アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ナリキヨトリオ

久しぶりに夜のコンサートに出かけた。
早稲田の東京コンサート ラボ・・・白壁のこじんまりとした良いホールだった。
ナリキヨトリオ  作曲家成清翠氏の作品を友人の素敵な演奏家三人で奏でるコンサート
ピアノとヴァイオリン そして鍵盤ハーモニカ  「都会の風景」というCDリリースの
記念コンサート・・

成清さんは従妹の娘の中学校からの同級生 音大の付属中を受験するに当たり私の友人の
ピアニストにお願いしてレッスンに通っているときに出会ったお嬢さん・・
ですから彼女の小6のソナチネの演奏から聞かせてもらっていた私・・

ヴァイオリンの星野沙織さんはその中学校で同級生として高知から出てきたばかりの
従妹の娘と仲良くしていただいたお嬢さん・・土佐弁の娘を「かわいらしい・・もっとしゃべって」と
一番娘が気にしていた方言を温かく自然に迎え入れてくれたことを感じられた・・

あれから18年ほどたったのであろうか・・娘は遠くオランダで子育て中
そして友人たちは音楽家として羽ばたいている・・

成清さんにお会いしたら・・つい幼い頃を思い出してしまい・・「ピアノ上手ね~」なんてつい
気安く肩をたたかせてもらったが・・私の友人が手塩にかけて育てた生徒さん・・

星野さんは従妹の療養中に従妹の為にヴァイオリンを弾いてくださった・・
あれはまだ高校生の時だったと思う・・
従妹の娘もピアノを弾き、私は父と二重唱した・・

あれから15年ほど・・月日が経つことの速さと 若い人々はそこになんて大きな成長を見せてくれるのだろう・・
私の好きなアルゼンチンのピアソラや 武満徹の「島へ」などをふと思い出させてくれるようでいて
新しい優しい そして斬新なメロディーが心地よかった。

これからの益々の発展を祈りますが・・6月10日には池袋のヤマハでもライブがあるらしい・・
行ってみたい・・

ヴァイオリンが歌う・・弦が泣いているような戦慄がり、鍵盤ハーモニカの穂とは哀愁に満ちていた。

都会のど真ん中で 都会らしい安らぎを与えてもらって・・私はすっかり癒された・・

6月10日のイベントは是非こちらをご覧ください→→

今日のアンはまだもう少し慣れるのに時間がかかりそうです。昨日からうちの子になったアンシャーリー
c0155326_23570614.jpg





by akageno-ann | 2018-05-27 00:02 | エッセ- | Trackback | Comments(0)
ご縁というのは自然に生まれだすと感じている。実家に通い出して半年、
楽しくなってきたのはご近所の若い方たちとの交流である。
私が実家を出た後に引っ越されてきたご近所のKさん
時々私が写真を載せさせていただいている猫のみいちゃんの飼い主さん・・

みいちゃんのようにゆったりと優しい雰囲気のそのおうちの皆さんに
高齢になった両親が支えられ、精神的に私まで支えられている。

その奥様のご実家に野良猫が保護されて出産した・・ということで
奥様はご実家に猫の救済に・・
3姉妹の猫を私も遠巻きに見ているうちに・・我が家の小夏と同居させたくなり
いただくことに・・

猫を飼うのは初めてなのだが・・アンシャーリーを引き取るような気持ちで
今日迎えた。どうぞよろしくお願いします。

c0155326_16295326.jpg

by akageno-ann | 2018-05-25 16:40 | アン | Trackback | Comments(1)

c0155326_23531875.jpg

所沢のメットドームは近いのだが もう20年を迎えるという
国際薔薇とガーデニングショーの20周年の記念のフェスティバルに
初めて行ってきた。ドームの展示は テーブルウエアフェスティバル
によく似ていて、コーナーごとにポリシーを持って様々な展示がされていた。
シンプルで薔薇がすっきりと生きている作品が好きだった。

漆喰の壁にアンティークなガーデニング用具があり、
そこに白いバラが佇む・・

好きな作品だった。

c0155326_23531787.jpg
今実家ではコンテナのガーデニングを
始めたので・・このような一枝の薔薇が
玄関のアクセントになるとしたら
実に良いな・・と思った。
お店も楽しくて アンティークなものには
つい購買欲が湧いたが・・荷物が大変なので
我慢できた・・



写真だけ少し紹介させていただく・・
c0155326_23531926.jpg
一人でほんの1時間・・の滞在だったが・・とても良いエネルギーをいただいたダマスクローズの化粧水のスプレーを一瓶・・記念にした・・
by akageno-ann | 2018-05-23 00:05 | エッセ- | Trackback | Comments(0)

