アンのように生きる・・・(老育)

akagenoann.exblog.jp

かけがえのない日本の片隅からの発信をライフワークとして、今は老いていくにも楽しい時間を作り出すことを考えています。

ブログトップ | ログイン

<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

正に熱闘の夏

暑さと戦ったこの夏 日本中が暑さで心を一つにしたかもしれなかった。
デリー時代に一番平等でよかったのは  企業も大使館もそして現地インド人も
どこも暑さと停電の不便さを味わい 心が一つになって夏を過ごしたことを
思い出したが・・この夏は実に日本中が暑さを話題にし・・しかも異常な暑さだった。

その中で先週話題になった、山口県の二歳の坊やの行方不明事件
くまなく探して三日が過ぎたときに・・スーパーボランティアといわれる
尾畠春夫さんの出現 そしてあっという間に坊やは見つかり
狐につままれたような事件解決に 我が家では  不思議で
すぐには信じがたかった・・先ずお子さんが三日三晩を一人で過ごしきったとは
思えなかったこと・・そしてあれだけくまなく探しているのになぜそれまでに
見つけられなかったか??と・・

しかしここはメディアのお蔭なのだ・・
2011年からの東日本大震災へのボランティアからずっと被災地に手伝いにいらしていた
尾畠さんは・・この坊やの事件も手伝わねばと心にとめていらしたのだ
早く見つかってほしいと願うだけの野次馬ではない・・

もしかしたら二年前の大分での女児探索の時のイメージが頭に浮かび そして
坊やが探してよ・・と言うテレパシーを尾畠さんは夢の中で受け取ったのだと
私は信じてやまない

人は経験値が自分の想いに重なると素晴らしい力を発揮するのだと改めて確信した。
尾畠さんはただのボランティアではないらしい

若いころからの趣味の山登りも山の整備と道づくりをしながらの登山であったそうだし
どこの被災地でも先達になり全く報酬を求めない筋金入りのボランティア精神の
持ち主でいらした・・

この夏 実にその精神を教えられた・・

そして今日は 甲子園の若者たちに体の鍛え、精神の鍛えを教えられた・・

アジア大会では水泳にバドミントンに・・とあの鍛えぬいている精神と体力を
伝えてもらっている・・

人生は最後まで心を鍛え体を鍛え  そして人を助けられる立場の時は助けて
いきたい・・そして自分の本当の終の棲家をみつけるのだと・・


by akageno-ann | 2018-08-22 01:06 | エッセ- | Trackback | Comments(1)

終の棲家を考える

この暑さが収まらないのと 昨日の練馬杉並中野あたりの豪雨を体験して日本の行く末を
案じたり・・楽観しつつ己の終の棲家のことを考えたりしてあっという間にお盆を迎えました。
菩提寺が目の前なので昨日からお線香の香りがそこここに漂ってきます。

お盆は亡くなられた先祖を思いながら・・自分の行く末も考えるような年になりました。

この暑さの中で両親はそれなりに元気で過し、なかなか頑張ってくれていますが
時にエアコンの温度が気になる日もあり、お節介な介助をしています。

デリー時代にあの暑さの元で元気に乗り切れたのはサーバント シャンティのお蔭でした。
けだるい朝も必ず7時にだまって台所に入ってその日の水と麦茶をやかんでわかして
水を張ったタライに入れて冷ましておいてくれていたのです。
私はそれをゆっくりとピッチャーに移し冷蔵庫に入れて冷やしました。
あの毎日繰り返される作業は酷暑を乗り切るためにとても大切なことでした。

実家に毎日通うのはそれをするためです。
家政婦役・・・と私は冗談ぽく自分の立場を考えますが、あの頃の我が家のシャンティの役を
しています。
暑くなったので2階を寝室にしていた父を母の隣の書斎に移し、私が二階を自室にしました。
せまい和室なので エアコンもすぐに効きテレビもあるので快適です。

食事や掃除母のお風呂 時々外出のお供をする以外は日中も泊まる日も殆ど私はその二階で
過します。下の両親の気配は感じられますが、ここは実家 舅の介助をしていた時とは違い
気楽に居眠りしてしまうこともあり、下からよばれて・・はっと降りていくという気楽さです。

今のところ両親二人でいてくれることがこの家で 私が間に入った三角関係でも
ある意味デリー時代の自分たち夫婦の暮らしのようで なんとなくうまく生活がまわるように
なってきました。

今日は母の介護度の査定をする区のケアマネージャーさんが来訪して そんな暮らしを
「楽しく話が聞けました・・」と言ってくださり、喧嘩もする親子ですが・・
このままの状態が続いてくれたらと願うこのごろです。

妹も自分の仕事を徐々に少なくしてくれて、精神的に楽になってますが、何より主人が
愛猫家になってくれて さやかアンの世話と老犬小夏の介護を頑張ってくれているおかげです。
二重生活をしながら 我々の最期の家はどこにしようか?なども考えさせられる毎日となりました。
さやかアンはしなやかに足の長いお転婆な子に成長しています。
c0155326_22085926.jpg



by akageno-ann | 2018-08-14 22:00 | 老育 | Trackback | Comments(1)

暑さお見舞い申します

暑いという言葉では言い表せない 所謂危険な暑さ
命に係わる暑さともニュースで発表されるとびっくりしますが
今日は本当にその命に係わる暑さを実感しました。
実家からの帰りにまだ日の高い時間に駅前の駐車場にサンシェードを
した車に乗り込むと刺すような暑さと握れないハンドルの温度に
ニューデリー駐在時代をはるかに超えたものを感じてしまった。

ここで必要なのがとにかく涼しいところを走ること
幸い山がちな我が家までの道には山道があるので迷わずそちらを
選んで窓全開で走ったが10分ほどの行程では全く効果もなく
布でハンドルを覆ってなんとか運転・・
10分を越える運転は危険なほどだった・・

インド人はこの日中はあくせく動かない・・
建築中の煉瓦を積む職人の大儀そうな仕事ぶりを思い出したが
あれでよい・・

日本は宅配の人が走ったりするのを見るので、絶対に走らないで・・と
注意したいほど・・
c0155326_22172437.jpg
そんな中に暑さ対策で
昨日友人と美味しいインドカレーを
食べてきた。
実家から20分・・
久しぶりの都心のランチは
神楽坂の想いの木
私はここのカレーが大好きだ
南インドに修行に行かれたオーナーの
想いがつまったカレー・・食材は
日本各地の旬なものを選ばれ
昨日は夕張メロンのラッシーが格別
そして大地の野菜カレーは土佐のピーマン
トマトが元気にまるごと入っていて
中辛でもパンチがあった。
辛いものを食べて暑さをしのぐ
甘い冷たいものを少しずつ体に入れて
内側から冷やす・・
デザートはかき氷と思ったが
やはりいつも チョコレートの店
テオブルマで二種のアイスクリームを
皆ピスタチオをベースに好きなフルーツで
私はやはりマンゴーにした・・
間違いのない美味しさ・・

一時間半の短時間で小旅行したような
気持ちで高田馬場に向うと川越行の
特急がきて・・30分で所沢に

このタイミングがより元気をくれた
c0155326_22173090.jpg



by akageno-ann | 2018-08-01 22:33 | エッセ- | Trackback | Comments(1)