アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

止まらない酷暑に

この暑さに日本全国に散らばってしまったかつてのデリー仲間たちも
様々にあのデリーの終わらない夏を思い出していると思う。
たった3年間の滞在だったが・・夏が長くて強烈な印象になって残った。

朝のほんの1時間程度がなんとか過ごしやすい時間で8時を過ぎるとまた
暑い一日が始まったと覚悟する日々・・5月から確実に10月までが
夏だった・・

あの頃に夕食にお酒を飲む習慣がついた・・

今ワインやビールを愉しめるようになったのもそのおかげだと
思っている・・
c0155326_21223069.jpg

実家に毎日通うようになって
1年になる・・
終末は妹が時間があるときは行ってくれるから
完全に毎日ではないが
気持ちはいつも実家に寄せている
一緒に住むより気持ちは楽だが
それもご近所があたたかい目で見てくださっている
ことと・・少し勘違いが増えた父ではあるが
母のために家のことを一生懸命やる姿が
60有余年を過ごしたこの実家・・で
生活を続ける所以である。

新しく知った氷川台の商店街も魅力的で
夜の帳の降りる頃ちょっと行って買い物したりしている。

ふとここに私も住みたくなることが最近増えた・・

家に戻ればまた犬も猫もいて楽しい我が家なのだが両親がもっと手助けを必要とすれば泊まりも増えるであろうと
考えている・・

こうして考える猶予を与えられているらしい。
田舎の山奥の一軒家もどうしたものか・・今はドライブインをしている親戚がずっと見守ってくれているので
そのままなのだが・・一生懸命改築したあの家も実に住んでみたい場所だ・・

どうやって生活をまとめるか・・
それが今の私たちの課題・・

しかしデリーでもそうであったように・・暑い夏はあまり複雑なことは考えないで
のんびり息をして過ごそうと思う・・

きっと静かな秋も訪れるであろう・・被災地に思いを寄せると・・急ぐお気持ちを察するが
じっくりこの先を考えて過ごしていただきたい。

日本が 世界が激変しそうな昨今のこの空気を無視できない様子がある・・

ベッドに横たわって天井を見つめながら 縦横斜めに思いを馳せてあれこれこの先を
考えてみている。

by akageno-ann | 2018-07-18 21:37 | エッセ- | Trackback | Comments(1)

真夜中の投稿

6月末にわ抜け様の夏越し祭に土佐にかえって来てから・・7月を迎え
あっという間に10日ほどを過ごしていたが・・心つぶれるような連日の
豪雨のニュースに 明日は我が身と思いながら報道を見て
多くのことを考えている。

とにかく無事に普段の暮らしをしていることにもっと感謝をしなくてはいけないのに
ごく普通に 暮らしている。

今回の豪雨には最初から特別な気象庁の発表がありながらも 突然の水の反乱は
どうしようもなく防げるものではないのだ。
画面を見ながらそう思うことしかできなかった。

たとえ早めに避難しなかったからと言ってだれの責任でもなく 人間はただ茫然と
自然の脅威 水の恐ろしさに震えるだけだ。

6月29日も 山の上の父の生家まで一人軽自動車を飛ばしていた自分だが
そのころから大雨の兆候はあった。

国道33号線は 連続雨量が250ミリを超えると大事をとって通行止めになるが
今回はそれほどのことはなかった

愛媛の宇和島の 大洲の方では県境にあっても 局地的な大雨が降って
高知とは全く様相を異としていた。

山道は大きなトンネルに入ると よくぞここまで切り開いて近道を作ってくれたと
いつも感動と感謝を覚えるのだが しっかりとした工事の出来栄えは安心感しかない・・

仁淀川はいつもより多い水量でもコバルトブルーの美しい水面を見せ 不思議なほど
安心感しかなかった・・

そして今回の豪雨は確かに仁淀川には影響せずに済んでくれた。
c0155326_00312343.jpg
だが・・このような災害がひとたび起きると
次回はどこに同じような被害が及ぶかは・・
全く神のみぞ知る・・

いや 神仏も想像できないことのように感じる

それでも1年の半年が無事すぎましたよ・・
という意味合いの 夏越し祭を人々の祈りによって
過ごすと・・やはり神頼みしている自分がいた

茅の輪という茅で作る大きな輪を女は右左右
男は左右左・・と回る風習を真面目に行う
町の老若男女の姿を見ていて
この地域は今年この祭によって守られたのかもしれない
という思いに駆られた・・
今年の後期半年も・・日本が何とか無事であるように
祈らずいられない・・・・






by akageno-ann | 2018-07-12 00:40 | エッセ- | Trackback | Comments(2)