常に前に進む・・

63歳で人生を全うした西城秀樹氏・・
脳梗塞で麻痺した姿もありのままで過ごす
そして常に前に進む・・を心情になさっていらした・・
これは本当に簡単にはできないことです・・
自分だったら、外に出ないだろうと思います。

昨日から父がなにかパニック的な言動を発し・・
私が差し出がましい助言をすると自分のプライドからか
かえってパニくる・・それが私のストレスで今日は妹にも
一緒に実家に来てもらいました。

何のことはない・・実に父は久しぶりの学校関係の友人たちとの
会合の場所が名前が変わっていて不安になっていたのでした。
私が付き添うつもりで行ったのですが・・一人で行きたい・・のが
父のプライド・・そのくらい理解してやればいい私ですが
長女の私の申し出を素直に受け取れない父を今日は憎みました・・

その分母に当たりました・・それがすごく反省でしたが
朝 従妹の施設のケアマネージャーさんに偶然お会いして
ありのまま話すことができて・・とても救われて出かけることができました。

妹が「お姉ちゃんは毎日来てくれてるからその分こういう場面にも多く出会うし
本当に大変だから無理しないで・・」と言ってもらって
すごく安らぎました・・その上ご近所の飼われる可愛い子猫を見せてもらって
これまた癒されました・・

そうこうしているうちに父も無事帰り・・本人が自分一人で行けたことに
とても満足して喜んでいたので・・

もっと心広く接しなくては・・と反省もしました

その夕方友人がやはりご自身のお父様を思っての心配事を電話で話してくれて
こうしてまた励まし合っていこうね・・と話し合いました。

夫と夜は水泳に行きました・・今日は初級が一人で久々コーチのマンツーマン指導
緊張もしましたが やる気も出ました・・

上級の夫と中級の方からバタフライできてたね・・と言ってもらって
なんだか今日はすごく救われました・・

従妹と西城秀樹氏の素敵な家族の話もしました。
穏やかな従妹の表情にも安堵した夜でした
人とのかかわりでこうして人生は進んでいるのですね。
c0155326_23365878.jpg




by akageno-ann | 2018-05-19 23:37 | 老育 | Trackback | Comments(2)

西城秀樹氏を悼む

よく頑張られたと思います。
復帰を目指す努力は 長嶋茂雄氏と同じアスリートの心を感じます。
お二方とも従妹と同じころに同じ病を発症・・

ですからお二方の回復を心の支えにしていました。

従妹は大手術があり、さらに重症だったのですが、意識をしっかり取り戻した点は
幸運でした。
溌剌として皆に元気なエネルギーを与えてくれたので彼女の友人たちが彼女の携帯に
随分と心配して電話をくれました。

そのうちのいくつかを私が代わりに出て説明をした日々もあります。

西城氏は私たち同年輩には大きなエネルギーを与え続けてくれたスペシャリスト!!
先ず彼のYMCAの曲は小学校教員時代に運動会でマスゲームに使い、子供たちを
エネルギッシュに表現させることのできた曲でした。

振付まで思い出せるほど頑張った若き日々です。

ドラマも楽しかった。寺内貫太郎一家は向田さんと久世さんの代表作でしたね。
声をからすほどの名演技・・若さ・・

何でも一生懸命の人でしたね・・そういうところが従妹に似ているので・・今日は
二人でじっくりと話し・・無理せず進もうね・・と話しました。

傍にいてくれる従妹が支えなのです。

彼女が一つしっかりと押し通したことは 無理なリハビリはもう一度同じ病を引き起こしそうなので
私は現状維持で静かに永らえたい・・ということでした。

改めてその思いのありがたさを感じています。

今は実家の家事に出かけているので前ほどゆっくり彼女の傍にいられないのですが
私を一番労ってくれるのも従妹です。

その支えがあって暮らせています・・
今日は彼女の部屋からの帰りにエレベーターで・・それをつくづく感じさせられました。

生きているという大きな意味を・・

西城秀樹さんは男らしく・・前向きに本当に大勢の人々の為にここまで頑張って生きてくださいました。
そのことにも大きな感謝をし、彼の偉業に敬意を表し・・心からご冥福を祈ります。



by akageno-ann | 2018-05-17 23:10 | 老育 | Trackback | Comments(0)

地域を信じる

世間を騒がせ侮るような事件が起きている。
まして子供を拉致して死に至らしめ、さらに遺体損壊まで行った
今回の新潟の事件は生きて行くことにしんどさを覚える。

その周辺の人々はどんな思いであろうか・・・・
子供たちの見守りを時々に行っているが、この世の中危ないと思ったら
人任せにしない・・というのは大事なことだと思っている。

