったが・・とにかく母を椅子に座らせて

新年のあいさつになった・・父もしっかりと年頭の祝辞を述べて・・お屠蘇の運びとなった・・
何度かやってきたこの風習は今年・・我が家は 私の簡単な手料理になってしまったが・・
とりあえずは良い顔見世興行となったようだ。

c0155326_22265129.jpg













料理上手だった母は よく綺麗にきんとんを練り・・巻きずし こんにゃくを手綱にした
煮物や 伊達巻・・父の好物の黒豆 かずのこ・・と洋風の揚げ物など作ってくれていた
あの頃を思い出して・・今の私は ほぼ買ってきたものを詰め込んだだけだが・・
優しい甥っ子たちが美味しいと言って食べてくれたようで・・

先に帰った私に妹が長い感謝のメールをくれて・・そして同じころ 母が元気に
「今日は嬉しかった」と電話をくれて・・
それはほっとした。
主人に「バイプレーヤーに徹したんだね・・」と言われたときに
こういう役柄がどうやら大好きな自分に気づいた。

お客は好きだが・・あれこれ準備しているときが楽しくて・・そして皆がそろって
食べ始める瞬間が一番好きだと・・改めて感じた。

2018年は私にとって正直にわかりやすく過ごせそうだ。
両親への手助けはかなり必要になってきているが、まわりが私が倒れるのではないか・・と
心配してくれて・・たしかにそうなのだが 闘争心の強かった自分は倒れないと踏ん張っていたが
今日は  倒れたら・・その時考えよう・・という気持ちで少し気楽にやって行けるような感じを
一瞬もった。
若いケアマネージャーに言われたように 自分の中に引き出しはいろいろもちつつ
でもこの暖かい心の母の為に・・私が介護人になることは一番今やりたいことになっている。
できるところまで・・私は実家にヘルパーとして通い続けるし・・それを支えてくれる夫にも
素直に感謝している。夫は14歳になった柴犬をしっかり介護してしているし、そういう年回りのようだ。
戌年であることがまたうれしい。




第2回プラチナブロガーコンテスト



by akageno-ann | 2018-01-02 22:48 | エッセ- | Trackback | Comments(1)