私の住居の周囲は山がちで駅までも学校までも結構人気のない不穏な
場所がある。

私の同期のお母さん方は実によく見守りをし、送り迎えをしていた。
交通事故は不幸にもいくつか起こったが 誘拐や襲われるような事件は決して
なかった。
この地域の大人の対応は幸いにも地域に浸透して意識的に守られている住宅街
というイメージができて行った。

近所付き合いも挨拶をよくする地域で 不審な者が車をおいたり自転車を置いたりしていると
皆で注意して 交番ともよく連絡をとった。

これからはとにかく注意をもっと厳格にしていかねばならぬ時代だと思う。
お年よりも子供たちと集う場面があり、互いに見守りつつあるように思える。

これはますます続けて行かねばならぬ・・



by akageno-ann | 2018-05-15 20:46 | 老育 | Trackback | Comments(0)

おもてなし

忙しい日々でも少しでも家を綺麗に保つというために私はお客様を招くことが
必要なほど・・掃除下手・・
幸いひと月に二度ほどそういう機会を得ているので・・なんとか体裁を保っている。
しかし細かな点はまだまだ・・

先日お茶会をしたら端午の節句も近いし、この季節は故郷新潟では皆ちまきを
作るという方が「保存食ですよ」と言って綺麗に笹で巻かれた手作りの粽を
くださった。
c0155326_20093627.jpg
その日に食べるのではなく
これは皆さんへのお土産といって
5つずつに束ねられた粽を
二束ずつ皆さんに・・
ご実家の風習は主人の叔母の地域と
同じようでその優しさに触れた

叔母はいつも暮れには自分で作った
お米でお餅をついたと言っては
たくさん送ってくれる・・
しかも親戚中に・・
新潟の雪深い冬の大切な常備食を
こうして親族に・・必ず・・
その思いが嬉しい・・

その少し前に我が家に招いた主人の元同僚の方が美しい桜餅を手作りで・・
これはその日のデザートにいただいた。
「簡単ですよ・・」とおっしゃりつつも見事な出来栄えで・・
c0155326_21344460.jpg

お皿は漆器にすべきだったが
思わず写真を・・
桜餅と正月の花びら餅には
インドの思い出がある。
異国でのお茶会は先ずはお菓子作りから
だった。
出張者に桜の塩漬けを頼んで上新粉や
食紅は誰かしら供出してくれて
お茶の缶の蓋で同じ大きさに丸く
くりぬいて綺麗な桜餅や
道明寺粉を使って道明寺や
花びら餅は 牛蒡の砂糖漬けを
頼んだり・・皆よくこだわって
頑張っていた・・

日本に帰ったらあまりに美しい和菓子が
手近にあるので・・すっかりなまけものに

N夫人は利休万頭がお得意で教えて
いただいたことも懐かしい・・
大使夫人は落雁の型をお持ちでいかなる国でも
お茶席の干菓子を作っていらした・・

手作りのお菓子・・

ふとまた作ってみたくもなったが
今は母へホットケーキを焼くのが精いっぱい・・

ホットケーキとプリンはよく母が作ってくれた
子供時代も懐かしい
甘利に豊富な日本のお菓子事情・・
ため息が出てしまう・・
デパートの地下では焼き菓子のオードリーの
お菓子を求めて毎日長い列を作っている
並ぶこともまだしていない・・
日本の人の美味しいものへの追及は
すごい・・


c0155326_00142619.jpg




by akageno-ann | 2018-05-05 21:25 | エッセ- | Trackback | Comments(1)

カルバーン

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうが、この連休もちょっと旅気分を味わった。
先日友人が誘ってくれてかつては岩清水という旅館だった場所に 地ビールの工房のある
アラビアンエキゾティックのレストランができたのでランチを・・CARVAAN

雰囲気が外国のようで素敵だったので この祝日に若い友人をお連れして モーニングを
8時半から予約なしで新緑の道をドライブして20分ほどで現地に
爽やかな空気の中でトーストとエキゾティックな朝食を1600円でいただける。
フレンチトーストにも心惹かれて次回は是非と・・すぐ約束してしまうほど気に入ってしまった。
テーブルにサービスしてくださるスタッフの心意気が素敵で「実は友人がこの場所でお客さん確保
大丈夫か?と心配していらしたのでまた来ました。」と僭越にも申し上げたら・・とても喜んでくださって
私たちこれから東京にも進出を考え、この本拠地を大切にしながら頑張りますとおっしゃる。
スパイスやナッツ類の輸入の関係のお仕事で世界中を見て歩いたスタッフの創意がここに
生かされているようだ。
夏はもっとカジュアルな店も用意されているようで要チェック!
最期まで見送ってくださる若きスタッフにも好感をもった・・・
c0155326_20093182.jpg







by akageno-ann | 2018-05-02 20:35 | エッセ- | Trackback | Comments(0)